キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お暮らし

選挙。
民主党がガッと勝った。
やっぱ、選挙の投票も競馬の勝ち馬投票と一緒で、ある程度勝つ見込みがないと投票したくならないのではないか。
そういう意味で、今回は自民党が本当に負けそうだし、本当に負けたって別にかまわない、一回負けるところを見たい、と思った人がガッと投票所に行ったようだ。

まあ民主党にはがんばって欲しいが、ハトヤマさんの「お暮らし」という妙な敬語が気になる。
「国民の皆様おひとりおひとりのお暮らしが」とか言うのである。
そんな敬語ないのではないだろうか。
スポンサーサイト

おやつハック

会社の休憩室のことをリラクゼーションルームとかレクリエーションルームというが、英語で略してレックというらしい。
というのをある日辞書で知って一時気に入って使っていたのだが、外人、日本人両方通じた試しがない。
本当にレックなんて言うんだろうか。
でもぼくとこのブログの読者の間では、休憩室はレックということで合意を形成したい。
あと読者有志のみなさんにおかれては、めいめいの会社でこれを流行らせてほしい。
いいですね。
レック。
レック行ってお茶飲もうよみたいな。
まあそんな、ルー大柴とかトニー谷みたいに日常会話に英語をはさむ必要はないのだが。

さて、レックでエスキモーのピノとか、柿とか、羊羹とか同僚間で分けて食べるとき、突き刺す棒がなくて困る。
爪楊枝でも買って置いておけば、あれ1つのパッケージにすごく入っているので10年ぐらい持つと思うが、なかなか買ってくるのを忘れるのである。
GTDの失敗だ。

こういうとき、「ユニマット」などのコーヒーの会社が置いていく、ゴミみたいな小さい細長いスプーンが便利である。

20090827spoon1.jpg

かきまぜるのにしか使えないが、先っちょに申し訳のように小さいスプーン部がついている。
何の役にも立たない。
俺はスプーンだゾという象徴のようなものだ。
役に立たないどころか、これがあるから刺し棒として使えないのである。

これを折り取ってしまう。

20090827spoon2.jpg

モノにもよるが、何回かクネクネ折り曲げると、金属疲労というかプラスチック疲労? を起こしてポキッと折れる。
こうすると実に良好な刺し棒として使える。
爪楊枝よりも贅沢な使用感である。
これ、やると、絶対他の人に感心される。
みなさんお試しください。

さて、会社でおやつを食べていると、あまりにも話が盛り上がってしまって職場復帰できないときがある。
先に立つといけすかないやつ、出来杉君のように言われるのである。
それは大げさか。
ともかく、立ちにくい。
こういうときぼくが愛用している決まり文句があって、「ちょっと仕事してくるわー」というのである。
なかなかユーモラスであり、悪い印象は与えない。
最近はだんだんそれが流行ってきて、短縮され、「ちょっとシゴってくるね」というところまで変形したけどそれはどうか。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

ふだんPerlを使っている人がExcel VBAを使っていて感じる面倒くささ

こういう話をするときは面倒くさいんだけど、逆の人は逆に感じると思うよ。
どっちがいいとかそんな話をしているわけではない。

Set mySheet = ActiveSheet.Copy(After:=ActiveWorkbook.Sheets("Summary"))

という文がある。

何気ない文である。
現在見ているワークシートをコピーして、Summaryというシートの後に挿入し、そのシートオブジェクトをmySheetに設定する。

これが面倒くさいのである。

まず、Setを忘れる。
Setは普通の文字列とか数値とか、そういうスカラーのときはいらない。
シートとかそういうオブジェクトのときはいる。
どっちかすぐ忘れる。

忘れるとどうなるか。
「オブジェクトはこのメソッドをサポートしていません」と言われる。
ええっ何を言っているかわけがわからないよ。

で、右辺の

ActiveSheet.Copy(After:=ActiveWorkbook.Sheets("Summary"))

であるが、引数をカッコに入れて関数形式で渡している。
これを、

ActiveSheet.Copy After:=ActiveWorkbook.Sheets("Summary")

のようにカッコを省略して演算子形式で書こうとすると、怒られる。
今度は入力するなり怒られるのである。
「コンパイルエラー 修正候補:ステートメントの最後」と言われる。
だからわけわかんないって。

まあ、この式の右辺に演算子が来れてカッコが省略できるというのは、Perlが異常なのかもしれない。

問題は、

ActiveSheet.Copy After:=ActiveWorkbook.Sheets("Summary")

を Set 文の右辺ではなくて単独に書こうとしたとき、つまりワークシートのコピーだけしてそのシートをオブジェクトに取らなくていいときは、カッコを省略しないと怒られるのである。

ActiveSheet.Copy(After:=ActiveWorkbook.Sheets("Summary"))

これだとダメ。
今度は実行時に怒られる。
「プロパティの使い方が不正です」と言われる。
いいじゃん、関数を単独で書いて文にして戻り値を捨てたって!

難しいことはよくわからないが、上記の2つに関しては、言語仕様の手抜きのような気がする。
もっと好きに書かせてほしいのだが、それだと言語を設計する方が大変なのだろう。

さて、微妙に別の文だが、

Set myWorkSheet = ActiveWorkbook.Sheets("Uriage")
if myWorkSheet is Nothing Then
。。。

みたいなコードを書こうと思った。
Uriageというシートを探して、もしなかったら作れよ、みたいな。
これが怒られる。

ないシートを参照に行くと「実行時エラー '9'」になるのである。
だからわけわからないって!

