キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既存のHTMLをWYSIWYGで編集したい

先日、英語の長文は(電子テキストの場合は)改行で区切っていけば訳さないでも意味が分かる、という風なことを書いた。
これ以外にも、自分用(私家版)の翻訳をちょっと作りたいとか、Webページをローカルに保存して編集してみたい場合がある。

ブラウザーにはたいてい保存機能がついているので、それを使えばいいのだが、その場合編集がHTMLベースになる。
WYSIWYGでないし、タグが入っているので、イメージが狂う。
本腰を入れてやりたいのであればそれもいたしかたないが、ささっと見た目通り訳したい場合などはもっと手軽な方法があればよい。

ぼくは以下のようにしている。
まず、IEで「Webページ、単独のファイル(*.mht)」形式で保存する。
このファイル、テキストエディターで見てみるとよいが、MIME形式の電子メールになっている。
画像もすべてbase64になっている。

これを、テキストエディターではなくてWordで開く。
なんだったらdoc形式で保存する。

で、好きなように編集する。
これは超ハンディである。

mhtは汎用そうなフォーマットなので、他のWYSIWYGなHTMLエディターやOOoでもできそうだが、今のところ社用でしか使っていないので上のソリューションですませている。
ちょっとMS固めなのが自分でもヤな感じだが、手軽さに対して効果甚大なので紹介させてもらった。
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

<< お金ハック | ホーム | タントタント >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。