キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ンジャメナ

ナイナイのラジオを聞いていたら、浪速の黒豹エムボマ、という名前が出てきて、ちょっと笑った。
しかしエムボマって、記憶に依ると正確な読みはンボマだったのではないか。
調べてみると果たしてそうだった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%9C%E3%83%9E
「フランス時代にM'momaと誤って綴られたのがその由来」とある。

便利な世の中だなあ。
検索に頼ると人はバカになる、という警句を口にする人がいるが、どうしてだろうか。
記憶を使わなくなるから、ということだろうか。
しかし脳は物置ではないとGTDの創始者デイヴィッド アレン氏は言っている。
調べればすぐ分かることに記憶を使うことが利口になることか。
野口ゆきお氏は「検索が進むとこれまで物知りとされていた人の価値がなくなる」と言っている。
こっちの方が納得できる。
検索バカ、とムキになって罵る人は、自分のわずかばかりの物知りが無価値になることを恐れているのではないだろうか。
まあ検索して最初に載っていることが正しいとは限らないので、そこは注意が必要だが。

あとンで始まる言葉というのはチャドの首都ンジャメナが有名だ。
他に何かあったかと思って "ンジャメナの他に"で検索したらンデベレ人形というのがあった。
南アフリカのンデベレ族を模した人形だそうだ。
ユッスー ンドゥールという歌手もいた。
これ、昔スティーヴィー ワンダーがタモリに教えようとしていたポピー トーン(舌を鳴らす読み方)ではないだろうか。

ンボマは日本の企業の都合でエムボマになったと思い込んでいた。
たしかカリブの怪人サンチェ(巨人、ストッパー)がそうだった。
正しい発音はサンチェスのはずだ。
正力だかナベツネだかが「最後のスは読まないんだよな」というと本人が「読む」と言っていたのに登録名がサンチェにされてしまい、かわいそうなことするなあ、サンチェスの方が読みやすそうなのになぜ、と子供心に思った。

ヤクルトの選手だったマルカーノがサンチェの通訳として巨人入りしたときも、現役の選手を引退させて通訳に雇うなんてひどい、と思っていた。
今調べると当然そんなことはなくて、選手引退後に中南米スカウトおよび通訳として雇われたのだ。
サンチェとマルカーノは夜な夜な六本木のサルサ バーに現れて踊り狂っていたそうで、異常にクラーベがうまかったそうだ。タンタンタン、タン、タンと叩いて曲の終わりだけタンタン、タン、タン、タンと叩くのが異常にうまかったんだって。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

<< 第765回「早く発明して欲しいものは?」 | ホーム | ななこSOS >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。