この場合は

On Error Resume Next
Set myWorkSheet = ActiveWorkbook.Sheets("Uriage")
If Err = 9 Then
。。。。
End If
On Error Goto 0

みたいにしないといけない。
(Workbookのプロパティをイテレートするとかもっと穏当な書き方があるけど、上のが速い気がする)

このコンパイルエラーと実行時エラーが乱れ飛ぶ感じ、エラーメッセージが一切実り多い情報をくれない感じがすごい。

いや、よく知らないのに生兵法でいじっているこっちが悪いので、正規の教育を受けた人なら引っかからないのだと思うのだが、とりあえず苦労している。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

メガネ体験

以前から目は悪かったのだが、先月あるときを境に急に悪くなった。
糖尿病性の白内障とかかと思って、泡を食って会社を休んで病院に言った。
名医の誉れ高い医者に診てもらったのだが、待合室には老人がいっぱいいて(いや、ぼくも老人の戸ばくちだし、具合が悪かったらいくらでもいてもらっていいのだが)2時間弱ほども待たされたあとで病気は全然ない、普通に目が悪くなっただけ、と言われた。
いや、普通に目が悪いと困るんですけど、と抗弁すると、ウチは専門が違うから、普通の眼科に行ってと言われた。
普通の眼科ってなんだよ。
不承不承その近所のメガネ屋つきの眼科に行ってみると、そっちはおそろしく空いていた。

でもいまどきの視力検査は面白くて、いろいろやっているうちに機嫌が直った。
たしかにメガネを掛けるとウソのようによく見える。
今までガマンしなければよかった。
で、メガネを作ることになったのだが、病院の横についているのがいわゆる老舗のメガネ屋で、ぼくは人生初メガネだから勝手が分からない。
まず何十万円もするようなブランドメガネを見せられたが、そもそもメガネを掛けるとどんな感じがするものなのか、ぼくはメガネ生活に耐えられるのか、そもそもぼくという人間にとってメガネとは何なのかも分からずにそんな高いものをパーパー買う気にならない。
貯金が趣味になったぼくは昔のぼくと違うのである。

はかばかしくない反応をしていると、雰囲気を察した店員が激安のメガネを出してきた。
この店員ものすごい美人の若い女の人で最初は好感を持っていたのだが、どうも勧め方がよくなくて、いろいろ見せてくれないのである。
高いのはこれですね、安いのはこれですね、どっちにしますか、みたいな感じ。
書いてみると大げさだけど本当にそういう感じなのだ。

もっといろいろ、どういうメガネはここがこうで、こういうメガネを掛けると顔がどうなるとか、そもそもメガネの起源はですねえとか、まあそれは大げさにしても、いろいろ話を聞かせてこちらの不安をやわらげて欲しかったのだが、全然そういう感じではないのである。
でも目は見えたほうがいいので勧められるままに激安のを1個買った。
聞くとぼくのレンズは在庫がないので「1週間後に」また来いという。
そんな、急に目が見えなくなって困っているのに。
でも、人生初メガネなので、勝手がわからないのでそういうものかと思って帰ったのである。

一週間後買いに行った。
激安とは言え、メガネだからそこそこする。
7千円ぐらい。

で、掛けてみるとあまり楽しくない。
重いし、ズレる。
疲れる。
そのうちうっとうしくなって外してしまう。
目が見えない。
疲れる。
行くも地獄、帰るも地獄。
冥府魔道である。

意を決して別のメガネを買いに行った。
メガネ界のユニクロといわれる「Zoff(ゾフ)」である。
ぼくは横浜の岡田屋モアーズ店に行った。
ゾフがなぜメガネ界のユニクロかというと、中国製のレンズで激安メガネを薄利多売している。

熱心な店員が別のお客さんに説明しているが、呼ばないと来ないシステムらしく、ぼくは説明を求めずにいろいろ掛けてみた。
なんとなくぼくは自分の顔がデカいと思っていて、フレームも視界に入らないからデカいメガネが合うと思っていたのだが、小さいメガネのうちの1つがするっと顔にフィットした。
なにこのフィット感!
これだよこれ!
ていうか、少しずつ違うメガネがあるから、すごくいろいろ掛けてたらいつかガシッと合うのだろう。
偏見を持たずにいろいろ掛けてみるのがよい。

で、老舗でもらったメガネのスペックシートを見せると「では45分立ったらお越しください」だって。
思わず耳を疑った。
老舗では1週間掛かったのに!

で、そのメガネを今も掛けているわけだが、こんなしょうもないブログを夜中に書くのに(自分でしょうもないブログとか言うなよ)メガネを掛ける気になるなんて、メガネ人生で初めてだ。メガネ人生って言っても先月からだけどな!

