キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間畑ワークショップ@渋谷

木曜日、19時から、代官山「風土カフェ 山羊に、聞く?」で開かれた、シゴタノ!大橋悦男さんの「時間畑ワークショップ~「いつか」を「五日」で実現する方法 第2回」に行ってきた。

急にセミナーとか立て続けに行きだしてどうしちゃったのと言われそうだが、先週の土曜日のセミナーでテンションが上がったのが3連休の始め方としてすごくよかったので、今回も味をしめて行ってみた。

このセミナーはこの本で書かれている内容を、5回に分けてセミナーで実践してみようというもの。



電子書籍版もある。内容は同じ。

今を大切にして成果を5倍にする「時間畑」の法則

電子書籍版はiPhoneに特化されていて読みやすく、なんと言っても価格が安い。iPhoneを持っている人はこっちがオススメ。

ぼくはセミナー前日に買って読み始めた(泥縄だな~)のだが、いきなり役に立つことがいっぱい書いてあってイイ本。
たとえば最優先課題をいつもノートに書きだしていると、チャンスが訪れた時に咄嗟に口に出てくるようになり、チャンスがモノにできる、という話で「夜空に流れ星を見つけたら、それが流れ去ってしまう前に願い事を言い終える、それができればその願い事が叶う、という話がありますが、まさにチャンスは流れ星のようなものと言えるからです」と書いてある。
確かに! 流星を見つけたとき願い事が言えるというのはそれだけ願い事が切実に血肉化するほど意識されているということで、そこまで意識すれば願いも叶うだろう。

ということで、本も面白かったのでセミナーも期待していた。


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

タスクカフェ@渋谷

2011年9月17日、渋谷フラッグス貸会議場に置いて「シゴタノ!」さんの「タスクカフェ」に行って来た。
以下レポート。

タスクカフェは、GTDにおける「週次レビュー」の作業を、好きな人が集まってやってしまおう、という企画。
シゴタノ!さんのTwitter(@shigotano)から「あと2席です!」という案内ツイートが来たのが15日木曜日の夕方。

それであわててオンライン申し込みをすると自動返信メールが来て、それに支払い(3千円デコボコ)をすると手続き完了。
ぼくはPaypalで支払った。
ちなみにその夜には満席になったようだった。
全30席。

ということで、ぼくはかねて自作のテキストファイルToDoシステムを持っていこうと思っていたのだが、法事で全然メンテしていなかったので、仕切りなおしと一緒だ。
ということで今回は講義に集中するために、シゴタノ!一押しToodledoを使ってタスクリストを一日で作って行った。
めちゃくちゃ泥縄!w

土曜日。朝9時開始。
これは結構キツいよ。
土曜の朝とか昼過ぎまで寝ているのである。
でも、行ってみると、土曜の朝からこんなガッツリ勉強会をすることに第一の大きな意義があるんだと思った。
一日が長い!w

場所は渋谷東急本店フラッグス8階の会議室。
土曜日の朝早くから数多くの勉強会が開かれているらしかった。

電源がないかもしれないですと案内に書かれていたが、一応Macbook Air、iPad、iPhoneを持っていった。
3つ重ねるとスゴいね。
最前列のプロジェクターの横に陣取り、かねて持参のテーブルタップを講師の大橋悦夫さんに渡して使ってもらった。
単純にMBAを持っていったら足りなかっただろうから、電源を持っていってよかった。

↓↓↓この本めちゃ面白そう。


最初大橋さんと、佐々木正吾さんの30分ぐらいのお話があった。

↓↓↓この本は超役に立ちました。


以下、全然網羅的でないのだが、手書きメモの範囲で印象に残った話。

続きを読む »

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

ぼくとToDo~第3回~テキストファイルでのタスク管理と紙copi.net(一応完結!)

ToDoについてダラダラ書いて来たけど、法事とかあって遅れてしまった。
一応ここで完結する。

【これまでのあらすじ】

Webサービスはビジュアルにリッチ過ぎ、スピードが遅かったり、マウスの動線が大きくなってしまったり、微妙に不要な機能が目立つところにあったり、必要な機能がない(あるいは見つからない)ということがあって、Remember The Milk、Nozbe、Todoistいずれも有料会員になったのだが挫折した。

腕に覚えがあれば、理想のシステムを構築すればよい。
でもそんな暇はなかなかない。
であれば理想のシステムを夢想しつつ、紙ベースかテキストファイルベースでそれをシミュレートすればよい。

紙ベースのタスクシステムはなかなかオツなものであって、それで回している人はいっぱいいる。
でもぼくは発達障害的に物理的なモノを管理できないから諦めた。

ということで、今回はプレーンテキストによるタスク管理を考える。


続きを読む »

