キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GTD+Kその(2)

さて、GTD+K(GTD+KNOXBRAIN)の続きである。
・システム手帳を使ったGTDを試みる
・1枚1シートのリフィルを使う
・リフィルWordでテンプレートを作る
・KNOXBRAINの「方眼メモ100軽量紙 50B-155-200」に直接打ち出し
・フォルダはKNOXBRAINの布製保管用バインダーを持ち歩きに使う
というところまでが前回のポイント。

gtdk_1214_1.jpg

布製のバインダーだが、おおむね快調だが、厚紙の芯が開閉に耐えられずに金属疲労(紙疲労)してきたらしくて、コシがなくなってきた。
開くのに何の抵抗もなく開いてしまう。
小さなミニショルダーに入れて運んでいるので、勝手に開くことはないと思うが、布巻のゴムでストッパーを作ってみた。裏表紙にホッチキスで止め、布テープで補強。
あとどっちが表かよくわからないので、油性マジックで前面に「FORE」後面に「BACK」と書いてみた。字の方向で上下も分かる。
このように、布製だと加工が容易。


その一方でバインダーを探す。
リングが13mmぐらいの大振りなもので、ぺたんと開くもので、余計なものがついていなくて軽いもの。
よく見ているのだが、6穴ミニだとあまり品揃えがない。
まずビニール製のカジュアルバインダーだと開かなくてダメということがわかった。
革製もほとんどだめ。
みんな本当にあれ使って愛用してるのかなあ~。
リング10ミリぐらいの小型のものだといいのがあるんだけど。
やっぱバイブルか?
でもバイブルで1タスク1枚はいかにも大きすぎる。
結局ファイロファックスでよ、4万5千円というすごいのがあったけど見送り。


普段はリング10ミリの革製バインダーと2個持ちしていたのだが、GTDの過去シートはそんなに見ないということがわかったので、家置き専用にする。
そうすると勢いGTDバインダーに余裕が出来るので、普段持ち手帳と一本化するようになる。
こうなるとますますカッコイイバインダーが欲しくなってくる。
もっとも、そんな人と会う仕事ではないのだが。


インデックスが足りないのと、バインダーの幅が狭くて横にベロを出すとはみ出てしまうので、5山ミニ上出しというのを買ってきて、これを上下ひっくり返したのと合わせて10山にした。
(基本的に左の山=>右の山で梱包されているので、上下ひっくり返した山を使うときは、一度カードの順番を前後さかさまに入れ替える必要がある)

gtdk_1214_2.jpg

上の山は
 進行中 すぐ 期日 条件 PRJ
下の山は
 済み NEW SCH 白紙 英語

まず、
・(インデックスなし)最初のインデックスの前にジョッターを入れている

次がGTD用。
・進行中・・しかかり中のタスクを示す
・すぐ===条件もなく取り掛かれるもの、本日が期日のものを示す
・期日・・・ある日が来ないと仕掛かれないものを示す
・条件===連絡待ちなど、ある条件が揃わないと仕掛かれないものを示す
・PRJ・・・プロジェクトタスク。大物で、小さな子タスクを持っている
・済み===済んだタスク。ここに入れるのは1日のみで、帰宅したら保存用バインダに移す
・NEW・・・GTDテンプレート印刷済みの白紙を入れる

次が前の手帳からの引継ぎ。
・SCH===カレンダー形式のスケジュール帳。1ヶ月見開き
・白紙・・・方眼メモ紙の白紙を入れる
・英語===今日勉強するAOIの英文の抜書き

その後ろに1枚のプラスチックのカレンダー、チャック式のポケットを入れている。


GTDインデックスだが、進行中、すぐ、PRJは1本化していいような気がする。
もっとも現在のところこのシステムは単純な備忘録としてよく機能していて、大物タスクをクリアする用にはなかなかなってないので、その辺の仕組みを考えた方がいいのかなという気もする。

一方「すぐ」「期日」「条件」「済み」は絶好調。
本当にこのシステムをやっててよかった。
長年の懸案事項がバリバリ片付いていく。
この絶好調状態が終わったとき(懸案事項が極小化したとき)何か見えてくるのかなという気もする。

「NEW」と「白紙」が紛らわしい。
「NEW」を「白紙」にして、「白紙」を「メモ」にした方がいいのかな。
そんな感じである。

「すぐ」の中には、本当に毎日バリバリ動くものと、なかなか動かないものが、やはりある。
「今日」「今週」「来週以降」ぐらいに分けた方がいいかもしれない。

そうすると正しい山は、

 今日 今週 来週~ 期日 条件
下の山は
 済み 新規 SCH メモ 英語

という感じだろうか。よし、早速こう変えよう。今変えよう。
(こういうこともあろうかとインデックス用紙は買い置きしていた。でもこれいちいちダメになってしまうものなのか。改善の余地がある)

こうやってちょこちょこ目先を変えていったほうが興味が持続するのでいいと思う。
「楽しいからと言ってあまりGTDのことを考えるのに時間を取られるのはよくない」
という意見があって、たしかにそうだ(そんなことにかまけている間にタスクを済ませた方がよい)と思うが、ぼくの場合他のGTDerのサイトを読み漁ったりしていないし、1週間ぐらいで自分のシステムをちょっとずつリファインしている状態なので、これぐらいがいいのかなという気もする。


さて印刷だが、ミニ5穴では紙詰まりしていたCanon MP790だが、ミニ6穴では全然問題なく印刷できることが分かった。
ただし、スレると汚れるので、印刷されるなりおせんべい屋さんの店先のように展開して乾かした方がよい。

なお、このように運用していると印刷ミス、裏白紙がお天道様に申し訳ないほど出る。
これを保存しておいて活用する方法も考えておいた方がよい。
ぼくは毎日レシートをホッチキス留めする表紙にしている。(日付と、レシートがもらえない支出を書く。)

スポンサーサイト

<< ウチの子。 | ホーム | われらがスーパー・ジョッター >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。