キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット【超】研究

ダイエット、つまり美容健康のためにやせることだが、英語ではlose weightという。
ぼくはここ20年ぐらいダイエットのことを考えてきたが、その結果やせたり太ったりしている。
全体の傾向としてはむしろ太ってきているのではないか。
誠にご苦労なことである。

さて、またもう一つ別の種類のダイエットに挑戦し、まあまあ成功してきているので、ここでご報告しようと思う。
いくつか複合的にやっているのだが、穏当な順に書いていく。

1.毎朝、毎晩、体重を量る
基本である。
しかしこれすら怠惰な人には出来ない。
朝起きた直後と、夜寝る直前に体重を量り、紙やWebに書く。
これだけのことが出来ないなら、何も出来んやろうー!!!
しかしできないものは出来ないのである。

最近はこれを使っている。
これで体重が量れない人はまずいないと思う。



2万円もする体重計であるが、デザインはすごくカッコいい。
ボタンを押すこともなく、乗ればスッとLEDが輝いて計測が始まる。
で、計測したあと、その体重と体脂肪率がWiFiを使ってネットにアップロードされる。
何ならTwitterにもツイートされる。
個人情報もへったくれもないわ!
しかしこれが楽しい。
今年の5月から9月はこんな感じである。

写真

減っとるわー。

2.毎晩午後9時以降は食べない
これも有効である。
寝るときには多少おなかが空いているぐらいがいい。
たまに忙しくて夜9時をうっかり過ぎてしまうことがあるが、この場合は「今日はしょうがない」と思って食べていた。
しかし、最近は一食抜くことにした。

そもそも太っている人は脂肪を余計にため込んでいる。
飢えたらそれを燃やせばいいことである。
そう思えば、一食抜くことはそうたいしたことではない。

だいたい、太っている人は食事に関心を持ち過ぎだ。
「あっそういえば、食べるの忘れてたよ」
こういうスカしたことを、痩せている人はよく言う。
ああいうセリフを聞くと腹が立つが、ああいう心境を見習えばいいのである。

3.水を一日2リットル飲む
「舞姫~テレプシコーラ」のひとみちゃんがやっていたやつである。



理論はよくわからないが、体質が変わって痩せるそうである。
しかし、実際的に、それ以前にとりあえずジュースやコーヒーを飲むのは減らせそうである。おなかも膨れる。

具体的には2リットル入りの水差しを買い、会社に着いたらウォーターサーバーからいっぱいにして、とりあえずこれを飲み切ることにした。
別にジュースやコーヒーを飲んでもいいのである。
そんなにガバガバ飲めるか!

4.自炊をやめる
一般には、自炊した方がやせると思われる。
味の濃いおかずや、揚げ物、甘い味付けなどが避けられるからである。
しかしぼくは、やめた。

家に食べ物の買い置きがあると、全部食べてしまうのである。
これは一種の情緒障害なので、しょうがないとあきらめた。

家にペットボトルの水や、お茶や、無糖の炭酸水(これが結構イイよ)、ノンカロリー飲料を大量に冷やしておいて、これはいくら飲んでもいいとする。
ただしノンカロリー飲料を連続では飲めないルールにして、コカコーラゼロを開けたらそのあとはジャバティーストレートを開けるようにした。
そんなにガバガバ飲めないから。

5.食に対する間違った思い込みを解く
さて、自炊をやめる、夜9時以降食べないということを続けていると、食に対する間違った思い込み(認知の歪み)が分かってくる。

まず、テレビを見るときはお菓子とジュースがないといけないというのは間違いだ。
別にテレビぐらい何も食べずに見ればいいのである。
最初は味気ないが、しばらく見ているうちに、十分面白くなってくる。

次に、おなかが空いていると勉強に身が入らない、面白い文章が書けないというのも思い込みである。

この本(絶版)の作者は「おなかが空いているときに趣味の将棋を指してみて、勝った」ということで思い込みを解いたそうである。



一番いいのは休みの日に1日絶食してみることだ。
食事とは食べないといけないもの、という思い込みが1回解ける。
ただし回復食で注意しないと便秘、腸閉塞になるので注意。
食事代わりに野菜ジュースを飲むとスムーズだ。



