キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LPダメ森?

ニュースを見ていたら、日本のエルピーダメモリという会社が台湾の半導体メモリーを作る会社数社と提携し、台湾国家の支援を受けて「台湾メモリー」という会社を作るとあった。

咄嗟に「LPダメ森」と読んだ。
エルピーダという大会社の名前を浅学にして知らなかったからだが、この文字列の中では「ダメ」という言葉の形態素が観念の中で一番強いからだろう。
間が悪いことに、このイヤな言葉が2つの言葉の切れ目をつなぐ形で絶妙に入っている。
残りのLP、森という言葉もあるのが痛い。
あと、ハイシーオレンジとかコージーパウエルみたいなもので、音引きのあとは切りやすいのである。
後ろの「メモリ」に音引きがないのも分かりにくい。
この言葉は音引きつけた方がいいと思う。
単独でも「目盛り」と読み間違える。

調べてみたが、Wikipediaには社名の由来はなかった。
「エルピーダ 社名 由来」で調べたが、会社のサイトにも「ギリシャ語で「希望」を意味する言葉をもとに、日本の半導体メーカ数社によるダイナミック(Dynamic)な事業統合(Association)により成る会社であることを表現したものです」とあるものの、そのギリシャ語の言葉が分からなかった。
結局同じ検索の下の方に「2ちゃんねる」が当たっていてそのギリシャ語は「Elpis」だと分かった。

「台湾メモリー」というと中原理恵のデビュー曲がたしかそんな感じだった、と思って調べたら、全然違っていて「東京ららばい」だった。
検索エンジンを使っていると時間がどんどん経つ。

拙著「すぐわかるオブジェクト指向Perl」の中では「英語はすべて言語の単語区切りで半角スペースを入れる」「音引きはなるべく付ける」という方針を取った。
 ×スターダストメモリ
 ×スターダスト・メモリー
 ○スターダスト メモリー
ぼくの本の他ではMicrosoftのマニュアルの規則がこうなっているが、これは技術書の慣例を大幅に打ち破るものだ。
編集者の方のご理解によるものだが、前からこうしたいと思っていた。
この方針が一番読みやすいと思う。「ラッパメソッド」とか書いてあっても何かわからないよ。
本当は倉橋由美子方式で英語は全部原語で行くのが筋だとも思うが、それはそれで発音が分からない。
英語は綴りが不規則なのだ。
ぼくは初出は()囲みで原語と翻訳を入れている。
 スターダスト メモリー(stardust memory、星屑の思い出)
これだと完璧だ。
英語が分かり、発音が分かり、意味が分かる。
2回目以降も切れ目が分かりやすい。
みなさんこうしましょう。
スポンサーサイト

<< 顔ハック | ホーム | ♪負けないこと逃げ出さないこと >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。