キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金いろのボールペン

みなとみらいクイーンズスクエア(いわゆる「いいビル」)の中にスパイラルマーケットという雑貨屋さんがあって(チェーン店)、オリジナルのラッピングをやってくれる。
モノは持って行って、包装紙とリボンを適当に買ったらそれでラッピングしてくれる。
千円ぐらいだろうか。

ぼくはプッチ手作りの贈り物が好きだ。
手先が不器用なので、別に手芸とかするわけではない。
デジタルフォトフレームに写真を入れて贈ったり、オリジナルのリフィルを作ってシステム手帳に入れたり、プログラミングできるオルゴールにあんまりオルゴールになってない曲を入れたり。
コンピューターのおかげでこういうのがラクにできるようになった。
オリジナルラッピングの店は他にもあるけど、結構高くて、ここは安いので気に入っている。
さいきん顔を覚えられた。

雑貨も充実している。
こういうところで文房具を買うとあんまり見かけない品物でうれしくなる。
先日は金色のボールペンを見かけた。
一見モンブラン風だが(???)、ひどい安物である。
500円ぐらい?(忘れた)
鉛筆みたいに6角形なのがちょっといいけど、ノック感も書き味もひどいもので、まあネタとして鉛筆立てに挿していた。

これ、思いついて芯を変えてみた。
ノックした状態で芯を引っ張ると抜けるので、また挿す。
これはノックした状態をキープしないと壊れるから注意。
芯は昨日換装したラミー2000と同じタイプである。
(全長67ミリ、外形2.3ミリ)

ということで、ラミー2000に挿したゼブラ4Cの0.7mmをこっちに挿してみた。

gold.jpg

ちょっと差し替えがジャリジャリして気持ち悪いけど無事換装。

あら書けるわ~♪

よく考えたら、ボールペンは芯が命。
(別によく考えなくてもそうだ)
芯さえ換装してしまえば、書き味は変わらない。

ちょっとノック感がチープだが、ラミー2000の重力式よりも色の選択が早い。
一応金属製(ブリキ製?)なので重みがあるから書きやすい。
あと、細いのでシステム手帳のタブホルダーにささる。
ラミー2000は細いので金具の方をホルダーに引っ掛けていたが、ちょっとカバンの中で抜けそうでイヤだったのである。

ということでこの金ペンでしばらくやってみようと思う。
ラミー2000と値段がエライ違うけどな。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

<< 世襲議員は規制しなくてもよいのでは | ホーム | マウスオーバー辞書 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。