いや、なぜみんなメガネ掛けたがるかわかったよ。
ラクチンラクチン。
老舗はダメだな。
ていうかゾフ最高。
ユニクロと一緒で、ゾフも合う人と合わない人がいると思うけど、ぼくにはピッタリ合った。
安いから色を買えて何個も作ろうかな。
横浜のゾフはすごく流行っていて活気があった。
ユニクロもそうだけど、流行ってる店は活気があるし、みんな買うから品質もむしろよくなるのではないか。
世間では不景気がどうのと言っているが、安かろう良かろうのいい時代になったのではないか。
いや、そんな、メガネがちょっと合ったからって自分浮かれすぎだから ;;;

横浜の岡田屋モアーズは他にも、イチから部品を集めて作れるアクセサリー屋さんとかあって、いや別に俺はオッサンだからイチから部品を集めてアクセサリーを作る趣味なんかないんだけど、あんまり混んでなくていい感じだった。
モアーズにはちょっと偏見があったんだけどなかなかいいな。
服屋さんも結構よくて、ちょっときれいなシャツがあったんだけど、明らかにサイズが小さくてそっちは残念だった。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

小学生のように記録する

ここ数年システム手帳にハマっていて、ずいぶん人生も向上したような気がするのだが、ぼくのシステム手帳術とかオリジナルリフィルとかは、どうもそういうのを公開している他の人に比べると、カッコ良さと言うか、システム手帳という言葉が当為として要求するエグゼクティブ感に欠ける気がする。今日紹介するリフィルも例に漏れずカッコ悪さの極致である。

ずっとダイエットしていて、体重を気にしているが、体重は毎日毎週、朝晩記録すると良い。
前から書いているが、本チャンの記録は専用のWebサービスがあるのでそれを使えばよい。
ぼくは「ダイエットマメブログ」を使っている。
しかしながら、体重を量ってパソコンに入力するまでの間にタイムラグがある場合があり、また、パソコンに向かって特定のWebページを見ている間以外もここ数日の体重の変化は気にした方がよい。
ということで、以下のようなリフィルを作って毎日記録することにした。

20090824dietlog.png

毎週1枚、7日分記録できる。
日付が前もって入っているのがパソコンで印刷しているラクさである。
早寝早起きも最近励行しているのでそれも入力する欄がある。

小学生のようで、大の大人がこんなのをチマチマ付けて持ち歩いているのは情けない気もする。
しかしながら、お菓子とか無自覚に食べて太ってしまうような人は、もともと情けないのだ。
これぐらいやらないと自己管理ができないのである。

あと、最近貯金にも凝っているが、これも毎日記録すればよい。
家計簿もWebサービスがあるが、ぼくは「記帳風月」というフリーウェアを使っている。
これをデータ(AccessのMDBになっている)やiniファイルもろとも、アプリケーションと一緒にDropboxに置いて、どこのパソコンからでも同じファイルに入力できるようにしている。

しかしながら、パソコンを開いていないときもここ数日の金遣いは気にした方がよい。
ということで、以下のようなリフィルを作って毎日記録することにした。

20090824moneylog.png

8月23日の夜、家計簿を付け終わると、今月の可処分所得(貯金は給料日に天引きしてしまうので、その月使える分しか残らない)の残高が出る。
で、それを8月24日の残金の欄に書く。
で、給料日まであと何日かを書く。
で、残金を残り日で割った値を平均の欄に書く。
これは給料日まで1日大体いくらぐらい使えるかを書くものである。
この値が下がってくると引き締めた方がよい。

で、8月24日の夜、家計簿を付け終わると、翌25日の残金の欄を埋める。
で、25日の残金から24日の残金を引いた値が、今日使ったお金であるから、それを24日の使用の欄に書く。
で、主な出費の欄に、今日特に目立った出費項目を書いておく。

小学生のようで、大の大人がこんなのをチマチマ付けて持ち歩いているのは情けない気もする。
しかしながら、バカみたいに無駄遣いして月末苦しむような人は、もともと情けないのだ。
これぐらいやらないと自己管理ができないのである。

さて、可処分所得について。
月末に給料が出てすぐは引き落としがまだ来ないのでアホみたいにお金が残っている。
このかりそめの金持ち状態で浮かれて使ってしまうので注意が必要だ。
文章にすると本当にアホみたいだが、人間の行動というのは本当に底知れないものだ。
この人間の狂気をいかに制するかが貯金の成否を分ける。

まず貯金をガッとしてしまう。
それは前に書いた。

で、その後、家賃やいろいろ振りこみを済ませたら、先月使った携帯代や、電話代や、ガス代などを、今月の見込み費用と思って全部家計簿に記入してしまう。
で、実際に引き落とされたら、見込みの値を修正入力すればよい。
これは物理家計簿ではできないワザである。

これが全部終わってから、給料日までの日数で割ると、大きく外すことはない。
この値を次の給料日まで維持させるのが理想であるが、買い物リストを見て、本当に買いたいものがあればこの時点で買ったほうがよい。
ある程度「自分ちゃん」も可愛がってやらないと後で復讐される。
何につかったかわからないで、ふらふら蒸発させるのが一番よくないのである。
ああ自分ちゃんのなんと手の掛かることか。
でも手の掛かる子ほどかわいい。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

ライフゆるハック:携帯ビフ

ここ数日のぼくのブログを読んだ人は、ぼくがいかに近所の騒音、営業電話、迷惑メールなどのプッシュな情報を忌み嫌っているか、フォビア(恐怖症)と言えるほど恐れているかがお分かりいただけると思う。
ものすごい集中したい方なのである。
でも、集中したい、しゅうちゅうしたい、と喧伝しているということは、裏を返せばいかにアホみたいに気が散っているかということであろう。

さて、電子メールに関して言えば、常に届いた瞬間に知りたいほうである。
逆ではないか、と思われるが、気が散る人にも流派がいろいろある。
ぼくは、電子メールが今届いているかが分かっていないと、「もしかして電子メールが今届いているのではないか」という雑念が湧いて気が散る方なのである。
どこまで気が散るねん。
一種の病気だと思う。

