キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

99%クズ

世界3大SF作家の一人、アイザック・アシモフ(正確な発音はアジモフらしいが)がSF大会で、「SFの99%はクズです」と言い放ち、しーんとなった会場に向かって「どんなものでも99%はクズです」と言ったそうだ。

これ、そう(言ったのはアシモフで、比率は99%)記憶していたのだが、Webで調べると、言ったのはシオドア・スタージョンと書いてあった。そうなのか。

「ウェブはバカと暇人のもの」という本が本屋に平積みにしてあった。
買うかどうか迷って、保留にして帰った。
でも Amazon だと評判がいい。
読もうかしら。



インターネット、Web、というの、最近確かに急速に劣化してきた気がする。
S/N比が下がってきたのである。

「ああ、インターネット、もうダメ」と思った最初が、たぶん5~6年前だ。
iPodのイヤホンジャックが故障したので、「iPod イヤホンジャック 故障」と入力して検索した。
で、上の方にヒットしたサイトを見ると、「iPodのイヤホンジャックが故障した、腹立つ!」と書いてあって、その下に交通事故で轢かれた人の写真が貼ってあった。
エエ~なんでそんなことするの。
腹が立ったから!?

こういう人の気持ちは心底分からない。
ヘンな写真を自分でこっそり見るならいい。
好き同士見ても、自分の関与しないところで起こっていることだからしょうがない。
でも、iPodのイヤホンジャックが故障して困っている人を巻き込むのはよくないと思う。

でも、そういう悪意のある書き込みは、自分の主張があるだけまだマシだったと最近は思えてきた。

3年前から急速に気になってきたのが商売のサイトである。
ブログに広告を載せているのとか(このサイトもそうだ)ならまだいいのだが、広告しかないサイト、コンピューターで自動的に生成したわけの分からないことが書き連ねているサイト、あと、アマゾンそっくりのサイトが急に増えてきた。

あのアマゾンそっくりのサイトってよく分からないね。
アマゾンで売っている本についてブログ主が自分の感想をつけたサイト、ならわかる。
むしろ好感を持つし、このサイトもそうだ。
そうじゃなくて、アマゾンからまるまるサイトをパクってきて、アマゾンに乗っている読者のレビューも持ってきているサイト。
あれなんか意味があるの?
本の書名で検索すると、1番目にアマゾンが来て、その後ダーッとアマゾンそっくりのサイト。
ニセアマゾンである。
仮面ライダーか!?

あとコンピューターが自動生成するサイト。
めちゃくちゃな言葉が書き連ねられている、いわゆるワードサラダというのは最初はびっくりしたが、さすがに意味がないということになったのか、ブログホスティングサイトが問題視して削除しているのか、なくなった。

最近見つけて衝撃を受けたのが「我が良き友よ」というサイトである。
(いや、わざわざ見に行かなくてもいいよ! 理由は後述)
http://wagayokitomoyo.blog79.fc2.com/
別に内容を無断引用しても問題ないと思うが、たとえばこんな内容。



北米向け少女漫画雑誌が休刊の不思議
2009-05-21 (Thu) 未分類
歴史にこそ、美はある。

ボディソープなんて何でもいい、と思ってたけど、たまたま今使ってるやつはすごくいい!汚れがちゃんと落ちる気がする。どこで買ったんだったかなぁ、これ・・

さ~って、今日のニュースは、と。あれこれいろいろありますが、気になるのはやっぱり北米向け少女漫画雑誌が休刊関連の記事でしょうか?どうなんでしょうね

(Yahoo! から「北米の少女漫画誌を休刊=小学館・集英社の共同出資会社」のニュース記事の引き写し)

以前にも北米向け少女漫画雑誌が休刊に関しては似たような話があったように思うのですが、このごろはどうなっているのか?何となく考えさせられてしまいます。

今日の分のサプリメント、食後に飲んだかどうか思い出せないのですが、こんな時はどうするべき?けっこう高価なやつなので、悩むなぁ。

北米向け少女漫画雑誌が休刊関係のニュースって、なんかいつも共通する部分があるというかないというか・・そんな気がしませんか?(気のせい?)




前の日のはこんな内容。



地方紙で初のYouTube公式chの不思議
2009-05-20 (Wed) 未分類
一見したところなんでもやすやすと学べるということは、子どもにとって破滅の原因となる。そういうふうにやすやすと学べるということこそ、子どもがなに一つ学んでいない証拠であることが人にはわからない。

部屋の中に、どこからかハエが一匹入り込んできてしまった。目の前をチョロチョロとうるさいんだけど、面倒くさいから放っておくことに。自主的に出て行ってくれ~。

「地方紙で初のYouTube公式chの話がニュースに出ていた」と聞いて、早速パソコンを開く。ふむふむ、なるほど、これは・・ちょっと考えちゃいますね。

(Yahoo! から「佐賀新聞、YouTubeに公式チャンネルを開設 ~ 地方紙では初」のニュース記事の引き写し)

地方紙で初のYouTube公式chについてのニュースには、つい目がいってしまうんですが、今回の話はなんと言うか・・もうちょっとよく考えてみたいと思います。

うん、それでは、たまにはパリっとして出かけたいから、久しぶりに自分でアイロンとかかけちゃおうかな。(実はちょっと好きな作業だったりします。)

なかなか興味深いニュースです。考えをまとめるのは難しいんだけど。地方紙で初のYouTube公式chに関しては、しばらくちょっと気になってしまうかもしれません。




すごいなー。
こういうのを読むと、つくづく日本の底力というのを感じる。
日本人は全員、間違いなく世界的に見ても知的エリートであろう。
ごく普通の人がパソコンを持っていて、ネットに接続し、自分の情報を世界に発信しているからである。
しかし、その発信されている内容がこれなのである。
なぜこんな内容で毎日発信しようと思ったかと言うと、発信した情報を読んだ人が広告を踏むことによって、莫大なお金が入ってくる(かもしれない)という予想のもとに。
日本が不景気とか本当かよ???
しかしこういうの、これで月に何十円ぐらい儲かるものなんだろうか。

商売のサイトをやっている人、人に勧めている人はよく「夢」と書いている。
「夢をかなえるためにアフィリ!」とか書いている。
しかし、人に迷惑を掛けて、検索にノイズを混ぜて、何十円か稼いで、それのどこが「夢」なのだろう。
それって単に「欲」あるいは「横着心」じゃないのか。

「北米向け少女漫画雑誌」とか「佐賀新聞 YouTube」という検索後でググると、必ず上のようなサイトにヒットする。
こういうサイトほど「SEO対策」をやっているので、上位に来たりするのである。
で、見に行ってしまって、ユーウツになる。

思ったんだけど、Googleは迷惑メールを受信すると、ワンタッチでフィルタ設定して(正確には3回ほどクリックしなければならない)その宛先からのメールは次から迷惑メール設定できて、非常に便利である。
これと一緒で、Web 検索も、「自分にとって」必要ないページがあったら、迷惑サイトということで登録できるように出来ないか。
暇つぶしに迷惑サイトをプチプチ潰すのも楽しみになるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

<< 第758回「好きな悪役」 | ホーム | サタンとサターンはベツモノ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。