キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPodにいつのまにか知らない曲が

iPodを新しいマシンでシンクしたら、知らない曲がいっぱい入っていた。
聴いてみると意外といい曲が多い。


Aisha Duo / Quiet Songs


Habib Koité and Mamada


Karsh Kale / Realize

最初はiTMS(Apple)が勝手に入れてきたのかと思ったら、Microsoftのせいだった。
Vistaのサンプルミュージックに入っているのだ。
他にもいろんなアーティストが入ってくるが、上の3つが特に気に入った。

これ、聴いているうちに気に入って、結局iTMSで買ってしまった。
Aisha Duoはマリンバとバイブ(木琴と鉄琴)のデュオで、静かなジャズ。
Habib Koitéはアフリカの人(大雑把な言い方)で情熱的な歌だ。
Karsh Kaleはインド系の人のハウス/テクノ。

いずれもちょっとオルタナティヴな音楽で、洋服とか買いに行くと掛かっている若い人の音楽で、こういうの家でもいつも聴きたいな、でもCDの探し方が分からないなと思っていたものである。
こういう音楽が3枚も買えてハッピーだ。

いわば音楽の押し売りだが(MSのおかげでAppleが儲かってしまったわけだが)こういうのもっとやっていいのではないだろうか。
新しい音楽を探すだけのためにFMとか聴いて、通俗的なヒット曲を聞き流したりするコストを払う若さは、もうない。
しかしiPodに勝手に入ってくる分にはピッとスキップ/削除すればいいので手間いらずだ。
なにしろ1曲まるごと入っているのがいい。

さいきんはiTunesが、すでに入っている音楽の傾向によって新しい音楽を進めてくるGeniusというのをはじめたが、いまいちおすすめがよくわからないし、iTunesの起動もすごく遅くなる。iTunesというソフト、ぼくは遅いし、重いし、使いにくいと思うのだがどうか。
スポンサーサイト

テーマ : iPod - ジャンル : コンピュータ

<< 瀬尾一三は編曲者 | ホーム | 赤は消えやすい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。