キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相談ウェブの「良回答」とは

下の、アマゾンの星の話のところで書こうと思ったのだが、「OK Wave」や「Yahoo! 知恵袋」のような「相談ウェブ」で似たような問題がある。
相談ウェブは、「日本語Windowsで英語キーボードを使うにはどうすればいいでしょうか」「姑が孫に勝手にお菓子をやるのですがどうすればいいのでしょうか」「鏡は左右が逆に映るけど、なぜ上下は逆にならないんですか」みたいな質問を困っている人が書くものだ。
物知りな人、ヒマな人がそれに回答をつける。
際限なく回答を許すわけではなく、適当なところで質問者は回答を締め切り、「一番良かった回答」に点数を付与する。

ここでいう一番良かった回答とは、自分の問題を解く上で最も役に立った回答、というほどの意味だろう。
問題は「今の日本どうやったらよくなりますか」みたいな価値判断を伴う問題が寄せられた時だ。
「戦前みたいに教育勅語を復活させればいいと思います」という人も、「革命を起こして共和制にしたらいいと思います」という人もいるわけだ。
この場合「いい回答」とは何か。
質問者の好みにあった回答ということになるのである。

上の質問の場合は、質問者と回答者の思想の交換という意味があってまだいいと思う。
問題は「勉強が辛くて学校に行きたくありません」みたいな質問の場合、「人間辛いことがあって成長するものだ。そのうち役に立つし、がんばれば好きになることだって見つかるかもしれないから、我慢してガンバレ」という回答と、「どうせ社会に出れば学校で習ったことなんか忘れちゃうから学校なんかサボって一度しかない青春を楽しもう」という回答があった場合どうだろうか。

いや、考え方はいろいろだけど、どう考えても前の方の回答が多くの人にとって有用である可能性の高い穏当な回答だと思う。
しかしながら、学校が辛くて仕方がない回答者は、自分にとって都合がいいスウィートな回答である後者に点数を付与する可能性も高い。

「いや、そんなこと言って、後になって給料が上がらなかったり、自分の興味のある分野に進めなくて困るかもしれないから出来るうちに勉強ぐらいしたほうがいいですよ・・・」みたいなことを追加しようと思っても、回答は閉め切られていて、一番質問者好みの回答が良回答として残るわけである。

そもそも疑問があるのだが、無知だから質問するわけである。
しかるに、その無知な人が、親切に回答をつけてくれた有識者の回答のうち、これとこれはいい回答、他の回答は悪い回答と、どうやって判断できるのだろうか。
不思議な気がする。
場合によっては、質問者が「お礼」欄に「しょうもない回答するな!」と書いて回答を締め切ったりできるのである。
構造的な問題があると思う。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

<< アンケートを取って調べるな | ホーム | Baidu >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。