さて、そういうことで、Gmailにメールが届いているか、携帯に転送して確かめている。
携帯とGmailの統合は日本通信Connect Mailを使う派だったのだが、やめた。
Connect Mailを使っている間は、iモードに接続できない。
その間に、携帯メールが届いているか気になるのである。
携帯メールは完全に廃止して、Gmailに統一する予定だったが、無理だ。
携帯メールにしか対応してくれない組織というのは具体的に存在している。
具体的に言うと親兄弟、パソコンを使う習慣のない友達、そしてアイドルのファンクラブだ。
これらがこの世に存在する限り、携帯メールというものは、来る。
だったら携帯メールに統一するしかない。
ということで素直にGmailを携帯に転送することにした。

携帯は受信だけ、もっと言うと着信を通知装置として使う。
昔Biffというプログラムがあって、メールが届いたかどうか教えてくれていた。
実際にはポーリングしているので、疑似プッシュである。
Outlookなどのメールと一緒だ。
ビフというのはバック・トゥ・ザ・フューチャーに出てくる悪役の名前でもあるが、プログラムの方の由来は違っていて、バークレーで飼っていた犬の名前だそうだ。
この犬が、郵便配達人が来るとすごく吠えるので、犬の吠え声を聞いて、大学で研究していた人は郵便の到着が分かって、便利だったそうだ。
そこで、それになぞらえて、メールが着信すると表示が出るプログラムを考えて、Biffと名づけたという。

Gmailを携帯メールに転送すると、Gmailが到着するとピカピカ光る。
当然携帯メールが届いてもピカピカ光るのである。
これを見れば、今メールが届いていると知ることができ、時間が空いたらメールをチェックする。
サッと差出人と題名だけをチェックして、緊急の用でないことを知るぐらいなら、作業中にしてもいいような気がする。

これがリーズナブルなソリューションなのは、ぼくという人間がメールがほとんど届かない淋しい人間だからだろう。
今まで「メールをチェックする」という行為は、実際に届いたメールをチェックするというよりも、メールが来ていないかGmailを見るのに多大な時間を費やしていたことがわかる。
携帯ならピカピカ光っているかどうか見ればよいので手間いらずだ。

おかげさまで本ブログもコメントやトラックバックを寄せてくださる人がチョコチョコいる。
これも、メールで通知するモードにして、携帯に転送している。
便利だ。

人のブログのチェックだが、RSSリーダーというのを使えばよいとされている。
携帯にもついている。
しかしながら、このRSSリーダーと言うの、ちっとも使いこなせないでいた。
もう1つやっかいなチェックしなければいけないアプリケーションが増えただけにしか思えなかったのである。
しかしながら、RSSのフィードを得て、メールで送ってくれるサイトというのがあると知った。
昔からいろんなサイトがあるようだが、ぼくはMAILPIAというのを使っている。
沖電気がやっている。
日本の、それも大企業がやっているというのが、完全な偏見なのだが、安心感がある。

これで、人がブログを更新したかどうかもメールで分かる。
ネットで起こっていることで、自分に関係があることは、すべて携帯がピカピカ光るかどうかでチェックできるのだ。
携帯なら電車でも、場合によってはエレベーターでもチェックできる。
便利べんり。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

捨てにくい

休日、家の周りを、不用品の回収車と言うのが回っている。
あっこれ前にも書いたね。
まあもう1回書くか。
休日、家の周りを、不用品の回収車と言うのが回っている。
「不用品の回収車」と名乗っているからそう書くが、私企業が勝手にやっている。
大音量のスピーカーで声を流しながら、アパートの回りをグルグル、グルグル回っている。
うるさいことこの上ない。
何かの法律に違反していると思うが、みんなガマンしている。

さて、長い間安物のイスを使っていたのだが、だんだんガタが来て腰も痛くなってきた。
こういうのにあんまりお金を使わないところが貧乏性だ。
週末に東急ハンズに行くと、びっくりするほど高い。
携帯電話でチョイチョイとウェブを調べると、中古のOA商品というのがあちこちで売っている。
ぼくは秋葉原の、万世橋を越えたあたりにある店に行った。
あそこは結構いいよ。
事務所って、広げては見たものの事情があってすぐ畳んだりするから、中古のOA商品というの、結構大量に出る。
不景気なことでもあり、廃棄にも輸送にもお金が掛かるから、そのまま置いておけばいいと思うのだが、日本人というのは潔癖症なのか、一度使ったものは中古になって、場合によっては捨てられる。
アメリカ当たりでは、家具付きのアパートというのが多くて、場合によっては食器棚にお皿が入っていたりする。
あれは合理的で、アメリカ社会の流動性の一因にもなっていると学校で習ったが、自分の気持ちになると、ううん、どこの誰が使った食器とか使う気にならない。
閑話休題。

それでいい買い物をして、古いイスがいらなくなった。
「不用品の回収車」は基本的にテレビやICの入っている製品を引き取って、中国に送り、中国の人は公害もあらばこそ硫酸でガンガン溶かしてしまって、ICに入っている金(きん。Au)を取り出す。
橋の下でやっている。
設備費も人件費もタダだから、そんな商売でもペイする。
むしろ大儲け。
それでやっているのだが、テーブルでもイスでもバイクでもなんでも引き取ってくれるというので、イスを出してみようと思った。

