キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビールかと思ったよ!

発泡酒というの、アレ苦手である。以前友達と安い焼肉屋さんに行って、ビールといえばあれしかないと言われ、仕方なく飲んでみた。ぼくは普通に生ビールだったら飲むほうであるが、その場合は中ジョッキ半分も呑まないうちに気持ちが悪くなり、湿疹で顔色がまだらになり、宴会を中座して表の植え込みにしゃがみこんで動けなくなった。思い出すだに嫌な思い出である。

ちなみに一部の日本酒でも同じ症状になる。「醸造用アルコールのアレルギー」ではないかと思うのだがどうか。(では純米酒では大丈夫か、というと、純米と銘打っているのでもなったことがあって、それ依頼コワくて試していない。)その後どんな安い居酒屋に行っても発泡酒しかなくて困る、というケースがないので、同様のケースが多発したので店も管理できなくなってビールも選択できるように統一したのではないか。

もっとも、発泡酒と一口に言ってもいろいろ種類があり、あれは本当にいろんな種類があって原料の穀物から違うらしいので、品種によっては大丈夫なのだろうとも思うがそんなこと人体実験したいと思わない。生ビールでよい。

発泡酒はビールとはまた違うおいしさを追求している、時代は発泡酒だ、というCMが多くてフーンと思っていたのだが、最近田村正和が「言われるまでビールだと思っていました」というのがあって、ああやっぱりビールのニセモノなんだ、メーカーはビールまがいのものをだまして売ろうとしているんだと改めて思った。パッケージのデザインもいかにも紛らわしいものが多い。間違って買ったこともある。いちいち冷たい缶をためつすがめつして [発泡酒] というマークがないことを確認するのも大変なので、結局ヱビスとか、決まったのを飲むことになる。コンビニにはすごくいっぱい新種のビールが出ているのにもったいない話。

発泡酒は安い。なぜかというと酒税法上保護されているからだそうだが、そんな保護の必要あるんだろうか。だったら本物のビールを安くすればいいのではないか。輸入食品のまがい物が問題になっているが、国内でもまがい物を税務署もメーカーも奨励しているのではないか。だったらホンモノが安く手に入るように努力したほうがよい。

昔はウィスキーも、日本はアルコールを添加したのを安くして、ホンモノに高い税金が掛かっていたが、サッチャー首相が外圧を掛けて安くしたという経緯もある。ベルギーかどっかのビール党の首相がビールにも外圧を掛けてくれないか。

スポンサーサイト

<< 100回腕立て伏せ~(1) イントロダクション | ホーム | GTD+K (KNOXBRAIN) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。