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

第1271回「あなたの節約術を教えてください!」

こんにちは。 トラックバックテーマ担当の水谷です。今日のテーマは「あなたの節約術を教えてください!」です。水谷は、閉店前のスーパーマーケットに行って割引されている食べ物を買うことが多いです。賞味期限は短くなっていますが安く買えるのでオススメです。あとは・・・これもスーパーマーケットでの話ですがビニール袋をもらわずにエコバッグで持って帰るとポイントを貯めることができるシステムなどがあるのでそういうシ...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたの節約術を教えてください!」



ひさびさにFC2ブログテーマに参加します。

ぼくは中年の独り者であって、三食全部外食であるので、カナーリお金を使う。
家賃、四大料金(電気、ガス、水道、電話)は引き落しであるから、それ以外の現金支出を考える。
まあざっと一日5千円、月15万円ぐらい使う。
書いててウソだと思った。
それほど使わない。
でもそれぐらい見ておけばまず間違いない。
実際には2千円前後が多い。

で、まあ5千円は使っていいものと考える。
まず給料日に(新生銀行なのでセブンイレブンから手数料ナシで下ろせる。こうしておけば、辺鄙なセブンイレブンを使えば給料日であってもまず並ばない)15万円下ろす。
で、それを銀行に行って、全部五千円札にする。
以前は郵便局でやっていたが、ゆうちょ銀行はしみったれていてやってくれない場合が多い。
これもやってくれる店を探した方がよい。
最近は横浜銀行本店を使っているが、あまり待たされない。

で、それを家に管理する。
ちょっとコワいけどまあ15万円だから許容範囲か。
で、それを一日一枚シュッと出して使うのである。

上限5千円。
でも実際にはそんなに使わない。
で、余ったらお小遣い箱にジャラジャラ~と戻す。
で、シュッと5千円出す。
毎朝、家を出る時は5千円もって出掛ける状態にする。

家で余ったお金を戻す時は、いくら入っていたか書いてもよい。
一日の総支出学だけは把握するのである。
これならいくらズボラでも出来るだろう。
でも、どうせ5千円に収まるので、これをしなくてもよい。

場合によってはキャッシュカードを持ち歩かないことも出来ると思う。
でもぼくはコワいので一応持ち歩いている。
でもホントに使わない。

飲み会的なことはカードでまかなっている。
カードが使えない高級店がたまにあるのがショックだが、ポイントカード入れに1万円は入れている。

この5千円管理法、まだ3ヶ月しか経っていないが、本当に節約できる。
今までがだらしなすぎただけであるが、要は無駄遣いする人は、無駄食いする人と一緒で、一時的に気が変になってパーパー使っているのである。
それさえこらえれば無駄な支出はなくなる。
それでも使いたいものはカードやアマゾンで買う。
それはバッチリ記録に残るので、自覚的な支出であるから今はしょうがないとしている。
まずは無駄な買い食い、無駄な本などを減らす段階である。

あとお金の節約はこの本が参考になった。



池田暁子さんの本は結構役に立ち、あまりエラソウでないのでオススメ。

ぼくとToDo~第2回~理想のToDoシステムを夢想する

さて、一通りいろんなToDoに挫折するといいことが一つあって、自分がToDoに求めているものが分かるようになる。
人のやり方に乗ってみることで、いろいろ不満がたまってくる。
この不満を解消する方向で、理想化された方法を考えればよい。

もっとも、ちょっと面倒なことがあって、自分に取って理想的が存在しない場合は、作らなければならない。
JavaScriptかなにかを作ってWebアプリを作るか、他のネイティブ言語を使ってローカルアプリを作るか・・・。
場合によってはExcelVBA・・・。
考えただけで超メンドクサイ。
何かをするために、ToDoリストを書くのだが、そのToDoリストをつけるためにシステムを作るのは、やはり「やりすぎ」だ。
そんなに若くないのである。
時間はすぐ過ぎてしまう。

・Remenber The Milkや、Nozbeや、Todoistのようなシステムに乗るのも挫折
・自前のシステムを起動するのも無理目

であればどうすればいいかというと、以下の方法が考えられる。

・理想のシステムをもし作れたらなあ~、ヒマさえあったらこんなの作るんだけどな、とあれこれ夢想する
・手元の代用品で作れるシステムを考え出す

この2つが考えられる。

この2つは平行して行うことも出来る。
手元のものを使ってToDoシステムモドキをいろいろ作っている間に、もしこれが専用システムだったらこうなるんだろうなあ~、と考えればいいのである。

さしあたりのプラットフォームとしては紙ベースが考えられるであろう。
システム手帳を使ったシステムはぼくもいろいろ考えて、このブログの過去にも書いてきた。

紙ベースのシステムで完成の域に達してしまう方もいる。
RHODIAのノートを使ったGTD+Rというのはなかなかスゴい。



ロディアのノートは例の「筆談ホステス」の方も使っているそうで、なかなかその書き味は定評があるそうだ。

続きを読む »

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。