うるさい声がしたので下に降りていったが、あのトラック結構早く走っていて、走って追い掛けた。
商売する気あるのかよう。
で「イスなんですけど」というと、運転手の人が、まあ言ってはなんだがいかにも、最近の若い人の用語法で言うところのディー・キュー・エヌの人なのだが、イスいいですよ、と笑顔で言った。
それから大変な思いをして階段を降りて持っていったのだが「イスだけですか」と変なことを言う。
「イスだけですが」というと「じゃあ千円になります」としれっと言った。
ふざけるな。
ぼくは運転手の人を咄嗟にガツッと殴りつけた。
ウソ。
ウソですよ。
実際には小さい声で「千円もするならいいです」と言って、怖いから運転手の人の顔も見ずに別れ、またイスを持って階段を登って上がった。
重かった。
せっかくいいイスを買ったのに、この騒動でまた腰を痛めたのである。

やっぱり私企業はダメだ。
ぼくはうまれて初めて粗大ゴミの公的回収というのをやってみた。
今までやったことがない。
ではどうやってやっていたかというと、ぼくは部屋が片付けられないちょっとした心の病を患っているので、ときどき目が飛び出るようなお金を払って「便利屋」さんに部屋を片付けに来てもらうのだが、そのときに適当に出していた。
そんなぼくだから、イスを持ってもらうのに千円ぐらいどうということはなかったのだが、最近貯金に凝っていて、この千円がどうしてももったいなかった。

で、まずネットで電子申請と言うのをやってみた。
川崎市である。
これが面倒くさい、メンドクサイ。
ぼくは地球が100人の村だったら、まあベスト10に入るであろうコンピューターの専門家である。
そのぼくが、うんうん脂汗を書きながらやった。
まず会員番号を作って・・・仮登録をして、メールが帰って来るのを待って・・・朝の6時になったのだが「30分ぐらい掛かる時がある」と書いていて、本当に30分掛かってビックリ。
それからもう1回申請画面に行って・・・IDとパスワードを入れて・・・。
待ち時間を入れて1時間ぐらい掛かった。
こんなの、フツーのその辺の、最近のブームに乗ってパソコン買った人は絶対できないよ。
川崎市だけが特に難しいのだろうか。
最後に確認画面というのがPDFになって出るのだが、PDFが壊れていてどうしても開かない。
「PDF Corrupted」という字が画面の隅に出る。
何回やってもそうなのである。
結局1回ログオフし、もう1回「電子申請」画面にログインして「履歴」を見て申請が終わった。
それで終わりではなくて、コンビニでチケットを買って貼り付けて終わり。
8月18日に申請して取りに来るのが9月1日。
14日待たせるのである。
14日間、古いイスを置いて暮らさなければいけないのである。
これがベッドだったら、14日間古いベッドをアパートに置いて暮らすのだろうか。
どこに?
回収の日に合わせてセーノで買い換えるの?
平日に?
そんなバカなー。

気になるお値段だが、500円である。
500円の節約である。
これ、イスだから500円で済むのだが(小さいイスなら300円)大きいものはもっとする。
これ、ぼくが子供の頃はタダだったのだが、まあそれを言っても仕方ない。
しかし、ここまで苦労するのを時給に換算するとバカみたいだ。
例のトラックの人に持って行ってもらうべきだった。
ていうかこれ、絶対川崎市役所の人捨ててもらいたくないと思ってるよね。
田舎の道を車で通ると草叢に色んな物が転がっていて、ああ人道地に堕ちたりと思うのだが、むべなるかなである。
ちょっと道徳心がなかったら捨てちゃうよ、こんなもの。

話は変わるが、万歩計の電池が切れた。
ボタン電池である。
半年持つので、いつかは切れるということを忘れてしまう。
で、コンビニで電池を買ったのだが、古いのをどうやって捨てるべきか。
水銀が間違いなく入っている。
ちょっと検索したけど、おびただしく難しい。
捨てちゃうよね、普通。

もうちょっと頑張って検索したら、ボタン電池回収協会みたいな団体があって、加盟店にボックスがあるということが分かった。
でも加盟店が少ない。
川崎市中原区に5~6件しかない。
横浜市西区にも5~6件しかないのである。
1駅に1件ない。

でも、たまたま会社の隣のビルにあった。
オシャレなデジタル時計の店で、前から気になっていた。
で、帰り掛けにその店に言ってみると、美しい女性の店員が2人いた。
「ボタン電池の回収をやってくれるんですか」
と聞くと
「ボタン電池・・・ですか?」
と戸惑っている。
「アー、ここで回収できるって聞いたんですけど」
とこっちもヘンな口調になると、さすがにオシャレなデジタル時計の店で働く美しい女性はよくしたもので、
「あっ、よろしかったら処分させていただきますので、どうぞ」
と手を出したので、ポトンと渡した。
「アー、なんかスミマセン。ネットで検索すると、ボタン電池回収協会みたいな団体があって、この店がなんか、加盟してるみたいなんですよ」
「ああそうですか、どうぞどうぞ。またお越しくださいませ」
みたいな。
ちょっと気まずかったけどまあまあ気持ちよく店を後にしたのである。
さすがに川崎市のウェブページや、トラックで休みの日に人のアパートの回りをグルグル回っている業者とは違う。
ぼくは腕時計を持つ習慣がないが、そのうちこの店でプレゼント用に時計のひとつも買ってやろうかという気になったのである。