「間違った思い込み」はいろんな間違った行動のもとになる。
このリンクがよくまとまっている。

6.ウォーキングする
これもありがちだが、ぼくは新丸子からみなとみらいに通っているが、定期を横浜までにした。
横浜からみなとみらいの間を、毎朝毎晩歩く。

帰りはみなとみらいジャックモールによって、ノジマ電機でポイントゲッター(店に行くだけでポイントがもらえる)を押して帰る。多くの場合5円だが、運がいいと50円、ぼくは500円が出たこともあった。現在2000円ぐらい溜まっている。
うちの会社にタイムカードはないが、なんかノジマ電機に通勤しているような気がしてきた。
昼休みにも会社のビルの周りを10分ぐらい歩く。

暑い。
でも暑いのに歩くと暑さを感じなくなってくるそうで、これを暑熱馴化(しょねつじゅんか)というそうだ。
最近は「暑い! きつい! 疲れる! てことはやせる! ありがたい!」と唱えながら歩くことにしている。
宗教かよ。

iPodで落語や英会話を聞くと退屈しない。

ウォーキングの効用はくたびれることだ。
吾妻ひでおのホームレス時代を描いた「失踪日記」に、ホームレス時代はとにかく空腹で眠れないので、何駅もどんどん歩き、疲れ果てて寝るようにした、と書かれていた。



ダイエット中もホームレスと一緒で、とにかく空腹で眠れない。
それで一時的に気がくるって夜中にコンビニに行って焼うどんを買ったりしていた。
アホか!
でもウォーキングで疲れ果てているとその気力もなくなるのである。

7.異常な食事
とりあえず工夫した食事をする。

(1)歩きながらコンビニのおにぎり

コンビニのおにぎりだけ食べると痩せる。
一種の単品ダイエットだ。
炭水化物は非常に太るとされているが、炭水化物と脂肪を同時に取らなければいいのではないだろうか。
あと、食直後の運動が効く。

ということで、コンビニでおにぎりと甘みのないお茶(ヘルシア緑茶など)を買い、歩きながら食べる。

(2)しゃぶしゃぶの食べ放題、ごはん抜き

今度は逆に、野菜と肉を大量に採って炭水化物を取らない、いわゆるノンカーボダイエットにあたる。
これは、しゃぶしゃぶバイキングの店を活用する。
最近はこのニーズを店の方でも捉えていて、キノコ類やこんにゃく麺なども充実している。
もちろんごはん、うどん、中華麺、マロニー、餃子、カレー(なぜカレーがあるんだ)、アイスクリームなどは一切取らない。
終わったらウォーキング。

(3)食後はブラックコーヒー

とりあえずデブは油断するとカロリーを取るが、意外と取っているのに注意したい。
具体的には食後のデザート、アイス、甘いコーヒーである。
これをブラックコーヒーに変える。
最近ではコンビニでもブラックコーヒーの種類が驚くほど多い。
これを飲む。
最初の一口は苦いが、慣れるとこれがおいしくなってくる。
続けると味覚が変わるのである。

8.風邪を引いても気にするな
ダイエットを続けると風邪を引き、これじゃあいかんと思って高栄養食を食べる。
それで太るの悪循環である。
風邪の引きばなは、薬を飲んで寝るに限る。
空腹でも寝られることは上で明らかになっているので、とにかく寝る。

満腹や飲酒によって寝ているというのは、実は睡眠中に体は食物やアルコールを処理しているので、休息になっていないのである。
食べないで寝て治す。

もちろん極端な栄養、水分欠乏になったら困る。
採ってもいいものがあって、それはズバリ、商品名を出すがポカリスエットだ。



これは点滴を打っているのと一緒であって、早く吸収されるし、水分が多いので腹もちもよい。
ポカリスエットで十分、と思えば食事を採ってないことを気にならない。
風邪こそ絶食のチャンスである。

