キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セロハン加工

父親は職人で、車で九州中の街に出かけては店舗のエクステリアをしていた。
大きな電飾や看板を作ることもあったが、面白いのがセロハン加工というもの。
パチンコ屋は風営法の関係で中を見せてはいけないので、ガラスにセロハンを貼る。
目隠しという。
普通は包装紙のような既製品をペタッと貼って終わりだが、父はここに店の名前などをおりこんだオリジナルのデザインをしていた。
どうするかというと、赤、青、黄などの原色の大判のセロハンを貼り、カッターナイフで表面を切って絵を描く。
(設計図をガラスの向こうに張ってトレースする)
で、ピッピッとセロハンを剥がして色を出す。
セロハンが多層に重なっているところは混合色で暗くなり、薄くなっているところは単色で明るくなるわけだ。
ステンドガラスのような状態になる。
これ、うちの父親がやっているのしか見たことないんだけど、もしかしたら日本でただ一人の技術だったのではないだろうか。
いまセロハン加工、ガラス、店舗装飾で検索してもヒットしない。
筒井康隆のサラリーマン時代の日記に「セロ加工」と書いていたのが同じものだろうか。
でも、少なくとも店先で、その場で、オリジナルの図柄を描いていた人は日本でもたぶん父だけか、多くても数人しかいなかったのではないか。
(有名な技術で、他にもやっている人をご存知の方はご一報くださると幸いです)
セロハンは日光で退色し、パチンコ屋は年に数回新装開店するので作品は残っていない。
子供の頃、父が商店街で仕事をしていたのを見物していると、あちこちの店から人が出てきて、コックさんや、ブティックのきれいなお姉さんとかがものめずらしそうに見ては「すごいね!」「あんな風にやるんだね!」と口々に言っていたのを思い出す。
乳白色のセロハンを裏に貼って、絵が一気に完成するときは、「おおっ」と歓声が上がった。
30年も前のことだが、今も思い出す。

futta0106m.jpg
(写真はノートルダム寺院のステンドグラス)
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

<< 携帯を買い換えたいが欲しい携帯が見当たらない | ホーム | CD-Rハックス >>


コメント

セロ加工

はじめまして。セロ加工について多少は知っています。筒井康隆さんも勤務していた大阪の乃村工藝社の後輩にあたります。私が入社した1974年当時、地下鉄駅の電照看板にまだセロ加工が使われていました。お父上の技術と同じで、裏焼きした原稿の上にガラスを置き、各色のセロハンを貼って切り抜き、原稿通りの図柄を仕上げます。最後に乳白色のセロハンを貼って出来上がり。駅に運んで電照枠にはめ込みます。私が見たセロ加工屋さんは安全剃刀で切り抜いておられました。やがてすぐカッティングシートに取って代わられました。もう技術も看板そのものも残っていないと思われます。

横山様コメントありがとうございます!!
セロ加工=セロハン加工でやはり合っていたのですね。
ブログ記事は7年前のものですが、つい昨日高校時代の友達と東京で会い、父のセロハン加工の話になった、まさにその翌日に、このようなコメントをいただいて、奇縁を感じます。
そうなんです、そのあとカッティングシートの時代に変わりましたね。
あれは不透明で、セロハンの味わいがないと思いましたが、コストと耐久性に優れているということですね。
筒井康隆さんの乃村工藝社の後輩の方からコメントをいただけるとは驚きです。
やはり広告は残っていませんね。
セロハンが日焼けしますから。
それですぐ仕事が来るのが父にとってはいいところだったんですが、作品として残っていないのが、なんとも儚い気もします。
父の画才、技術は、子供の欲目かもしれませんが、しょうしょうびっくりものでした。
本当にありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。