しかし、思う。
景気を回復するために、物を買え買えという、あるいは、地球のためにエコエコと言うわりに、なんと物が捨てにくい世の中であろうか。
家具を売る店が、家具を無料で引き取るというのはどうだろう。
電池を売る店が、電池を無料で引き取ったっていいのではないか。
ボタン電池をどのコンビニでも買えるのに、引き取る店は駅に1つしかない(しかも全国平均からするとずいぶん過密な方である)というのはちょっとひどいと思う。

そういえばコンビニの前のゴミ箱には「ご家庭のゴミは固くお断りします」と書いてある。
あれ、どういう意味なんだろうか。
すべてのゴミは家庭のゴミだと思う。
たとえばチョコを買ったら、コンビニの前で一箱全部食い切って、その箱を捨てるときのみあのゴミ箱を使えるということか。
そんなことあるか。
いったん家にもって帰っても、そのコンビニで買ったチョコなら捨てられるのかどうなのか。
まあ生ゴミとか、ペットのフンとか捨てる人がいて大変らしいけど、ゴミ箱ぐらい自由に使わせた方が店も儲かると思う。
駅にはゴミ箱がない。
あれは地下鉄サリン事件以来のことで、もう15年近くになる。
最初は「安全のためにゴミ箱を一時使えなくします」と言っていたが、なくしてみると意外とラクでよかったということだろう。
でも思う。
ゴミ箱をなくすなら売店もなくすべきではないか。
コーラを売っておいて、カンを捨てられないっておかしくないか。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

非暴力不服従

Gmailを使ってから、迷惑メールに悩まされなくなった。
フィルタリングが簡単だからだ。
もともと滅多なことで迷惑メールを通さない。
逆に本当に必要なメールが間違ってフィルターされてしまうことは、たまにある。
でも、それで実害が及ぶことはほとんどない。
本当に大事な用なら、別の手段で連絡してくるはずだからだ。
なぜなら送信者には自分のメールが迷惑メールになる可能性があるという自覚があるからである。

ここで余談だが、ネットのストリーミング画像というの、GetASFStreamというフリーソフトでまず抜ける。
これで抜けなくて困ったという経験は今のところない。
これができることを、わざわざ5千円ぐらいで通販している会社というのがあって、この会社が超お下劣なのでみなさん買ってはいけないです。
具体的に言うと、こういうことがあった。
あるアイドルの番組がストリーミング放送で急遽流れることになった。
ぼくは右も左も分からないので、この会社のソフトを買った。
金で済むことなら。
ダウンロード販売で買って、カード決済したのだが、ダウンロードキーが待てどくらせど来ない。
最初の「支払い案内」とかは来るのである。
で、週末もサポートしてますが売りなので、問い合わせメールを出した。
「問い合わせメールを受け付けました」というメールは来る。
でも返答は来ないのである。
結論として、GMailに迷惑メールとして振り分けられていた。
ポツポツと振り分けられたり、られなかったりするのがタチが悪い。
まあ最近は、こういうすぐ来るべきメールが来なかったら迷惑メールを覗くことを覚えた。
で、GASをダウンロードして、ストリーミングを抜けて、事なきを得たのだが、五千円は帰らない。
電話した。
メールが受け取れず、ダウンロードしていないのだから、返金してほしい。
しかし、向こうはできないの一点張りである。
GMailなんか使うから悪いんだと言ってきた。
のらりくらりとはぐらかす口調で、びっくりして大声を出すと、急に電話が録音テープに切り替わった。
「お客様は興奮なさっており、冷静に話ができないと考えられますので、ここで切らせていただきます」
ああ興奮して悪かったよ。
でもこういうテープをあらかじめ用意して待ってるってすごいと思わないか。
そこで初めてこの会社ヤバいかも、と思って「会社名」で検索すると、出るわ出るわ悪評。
「会社名 詐欺」でGoogleのサジェストが出る ;;;
有名な会社だったのである。
まあ授業料と思って金はあきらめた。
何通かメールは来るのだが、フィルタを作って迷惑メールに振り分けた。
もう係り合いを持ちたくないのである。
それはいいのだが、あっと驚きなされ、この会社が毎日メアドを変えて宣伝のメールを送ってくるようになったのである。
どんだけー
ドメイン指定で迷惑メールに振り分けて、事なきを得た。

さて、迷惑メールと言うと、ビッとしたブラック企業がいかにもそれ風のメールを送ってくるのを想像するが、それはもう怖くない。
グーグル先生がちゃんと振り分けてくれるのである。
問題は、一応ちゃんとした企業が、一回取り引きをした縁で、ここを先途とメールを送ってくるのである。
具体的に言うと Yahoo! と楽天だ。

Yahoo! はプレミアム会員になって、ヤフオクでいろいろ落として楽しんでいたんだが、ヤフオクってあまり効率がよくないし不愉快なことも多いし、プレミアム会員の会費が高いような気がするので脱会した。
脱会すると、「いま再入会すると何ヶ月無料です」的なメールがガンガンくる。
xxxx@mail.yahoo.co.jp の xxxx がすごく何種類もあるのである。
でも、ドメイン指定で迷惑メールに振り分けて事なきを得た。

次に楽天である。
楽天は、一回買い物をするとものすごい宣伝メールを送って来ようとする。
この、解除が効かないのである。
解除ために、また楽天のサイトを尋ねさせられ、そこで別の「メルマガを送る」ボタンにチェックが入っていたりする。
どこまでメルマガ送りたいんだ。
いろいろ業者はあるが、楽天が最も悪質である。
しかし、あまり腹が立たなくなった。
ドメイン指定で迷惑メールに振り分ければいいのである。

