キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなところにもエコブームの影響が

宵の口、家にいると、インターホンが鳴った。
うちのインターホンはビジョンつきだ。
自分で付け替えた。
留守録画もできるやつ。
見ると、見るからにフリーターという人が映っていた。
「あのう、古新聞の回収袋をお届けにあがりました」
「は?」
「ですから、古新聞の回収袋を」
「あのう、それはどういう・・・」
「古新聞、古雑誌のリサイクルをやってるんですが、それの回収袋を」
「ああそうですか、ウチは新聞も雑誌も買わないんで、いいです」
何回か同じやりとりを繰り返して、返っていった。
これはxx新聞の勧誘である。
前は「町内の地図をお配りしております」と言っていたような気がする。
「xx新聞ならいりません」と機先を制して(って言うのか知らないが)言うと「てめェぶっxすぞ」と言った。
それ以来怖くなってインターホンをビジョンつきに変えたのだ。

そのとき、そのアンチャンはうちの表札にカリカリと傷を付けていった。
見ると、x印が書いてある。
気持ち悪いなァと思ったが、新聞なんかカンタンに取らない奴が住んでいる、という警告表示になるのならそれでもいいかと思って、捨て置いている。

本来の目的を隠してウソをつき、ドアを開けさせるのは違法だそうである。
いつも同じ新聞社である。
武士の情けで新聞会社名は書かないが、スポーツマンシップに則って、フェアプレーでやって欲しい。
(書いていて思ったけど、まったく同じ文章を以前書いたような気がする)
スポンサーサイト

<< ちょっと話しにくい | ホーム | FC2トラックバックテーマ  第776回「好きな小説。」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。