キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーキング英会話

会社では英語が出来る方で通っている。ここをあんまり明らかにしてしまうといろいろ差しさわりがあるので、自分としてもファジーにしておきたいところだが、仕事の話は業界用語がメインなので必死に食らいついていけばまあまあ分かる。しかしながら、英語がスラスラできる、言うところのドラマが字幕なしに分かる、というレベルでは全然ない。なんとかして上達したい。

そこで最近(具体的に言うと今年の 9 月から)始めた方法を書く。これは資金投下も最小で案外効果があると思う。

名づけて「ウォーキング英会話」だ。

体型も太り気味で、いろいろ成人病の指標も上がってきているので、一石二鳥である。

では方法だが、まずウォーキングの時間を確保する。ぼくの場合会社から 5 駅ぐらい朝晩歩くことにした。片道 5 キロ、小 1 時間ぐらい。もちろんこれは増減が可能だろう。 5 キロ歩くと結構なものだ。往復だから 2 時間 10 キロ。そんなに歩けない人はその半分でもいいと思う。

で、これを歩きながら iPod で英会話の教材を口ずさむ。歩きながらだからテキストは使えない。ここがミソ。

たとえば On weekdays, I receive an average of 50 orders a day from all over the globe via the internet. という文があったとする。現在形の普通の文で、そんなに難しくない。これ、テープを聞きながら、テキストを見ながら読んでみると(これをサイマル リーディングという)、誰でもスラスラ読めるだろう。(ちなみに上の文は有名な教材『ALL IN ONE』より)

じゃあ、テキストを閉じて、テープだけ聞いて、一緒に言ってみる。これをシャドウイングという。これが、びっくりするほど出来ない。さらに、テープを止めて、さっき言っていた文を宙で言って見ようとすると、これをリプロダクションというが、これも驚くほどできない。いかに今までの自分がテキストに頼っていたかがわかる。実際に英語を使う場にテキストはないのである。

普通、音声つきの英文のテキストを買ってくると、家で勉強するときはサイマル リーディング止まりであるが、シャドウイングまで行くと自分の英語の出来なさがものすごく痛感できる。で、歩きながらシャドウイングをやろうというのが、このウォーキング英会話である。

いくつか問題があって、まずは教材選びだ。iPod で聴ける、短い例文が音声ファイルになっているものがよい。オーディオ CD は音声トラックが 99 個“しか”入らない。99 個も入れば立派だと思うだろうが、72 分で、4320 秒だから、1 個平均 43 秒である。これはいかにも長い。43秒の英文を息もつかせずシャドウイングして、さらにウォーキングしていたら確実に酸欠でぶっ倒れる。

先にあげた『ALL IN ONE』は各スキットを mp3 ファイルにまとめてくれている。各10秒ぐらい。1個目の例文は He grinned and said, "I make lots of money. On weekdays, I receive an average of 50 orders a day from all over the globe via the internet. というもの。まだ長い気がするが、これだけシャドウイングできるようになると結構脳の筋肉が鍛えられる。これが 419 個、ナチュラル スピード(普通の英米人のスピード)とスロー スピードの両方が収められている。合わせて 838 ファイルだ。ぼくは一応ナチュラルだけで済ませているが(エッヘン)、しばらく英語に触れていなかった方はスローで始めた方が実際的かもしれない。



『ALL IN ONE』には通常のオーディオ CD もついていて、こっちは例文が 7 個ずつ入っている。7 個というのは本書が推奨する 1 日にマスターする例文の数だが、これはちょっとぼくには荷が重い。ぼくは 5 個が限界だ。それに、仮に 7 個 1 日に練習したとしても、例文 1 ~ 7 を繰り返し聴くだけではなく、最初は例文 1 だけを繰り返して聞いて練習したい。そうなると iPod ではなくて、いわゆる「A-B リピート」(区間リピート)機能のついた再生器具が必要になってくる。