毎日、毎日、すごくたくさんのメールがぼくのもとに届いていると思われる。
でもぼくは気にならないし、気にしない。
読まれる前に振り分けられているのだ。
迷惑メールという犯罪の手口は、終わった。
お前はもう無視されている。

以前 club.jp というフリーメールサービスを使っていて、先進的な技術を沢山持っているのだが、この点でダメだった。
ていうか club.jp 自体宣伝メールに協力的な節がある。

Hotmail の場合 MS がお知らせをすごく送ってくる。
「大切なお知らせをするかもしれないから」このお知らせが解除できないのだ。
Hotmail はもう絶対使わない。

さて、Google のWeb検索機能に、無視するページを加えられるようになった。
いまいち動作しないし、ページ単位ということでまだまだ不完全だが、すごく期待している。
世の中愚にもつかないページが多すぎるよ。
前にも書いたけど、ニセアマゾン全部氏ね。
あと、アフィリエイトブログや、意味不明ブログ、自動生成ブログだが、このへんは悪気があってやっているので、悪気にも迫力がある。
人間どうしようもなくアウトローな生き方しかできない人は一定量いるので、そういう人に積極的に関わろうという気持ちは起こらない。
あとエロサイトのだましサイトも腹が立つけど、まあああいう業者は海千山千で当たり前だ。
だんだんこっちの泳ぎ方がうまくなってきた。
こんな話は恥ずかしいからここでしないのである。

最近問題になっているのが「トゥイッター」である。
あれどこがどう楽しいの。
最近の若い人のやることはおっちゃんよく分からんわー。
それはいいんだけど、トゥイッター(およびその類似サービス)のひとつひとつのつぶやきがWebページになっているのである。
具体的に、たとえばある日、iPodの片耳だけが聞こえなくなって困ったとする。
何かわかるかと思って、「iPodの片耳だけが聞こえなくなって困った」と検索してみる。
すると、そのものズバリ、「iPodの片耳だけが聞こえなくなって困った」というページがある。
Wow, I'm feeling lucky!
早速そのページのリンクを押す。
するとそこにはトゥイッター(およびその類似サービス)の「1つぶやき」で、「iPodの片耳だけが聞こえなくなって困った」という文字だけがデカデカと、どっかのおっさんの顔写真つきで出てくるのである。
どうやったら直るのか、そういう知見はない。
なんなのあれ。
どこが楽しいの。誰がうれしいの。
おっちゃんわからんわー。
あれは早くカットできるようになって欲しい。

#(追記:)上のはたとえばの話である。
#本当に「iPodの片耳だけが聞こえなくなって困った」という検索をしたわけでも、
#そういうページがあったわけでもない。
#仮にあったとしても、そのつぶやきのつぶやき主一人を批判するものでもない。

こういう有害情報、多くは広告だが、みんな水際で対処できるようにしているし、できて欲しい。
そういう人がいること自体、無視できるようになって欲しいのだ。

たとえばイー・モバイルの人がADSLに入りませんかと言ってくる。
携帯電話に掛けてくるのだ。
ウチはもう光に加入していますがと言っても意に介さない。
こちらの情報を把握していないのだ。
こういう人は全然氏んでもらってかまわない。
いや、そんなことを言うのはよくない。
こんな宣伝電話を掛けてくる人だって愛する人はいるだろうし、家に帰れば詩のひとつも書いたり、ギターをつまびいたりするいいところぐらいあるかもしれない。
しかしながら、とりあえず電話は勘弁してくれ。
最近はよくしたもので、携帯電話を着信拒否にしている。
ぼくがADSLをいらないことをイー・モバイルの人はいつまでたっても覚えてくれないが、ぼくの携帯はイー・モバイルの愚にもつかない宣伝電話をかけてくる人の番号をいつまでも覚えている。
電話に関しては、その人はいないも同然だ。

よく考えたら、リアル社会はもともとこういうものである。
ニーズが合わない人とはお互いに無視するのが当たり前。
ネットはそれができにくい社会であったが、最近できるようになってきている。
当然の進化であるし、データであるからより簡便に、完璧に無視できるのである。

巨大掲示板も、たとえばモ娘(狼)とかだとトリップというものがある。
どの名無しさんがどの名無しさんなのか、識別できるようになっているのだ。
あれは、トリップ単位で、この名無しさんの発言は見えなくする、ということはできないのか。
ニコニコ動画だとできるよね。
まあ、不愉快な人がいてこそのネット、と言う人も相当数いるようだから人生いろいろだ。

最終的にアクセスはすべてID制になって、合わない人は存在しないも同然、という社会になればよいと思う。
こういう風に書くと冷たく感じるが、今までが暑苦し過ぎたのではないか。

こういうパッシブな、不愉快な人は自分が目にしなければいいという考え方は老化現象だろうと思う。
前は不愉快な人が現れたらむしろ張り切って、論戦を挑んだり、いちいち殲滅を試みていた。
最近は全然そういうファイトがわかない。
不愉快な人を放置すれば他の人に累が及ぶわけだが、自分にさえ見えなければいいと思う。

