キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語ハック

英語が中途半端にできない。
ぼくは留学したわけでもないし帰国子女でもない。
普通に受験勉強しただけだ。
TOEICで言うと700点とか。800点とか。
そういうのは英語できるといわないとカツマさんの本に書いてあった。
TOEICは900点はいかないと英語出来るとは言わないそうだ。
ゴメンナサイ。

しかし業務で英語を使う上に置いて、それほど困らない。
まず話したり書いたりするのは、真剣にやっていれば困らない。
具体的に言うと、箇条書きにしたり、白板に図解したりすると、そのうち通じる。
ぼくは手帳を持っているのでそれをテーブルの真ん中に置いて、書きながら話す。
日本人相手でもこれはやった方がいい。
「手話」みたいなもんで、ぼくはどんな複雑な内容も自分のボキャブラリーだけで伝える自信がある。
多少時間がかかって相手に労力を掛けるだけ。
それがいかんがな。
スミマセン。

聞くのも、マンツーマンだとそれほど困らない。
I beg your pardon? と言いまくって、分かるまで表現をブレークダウンさせる。
Let me confirm, you mean XXXXX, right? というのもいい。
いや、カッコ悪いのだが、実力がないんだからカッコつけてる場合じゃないのである。

困るのが
(1)講演会のようにだーっと言われる時

(2)長い書類を読まされる時
である。
この解決法を考えた。

(1)講演会のようにだーっと言われる時、については、とにかく耳について聞き取れた言葉をどんどんジョッター(手帳の落書きページ)に聞き書きしていく。
終ったあとは英単語が狂った順番で並んだようになる。
これを自席に戻ったらパソコンで浄書し、自分宛にメールで送る。
これで大体分かる。
あとは必要な場合は「Thank you for your impressive speech. Let me confirm, I understand you said XXXXX, right?」とか講演をした人にメールする。

(2)長い書類を読まされる時、については、これは結構いい方法を考えた。電子書類の場合のみ適用する。たとえば

In May the 20th, a Tokyo public servant announced that a high school girl in Hachioji City, Tokyo, Japan caught H1N1 Swine Flu. She is sixteen years old and goes to the highschool in Kawasaki City, Kanagawa province. The public servant informed that the girl went on a trip to New York city with some school mates and a teacher.

とかだったら(著作権をかんがみて自分で作文した。英語としての正確性は笑って許して欲しい)エディタかワープロで開いて、S/V/O/C/M的な区切りで改行、文の区切りでさらにもう1個改行を入れていく。

In May the 20th,
a Tokyo public servant announced
that a high school girl
in Hachioji City, Tokyo, Japan
caught H1N1 Swine Flu.

She is sixteen years old
and goes to the highschool
in Kawasaki City, Kanagawa province.

The public servant informed
that the girl went on a trip
to New York city
with some school mates and a teacher.

これはプログラムとか使って自動的にやるのではなくて、1個1個改行を手で入れながら読んでいくのだ。
こうすると、驚くほど意味が分かる。
(あとは「Babylon」でも使って辞書をまめに引く)
アントニオ猪木もルネ・デカルトも「大きな困難は小さな問題に分割してから1個1個対処しろ」と言っているわけだが、これを英文読解に援用するわけだ。
これはおすすめ!

ただ印刷文書に使えない。
受験勉強にも使えないのである。
あ、ペンでスラッシュを入れるだけでもいいかもしれない。

In May the 20th,/a Tokyo public servant announced/that a high school girl/in Hachioji City, Tokyo, Japan/caught H1N1 Swine Flu./She is sixteen years old/and goes to the highschool/in Kawasaki City, Kanagawa province./The public servant informed/that the girl went on a trip/to New York city/with some school mates and a teacher.

ううん、イマイチ。
まあやらないよりいいかも。
実運用上は色のついたペンでやるといいかもしれない。

スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

<< テレビは1日30分 | ホーム | モバイル3題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。