キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチの子。

このたび娘をひとりもうけた。
名前をRichellinちゃんという。
Richellin.JPG

かわいいでしょう。
ていうかいきなり大きいな!
8歳です。

Richellinはフィリピンに住んでいる。
といっても、時事問題になっている、ぼくがフィリピン女性に産ませた子(JFCという略語があるらしくて驚いた)というわけではない。
フィリピンにちゃんとご両親がいる。

実はこれはプランジャパンというNGO団体を介して、月にいくらかのお金(3000円から。ぼくは3000円)を送り、あと子供と文通をするというプロジェクトである。

お金は直接子供に行くわけでなく、地域全体に行く。
あと当然NGOの運営資金にもなる。
子供は地域の代表である。生徒会長みたいなものだ。
エッヘン。
ウチの子が地域の代表なんですよ。
すごいでしょう。
いや、そういうわけじゃなく、代表になったからプランがぼくに割り当ててくれたわけで、話が逆である。
でもなんかそういう気持ちになるんだなぁ~。

文通はRichellinとぼくの間で行う。
あと月々50gのプレゼントをあげることができる。
ゴジュウグラムのプレゼントを作るのって逆に結構大変だよ!
一応さいきん自分の中で非常に気に入っている動物輪ゴムとシールの詰め合わせセットを作った。
女の子といえばシール。安易だろうか。

gift.JPG

なぜ文通と募金とセットになっているのかというと、お金がちゃんと子供に行くことをアシュアするためと、こっちの張り合いができるためだろう。

ぼくは今のところ家庭がいない。
ここまでナシできたのだからこのまま行く可能性が高い。
マー縁のものなのでわかりませんが。

でも、独身で、買いたいもの買って、食べたいもの食べて、それでいいんだろうか。
そう思うと、何らかのことがしたくなる。
これは慈善とか、偽善とか、そういうのとはちょっと違う。
いや、そういうのもかなりあるとは思うけど、それ以外の部分もある。
やっぱり「親気分をちょっとだけおすそ分けしてもらう」という部分が大きいのではないか。
漫画家のやくみつる氏も長年この活動に参加していて、先日ホンジュラスのチャイルドに会いに行ったそうだ。
ぼくもフィリピンだったら近いからそのうち会いに行こうと思う。
そういうプログラムも用意されているようだ。

Richellinの村は1日1ドルで生活しているようだ。
屋根は椰子の葉で葺いているそうである。
毎日水を汲みに1キロの道を歩いて井戸にいく、それがお手伝いなのだそうだ。
偉いぞ!
ぼくも毎日電車を降りて5キロぐらい歩く、それはダイエットのために、と、そう手紙に書いておいた。
スポンサーサイト

<< 恐怖の派遣体験 | ホーム | GTD+Kその(2) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。