キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンドリ君



セコいで思い出したが(ヤな思い出し方だなあ)泉 昌之著の「ダンドリ君」は最高だ。
最近流行っているライフハックスの元祖だと思う。
ライフハックスというのは最近はカッコいいこととされているが、もともとちょっとセコいというか、いじましいというか、細かいことに喜びを感じる人が好きなことだと思う。
で、それをダンドリ君が見事に体現していると思う。
この一人暮らし感がたまらなくイイ。

前川つかさの「大東京ビンボー生活マニュアル」というのもいいが、あそこまでいくとちょっと共感度は薄い。でもどっちもオススメ。

泉 昌之は久住昌之と泉 晴紀のコンビだが、久住昌之は谷口ジローと組んで「孤独のグルメ 」というのも出している。
これはなんかイタリア・フランス・スペイン・イギリス・ブラジルで翻訳出版されたそうだ。こんな日本ローカルな漫画がなぜ! そこが逆にウケたのかもしれない。でもこっちのマンガも好きは好きだけどあまり共感が湧かなかった。主人公の飯の食い方がめちゃめちゃダンドリ悪いのである。そういうテーマのマンガではあるのだが。
スポンサーサイト

テーマ : どうでもいいこと - ジャンル : ライフ

<< 訳書が好きな本の原書をあえて読む | ホーム | 家計簿の付け方 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。