キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不慣れなマドリード旅行記(3)荷物その1、カバンと衣類、洗濯系

さて飛行機の予約が出来たら荷物であろう。
海外旅行なんてめったに行かないので、こういうときこそネット情報を頼りたいところであるが、人によって目的も考え方も違うし、ネットなんて情報、広告、ネタが入り乱れていて本当に苦労した。
いろいろ逡巡の結果、以下はたどり着いた結論である。

★スーツケース


これは帰郷用に持っていた。
ぼくはホームセンターで買ったのだが、たぶんこのタイプの大きさのものであると思われる。
このカギが重要で、TSAタイプというものがよい。

テロがうるさい最近、アメリカでは、基本、スーツケースにカギは掛けられないことになっている。
掛けたら、空港警備隊(?)によってカギを壊されても仕方がないことに決まっており、これは飛行機に乗る契約の中に入っている。

例外がTSAロックで、これは普通の人には空けられないが、警備の人には空けられる特殊なロックである。

今回世界の同僚が集まる会議に参加したのだが、みんな結構小さな荷物を持っていた。
でもぼくはこれでも結構ギリだったと思う。

なお、飛行機の荷物の大きさは厳密に決まっていて、飛行機会社とクラスによって違うから確認した方がよいが、めったなことではオーバーしないのではないか。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

不慣れなマドリード旅行記(2)飛行機のチケットについてⅠ

急に通しタイトルとタイトルの命名規則が変わってしまったが、やっぱりある程度時系列に、しかしある程度まとまった内容で切りながら書くことにする。

会社から「eチケットレシート」というものをもらった。
これは成田<=>アムス間、アムス<=>マドリード間の往復、計4便の旅程が印刷された紙に「eチケット番号」が書いてあるものだ。
この番号を使って空港で手続きすると、搭乗券が出てくるということだ。
ちなみに搭乗券のことをボーディングパス(boarding pass)とも言う。



旅行の直前になって、KLMのサイトでメンバー登録をしてサイトの内容を渉猟した。
日本語でいろいろ詳しく書いてあるが、なんとこの時点で座席が指定できた。
インターネットチェックインと言う。
旅行好きの人のサイトに行くと、空港で席を交渉するテクニックが色々書いているが、パソコンが使えるならばインターネットチェックインが面倒がなくていいようだ。

続きを読む »

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

おのぼりさんの海外旅行(1)パスポート編

11月27日(日)から12月5日(月)まで、海外出張に行ってきた。
行き先はスペイン、マドリッドである。

ぼくは旅行の趣味がほとんどまったくない。
もともと身を持ち崩してしょうもないことに無駄遣いするタイプであって、お金が身につかない。
めんどくさくて計画も立てられないし、立てたら立てたで時間通りに計画するのも苦手である。
だから自分で、特に海外と言うのは行ったことがない。
今まで行ったのはいずれも出張であって、米国西海岸が2回、台湾が1回で今回が4回目である。

では行っても楽しくないかと言うと、行けば行ったで楽しいのである。
今回も非常に楽しかった。
もし面倒くさくなければ、自分でも何回も行きたいと思う。

しかしながら、経験が少ないので、非常に無駄なこともしていたし、こうすればよかったということもいろいろあった。



ということで、今回は旅行記も兼ねて、いろいろ旅行に関係あることを記録して行こうと思う。
海外行かない人の参考にもなればいいと思うし、とりあえず自分で次回行く時の参考にはなるだろう。

続きを読む »

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。