キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコエコアザラク

誰でも言うことだけど、エコってどうなんだろう。
たとえば「エコカー」に変えれば二酸化炭素を出さないから地球にやさしいという。
でも、車1台作るのって結構大変なエネルギーがいるだろう。
アルミニウムとか電気の固まりだ。
そして前の車はスクラップだ。
日本の車はものすごく部品に互換性がないから、本当にスクラップにするしかない。

吉永小百合が液晶のテレビに変えろと言っている。
でも、前のテレビってちゃんとエコに廃棄してくれるんだろうか。
いや、消費者はちゃんと金を出してリサイクルに出すんだろうか。
エコポイントだけもらって、その辺に捨てる不逞の輩はいないのだろうか。

自転車で通勤するとエコだと聞く。
でも、欧米は確かに車社会だから自転車で通勤すると自動車がガンガン減って、それはエコだと思う。
しかし、日本の都会は電車社会である。
この時点ですでにだいぶエコではないか。
電車をなくすぐらい大勢の人が自転車に乗り換えれば確かにエコかもしれないが、それはイヤだ。
ぼくは電車でうつらうつらしながらiPodで英会話を聞くのが好きなのである。

ネットで自転車を称揚してる人は、言わば自転車エリート族で、何十万も出してスポーツサイクルを買っている人だ。
そういう人は「ちゃんと」車道を走っているし、駐輪場も借りている。
そういう人が胸を張って自転車に乗ろう、というのは拝聴すべき議論だと思う。

しかるに、町で自転車に乗ってる人は、その多くが言わば自転車貧民だ。
歩道を縫うように走っている。
片手でケータイメールを打っている。
人の後ろからやってきて「どけどけ!」とばかりにベルを鳴らす。
あの、人をどかせる目的でベルを鳴らすのは違法なんだそうですよ。
イトーヨーカドーで1万円の自転車を買って、駅前の歩道に置いて(本当、川崎市の駅前すごいんですけどなんとかなりませんか・・・)雨が降ったらそのままにして、そのうちなんだか面倒になってそのまま雨ざらしにしている。
少しもエコじゃない。

JRの駅は禁煙、千代田区の歩道は禁煙、と言う。
しかしながら、コンビニの前に灰皿があって、そこに紳士淑女が集まって知らぬどうして肩触れあって盛大に吸っている。
この話は前に書いたな。
どっかに喫煙所作ってやった方がいいんじゃないの。
少なくともJRの駅は禁煙にする必要ないと思う。
発言権の強い人が自分のところは禁煙! と言い出して、その反動が弱いところに来る。
具体的に言うとコンビニの前とラーメン屋のカウンターで吸うのである。
あれ本当にやめてほしいんですけどどうかなりませんか・・・。
(なんか弱音が多いな・・・。)

ガスをやめて電気にしたらエコだと言う。
でも、前にも書いたけど、メタンガスだって温室効果あるよね。
メタンガスを燃やして二酸化炭素にするんだったら行って来いなんじゃないだろうか。
電気は原発だから二酸化炭素を出さない、という話だが、原発なんかどっかからミサイルが飛んできてドカンといったらエコだエコじゃないという話いぜんに「この世の終わり」である。

エチゼンクラゲが大発生しているとか、オニヒトデが大発生しているとかいう。
でもエチゼンクラゲも、オニヒトデも別にどっかの研究室から逃げ出した人工生命体というわけではない。
あれはあれで自然なのである。
人間の発生以前に滅亡した生物も数多くいただろう。
つまり「自然=善」「人間=悪」というテーゼがあるわけではなくて、人間にとって好ましい自然と好ましくない自然があって、人間だけの都合を考えて好ましい自然に変えて行きましょう、という話が本当のところだ。
ただ人間は知恵が浅いから、急に変えると予期せぬ悪影響があるからそこはじっくり考えましょう、というのが正しい議論である。

しかしながら、エコカーを買え、液晶テレビを買え、ガスをやめて電気にしろという掛け声にはそんなまっとうな議論はみじんもない。
要はファッションであり、ショーバイである。
そういうことは、最近の人はかしこいからみんな分かっていて、だからマスコミやCMが言うほど実際には盛り上がっていないと思う。

本当にエコエコ言うなら、不便な暮らしをするしかない。
それも、別に極端にストイックになる必要はなくて、バブル景気の前に戻すだけでも大変エコらしい。
そういえば節電で夜テレビが消えたりしたことがある。
今はどの局も24時間テレビをやっていて、テレショップをやっているのである。
誰も本気でエコにする気ないと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

<< 第761回「心に残っている、教科書にのっていた歌」 | ホーム | 宅配便業者 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。