キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルタスクかマルチタスクか

今日買った本は下の本だ。
なかなか面白い本で、明日読み終わるけど何回か繰り返して読もうと思う。



さて、この本の中に「シングルタスクと、マルチタスクだと、マルチタスクの方が絶対に効率が良さそうだけど、実は、シングルタスクの方が絶対いい」と書いている、
ここで言うシングルタスク、マルチタスクというのはコンピューターの話ではなくて人間の話だ。

さて、ぼくは小さい頃からものすごくマルチタスクである。
とくにコンピューターの世界に入ってからは待ち(コンパイル待ち、プリント待ち、人待ち、時間待ち)が多いので、シングルタスクではやってられない。
純粋な意味でのシングルタスクは現実的ではなく、作者も「待ち時間を利用するために3つのタスクを組み合わせよう」などと言っているので、端末を2台並べて別のことをするような、本当の意味でのマルチタスクはやめよう、と言っているのだと思う。

ぼくは以前他の人の本でも同じことを読んだ。
具体的に言うとウツの治療の本である。
会社で複数の仕事を同時にやっていると、イライラして必要以上に疲れるので、1個1個休み休みやろう、と書いてあった。
(書名は忘れてしまった。ウェブだったかもしれない)
で、ぼくはトシを取って疲れやすくなったしウツっぽくもあったので、小さい頃から習い性となっているマルチタスクをやめてみようと思った。

結果、前よりもイライラ、無気力感が強くなった。
あまりにもマルチタスクが習性になっているので、待ちがガマンできない。
イライラするのである。

生活や家事でもマルチタスクをしている。
家に帰るとクーラーを掛けて部屋を冷しながらシャワーに入る。
シャワーを出ると部屋は冷えているので、ドメスト(ほうっておくタイプのトイレの洗剤)をトイレに流し込み、汚れ物をまとめて洗濯をする。
ドメストを流してカビキラーで残った部分の掃除をする。
ビデオにとっておいた番組を見ながらチャプターを入れてカット編集をする。
DVDを焼きながら洗濯物を乾燥機に移す。
みたいな。

会社の場合も朝ついたらPCのスイッチを入れて起動しながらトイレに行く。
トイレから帰ったらログインしながらコーヒーを入れる。
コーヒーを入れてきたらメーラーを起動しながらシステム手帳を開いて別のパソコンでジョッターの消しこみ(思いついたタスクをToDoに入れたり、調べ物をしたり)をする。

煮詰まってきたら下の階の本屋をチェックするが、その前に詳しい人に質問のメールを出しておくと効率がいい。
戻ってきたら答えを帰えしてくれているいる可能性がある。

外国にメールを出すときは、出してもどうせ向こうは寝ているので、すぐに出さないで、帰る前まで下書きにしておく。
そうするとメールを出すまでもなく解決したり、追加の質問を思いついたりするものである。
で、帰る直前にだーっとメールを読み返して出す。
これで、帰っている間に返事を書いてくれ、翌朝に返事が来るので効率的だ。

コンピューターはとにかく待ちが発生するので、先へ先へとやって行った方がいい。
流れが止まるとやる気がそがれたり雑念が湧いたりする。
先へ先へとダンドリを組みながらやっていると楽しいような気がする。
ま、こうやって書いてみるとたいしたことはやってないけど・・・。

上の本では「食事をするときは食べ物に集中する」と書いている。
確かに礼儀としてはその通りだし、味わって食べる方が食事からの快感が最大限に引き出せるので食欲も満たされ、人生豊かになるのである。
端末を見ながらハンバーガーをもそもそ押し込む人生なんて最悪だ。

食事のことは食べ物に集中せよ、とは、曹洞宗のような禅僧もいうことで(マンガ道元入門という本に書いてあった)上の本は zenhabits というブログの作者が書いているぐらい、禅の影響を受けているようだ。

しかるにぼくは、おにぎりを食べながらウォーキングし、駅まで移動しているのである。
しかし貧しい生き方かというと、そうは思わない。
そのように工夫している自分を楽しんでいるので、これもまた食事のひとつの楽しみ方だと思うのであるがどうか。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

<< 昨日 | ホーム | ひるね >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。