※筆者の個人的考えです。疾病中の方はかかりつけ医にご相談ください。

9.眠れなくても気にするな
不眠に関してはまた別に書いてみたいが、要するに寝れないのを気にすると寝られなくなる。
寝たふりでいいのである。
部屋は暗くし、布団には横になる。
目はつぶる。

これだけのルールを守っていれば、あとは何をやってもいいことにする。

ぼくはiPodにスピーカーをつないで、落語を聞いていた。
1時間経ったらスイッチが切れるようにしておく。
その間に眠れたら儲けもの。
眠れなくても、さらに1時間延長すればよい。

延長、延長で結局朝になってしまっても、そのまま会社に行けばいいのである。
実は目をつぶって布団に横になっているので、かなり睡眠の目的は達成している。
これでラクになった。

まああと睡眠導入剤も併用している。
心療内科に行って処方されるのだが、実は普通の内科でもよい。

10.最後はことわざ
やせようと思うのは、美しくなるため、ハツラツと動けるようになるため、健康のため、長生きするため、人生を楽しむためである。
つまり、自分の楽しみためなのである。

しかるに、目の前の欲望に負けて食べてしまう。
これは、長期的目標を見失って短期的欲望に負けている状態だ。
死刑になるとわかっていながら、取り調べの辛さに耐えかねてやってもいない殺人を自白する容疑者のようなものである。
人間は心の奴隷だ。
ダイエットはすぐれて精神の問題であるが、精神は心で動く、
ということで、自作のことわざを唱えればよい。

上にも書いたが、暑い中をウォーキングしているときの「暑い! きつい! 疲れる! てことはやせる! ありがたい!」もよい。
これは本当に効く。

あと、ぼくは階段を上がるとき、一足ごとに脂肪細胞が踏みつぶされるのをイメージしていた。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、ベンチプレスのときに、バーベルの部分に地球がついているのをイメージするそうだ。
他にも、全身が燃えるところをイメージしたりするらしい。

シュワルツェネッガーのドキュメンタリーは精神的な要素が大きく、知的で、他のボディビルダーとの関係など、皮肉な味わいもあってオススメ。
でも廃盤だなァ。



あとは、食事中に唱えることわざ「もうおなかすいてないよね。ここでやめたら、食べたものが膨れて、おなかパンパンになるよ」というのもある。
これは、お替り自由のとんかつ屋さんで、とんかつが二切れ残っているがライスは無くなった時、今までならライスをお替りしていたところをとんかつを残す時に使う。

まとめ。

1.毎朝、毎晩、体重を量る
2.毎晩午後9時以降は食べない
3.水を一日2リットル飲む
4.自炊をやめる
5.食に対する間違った思い込みを解く
6.ウォーキングする
7.異常な食事
8.風邪を引いても気にするな
9.眠れなくても気にするな
10.最後はことわざ

こんな感じである。
これは20年以上失敗に失敗を重ねて生き残った黄金法則である。
言ってみればダイエット【超】研究の成果だ。

太っている人は、だいたいいつもダイエットのことを考えている。

食べているときは、こんなもの食べたら太るのに・・・とみじめな思いをしているし、服を買いに行っても、そのうちやせるからあまり高い服を買うのはよそう・・・でも何年もそう思ってるし・・・などと考えている。恋をしても、もう少し痩せてから告白しよう・・・などとしょうもないことを考えている。
ここ20年の間に、5年間ぐらいはそのことを無駄につかったのではないか。
本や、道具や、特別なフードに掛かった費用ももったいなかった。

時間とお金の無駄だ!
ではどうすればいいか。やせればいいのである。
一緒にがんばりましょう。
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット&ビューティー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

<< ぼくのToDoリスト血風録~挫折篇~ | ホーム | 作家・自作を語る~文字コード【超】研究 改訂第2版~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。