しかし、『ALL IN ONE』には前述のように各例文がバラバラに mp3 で入っているので、iPod でもなんとか練習できる。最初は曲リピートで各スキットを集中的にリピートして覚え、覚えてきたらプレイリスト リピートで 1 日分の例文をリピートする。それもカンタンになってきたらさらにシャッフルする。こうすると iPod も立派な英会話マシーンだ。

この、各例文がバラバラに mp3 で入っているかどうかが重要で、これだけで『ALL IN ONE』を選ばざるを得ないというのが現状である。世評の高い『DUO』とかも試してみたいのだが、オーディオ CD しかないのでたぶんある程度例文がくっついて収録されているのであろう。それだとウォーキング英会話には向かない。実は『ALL IN ONE』にはいろいろ問題点というか不満もあって、それはそのうち書くが、とりあえず今は『ALL IN ONE』と心中、というつもりで使っている。

教材の話が長くなってしまったが、もし「A-B リピート」の機能のついた再生器具を持っている人なら『DUO』などを使ってもいいと思う。また、もっとやさしい教材もあるのでそのうち紹介する。要は、1 日にこれぐらい練習する、と決めて、その音声データを持ち歩くようにするのが第 1 歩。

で、実際のウォーキング コースを歩きながら、音声データを聴き、シャドウイングを行う。これは客観的に自分を見ると、英語をぶつぶつ言いながら人が歩いている状態で、ヘンなのだが、小声でやっていると問題がない(と思う)。

これが能率がいい。家で勉強をやっているとどうしても気が散る。最近は Web という気を散らせる装置のようなものが用意されているので、あっという間に気が散る。それに、散る気を押さえつけて家で英語の練習をしていると、気が塞ぐ。なんでこんなことを毎日やってるんだろう、と自分がイヤになってくる。あるいは眠くなってくる。

しかしウォーキングは気が散らない。目的地まで歩いているわけだから、気の散らせようがない。眠くもならない。歩きながら寝てたら大変だ。そうはならない。そして歩きながら英語を練習するのは、最初は大変だが、だんだん脳から何らかの物質が出てくるのか、すごく気持ちよくなってくる。ウォーキングだけでも十分楽しいのだが、心配事や今日あったイヤなことがグルグル頭に浮かんでくることがある。しかし英語ウォーキングはそれがない。頭の中は浮世離れした英語の例文だけ。

そう、英語ウォーキングは普通のウォーキングより楽しい。景色が変わる。心地よい汗をかく。体と脳の活性化が相乗効果を生むのか、どんどん自分の英語もなめらかになっていく。楽しい。

毎日ウォーキングしながら英会話の練習までして、自分はなんと立派な人間なんだろう。こんなに努力してるんだからそのうちいいこともあるんじゃないか。というイヤラシイ自尊心のようなものも芽生えてくる。何かいいことをしているときに、人間に芽生えるこのこのイヤラシイ自尊心だが、必ずあると思う。しかし、この感情を積極的に善用して、いい習慣を続けるようにした方がいいんじゃないかとぼくは思うのだ。毎日家の中で塞ぎこんで、どうせ俺なんかと自分を卑下し、そのうち犯罪に走ったりするより全然いいと思う。(当たり前だ!)

ウォーキング英会話はテキストを使わない。実はちょっと不安になったときのためにアンチョコを持っているのだが、歩いているときはそれは見ない。(テキストを見ながら歩くのは危険だからやめてください。)最初は不安だったが、これが逆にいいのである。音声だけの刺激で練習をするので、確実に脳内の英語回路が活性化するのが体感できる。ぼくが使っている教材のパターンだと日本語訳も出てこないので、完全に英語脳で歩くことが出来る。実は復路ではウォーキングのあと電車に乗って家に帰ることになるので、そのときテキストを見ながらもう1回通し聴きをして、難しい単語のスペルをチェックしたりしているのだが、ある程度練習した感触では、シャドウイング中心の英会話練習は案外正しいんじゃないかと、今のところ思っている。

スポンサーサイト

<< 新生銀行で手数料ゼロにしようとして肝が冷えた! | ホーム | マイルスはこの順番に聴け!(1)『We Want Miles』~ぼくのアルバム ベスト100(1)~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。