キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPod のイヤホンいろいろ

携帯用プレーヤーのイヤホン/ヘッドホンですが、みなさんどうしてますか。
最初のウォークマン(聴いてるときに人と話をする用にマイクがついていた。使うか!)にはヘアーと言って、女の人のカチューシャみたいなツルが細いヘッドホンがついていた。あれが一番ラクという人も多い。スタジオで使うでっかいやつも合わせてヘッドバンド型という。
でも、人前で恥ずかしいのか、イヤホンが出た。ちょっと丸っこい、平べったい、耳の奥に入らないで手前で引っ掛かるやつ。インナーイヤー型という。
で、そのうちもっと耳に突っ込む型が出た。これがカナル型という。ear canal は外耳道のことだそう。
他に耳に引っ掛けるクリップ型とか、首の後ろにツルがくるネックバンド型とかがある。
(以上の参考はウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3)

さてぼくは荷物が小さいのでイヤホン売り場に行く。この時点で
(1)インナーイヤー型
(2)カナル型
の2種類があるが、ぼくはカナル型が好き。

で、今日前に使ってたのが壊れたので新しいのを買いに行ってわかったのだが、
(ア)1メートル以上のコードが1本のもの
(イ)50センチ+1メートル延長のもの
がある。(イ)はリモコンを挟むために使うのだが、ぼくは重しが途中にあってプランプランするのが嫌いなので(ア)になる。

で、(2)の(ア)を買って帰ったのだが、この時点で間違えてしまった。実はさらに
(a)右のコードが首の後ろを通って左に行き、左から下に降りるU型(実際には「し」型だと思うが)
(b)左右のコードがそれぞれ降り、胸の前で合流するY型
に分かれるのだ。

昔は(b)しかなかった。これがうっとうしくて、(a)が出たときは感動したものだ。
まだ(b)が出てるとは知らず、間違えて(b)を買ってしまったのだ。

しばらくガマンして使っていたのだが、やっぱり無理なので(a)を買いなおした。
まあ(b)は上のが壊れたときのつなぎ用に家に置いておこう。

それにしても、イヤホン型に限っても2x2x2で8種類である。
当然同じメーカーでもモデル、色による違いもある。
同じメーカーからこんなにヴァリエーションを出していてよく気が狂わないものだ。

ぼくはソニーの NUDE EX というのがぷにぷにして好きなので買った。遮音性が高いので電車の中でも聞けるし、遮音性が高いから小さい音でも聞ける。



ソニーはドンシャリ(ラウドネスが掛かったような感じ)なのだが、iPod は逆に大人しい感じなので行って来いでちょうどいいかも。

昔は Etimotic Research の ER-6i というのに凝っていた。



水泳用イヤーウィスパーのような感じで、耳の穴を強烈に塞ぐもの。音質も超ナチュラルで、非常に上品。あと、ほんっとに回りの音が聞こえない。道を歩いてると危ないぐらい。コンサートホールの雰囲気。アー理想のイヤホンに出会えたと大いに盛り上がった。今も強気の値段で売ってるということはファンが多いのか。

これ、iPod に最適化したと銘打っていて、白なのだが、ぼくが買った当時の話だがプラグが細くて iPod に挿していても再生中に抜けたと誤認識してポーズになってしまうという現象があった。3年ぐらい前の話。今は改善していると思う。

しかし1万円以上はいかにも高い。日本のケンウッドから OEM で安いのが出てたのだが、それでも高い。イヤホンは持ち歩くので引っ張ったり落としたりしてどうしても壊すのだ。ER-6iは特にコードが異常に華奢なのですぐに伸びたり切れたりした。それでも好きだったので何台も買った気がする。

ちなみに AEDIO(イーディオ)という販売会社が東京の神楽坂にあって、ここは ER 製品をはじめいろんなヘッドフォンが試聴できて面白いので、機会があったら行かれたらどうでしょう。ER 製品は高いので東京地方の人は試聴してから買ったほうがいいよ。
http://www.aedio.co.jp/kagurazaka/index_k.html

とまれ、ぼくは持ち歩くとイヤホンを壊すということで、2~3千円を限度にいろいろ試して、SONY NUDE EX に落ち着いた。

ちなみに例のノイズキャンセリングイヤホン(電気的に逆位相の音を合成して雑音を消す)というのも試したが、ぼくは苦手だ。なんか人工的に音を消してる感じで、「プールに入ったような」感じになる。ちょっと気分が悪くなるのだ。

KOSS THE PLUG というのがあって、これは陸上用のイヤーウィスパーのように丸めて入れると耳の中で膨らむ。ER-6i にもこの型のアタッチメントがついていたが、とにかく安い。音がぼくには合わなかったけど、面白い試みとして記憶に残っていた。今日まだ売ってるのを見て懐かしくなったものだ。

そろそろ画期的な製品が出て欲しい。装着感が限りなく軽く、遮音性が良くて音質がナチュラルなものが好み。ちなみにエイジングというのは本当で、買ったばかりのはプレーヤーをつないで音楽を大音量で鳴らし、うるさいのでタンスかどっかに入れておいて、24時間も放置すると、ずいぶん音が丸くなる。
スポンサーサイト

<< GTD+K (KNOXBRAIN) | ホーム | 『あずまんが大王』の榊さんの気持ちがよく分かる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。