こういう方針は本当はよくなくて、たとえば不愉快な宣伝メールが来たら報道特捜プロジェクトのイマイさんや悪徳商法マニアックス(どっちも大好き)みたいに、テッテ的に追い詰めて反省させるのが本来の人間のあるべき姿だという意見もあろう。
でも、Gmailのフィルターを見てて思うのは、ここまで簡単に無視できるのであれば、無視するのも十分すごいパワーだなと思う。
みんなあまねくこのサービスを使ってしまえば、迷惑メール自体が廃れていく。
まあ別の手を考えるのだが、ぼくの考えではアウトローな人はどうしたって人に迷惑を掛けるのである。
SFに出てくるケイロン人のようにバンバン死刑にすれば話は別だが、現実はそうもいくまい。



だったら効率的に無視するのがいいと思う。
この情報化社会で、無視されるのは死ぬのと一緒だ。
毎日ぼくの「迷惑メール」フォルダに、誰からも見られないメールをせっせと送っている人は、その時間(まあ機械が自動的にやっていることだが)生きていないのと同じことだ。
毎日それしかやってない人、自動生成ブログでアフィリエイト極楽生活を夢見ている人(そんな「夢」がかなっている人はそうそういないと思うのだが)は、生きてないのと一緒である。
馬鹿らしいと思ったら、もっと人に読まれてしかるべき、心のこもった有益なメッセージを発信するべきだ。

思考の整理学~一日に朝2回ライフハックス~



この本、前に買っていたのだが、ちょっと読んだところで、どっかに行ってしまった。
今日本屋で立ち読みして、アーこの本探してたんだよ、と思った。
探せば出てくるのだが、今日読まなきゃ、と思って、買ってしまった。

ほとんど見開き展開のショートエッセイがいっぱい入っている。
学者が書いた研究法の本だが、社会人を啓発する本でもある。
しかし、いまどきのライフハックス本のハシりでもある。
20年前に出ている。

最初の方に出てくる「朝飯前」というのがいい。
カンタンな仕事のことを朝飯前というが、実は朝飯前は仕事が簡単に出来るよ、という意味なのではないか、というエッセイである。
世間の人は早起きというと年寄り臭い、説教臭いと思っている。
ぼく(外山氏)もそう思っていて、一生懸命夜仕事をしていた。
しかし、トシを取って、どう考えても朝の方が能率がいい、と思って、朝方に切り替えた、と言う。

「世間の風に乗ってずっと夜型で通してきたけど、どう考えても朝がいい」というのがいい。
正直な実感であろう。
こういう風に書いてあると信用できる。
世間の朝型称揚本は道徳的過ぎる。
あれでかえって拒否感を覚えてしまうロックンロールな人も多いのではないか。
もったいないと思う。
アメリカのハッカーも本当にスゴい人は朝方が多い。
それも6時起き、5時起きとドンドンエスカレートしている。

朝がなぜいいのか、外山氏は「なぜか」としか書いていないが、これはぼくは、長く起きていると脳に雑念がたまるからだと思う。
パソコンもそうだが、朝は調子いいのに、昼、夜と、ゾンビプロセスなどがキャッシュされてどんどん遅くなっていく。
単純にリブートするだけで早くなるのである。

で、外山氏は「朝飯を抜けばそれだけ時間が出来る」と書いている。
8時におきて8時半に朝食を取っていたのでは、朝の時間はいくらも残っていない。
だったら朝飯前にどんどん仕事をする。

で、昼飯を食べたら眠くなる。
ここで、寝る。
ここもいまどきのライフハックスと同じだが、今言われているパワーナップが「10分程度がいい」と書いているのに対し、外山氏はガッツリ布団を引いて寝たいだけ寝てしまう、と書いている。
もちろん会社員にはマネできない技である。

で、15時とかに自然に目が覚めたら、それを第2の朝と思い込んで、夕飯前にガッツリ仕事をする。
2回朝が来るので、2倍仕事が出来るという。
これはすごい。
いや、ぼくは一応会社員なので真似できない。
土日だけでもこれをやってみよう。
これはいいよ。
外山氏は「もう20年続けているがすごく調子がいい」と書いている。
書かれたのが60歳近くで、今は80歳になられるのだろうか。

さて、朝飯は食べてる時間がないし、ガッツリ食べると眠くなるから抜けばよい、と外山氏は書かれているが、ぼくはその代わりに「豆乳野菜ジュース」を飲めばいいと思う。
これはマンガ家の赤星たみこさんが考案したもので、野菜ジュースと豆乳を半々に混ぜる。



ぼくは「紀文の調製豆乳」と「カゴメ一日分の野菜」を200ccずつ混ぜて、味シオコショーを振って飲んでいる。
甘党の場合は「充実野菜」とかでもいいと思う。
野菜ジュースと豆乳を混ぜるというと聞くだけだとウエーと思われると思うが、騙されたと思ってやってごらんなさい。
これが、あなた、おいしい!
普通に野菜ジュースだけ飲むよりまろやかで飲みやすいのである。

でもおいしいのでやめられない。

これが、いい。
腹持ちがいいし、おいしい。
あと必要なビタミン、ミネラルがほとんど採れるそうである。
それに眠くならないのである。

外山氏、これから採用してくれないだろうか。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

6~7人の戸惑う男女

時代のキーワード裁判員制度だが、「今日は裁判員の方は質問しませんでした」「今日、裁判員の方が初めて質問しました」「今日、裁判員の方は全員質問しました」というのがパンダみたいで面白くもかなしくもあった。
日本人ってホント悪ノリが好きだなあ。(いや外国人がどうか知らないけど)

テレビのニュースで、「こちらの、裁判官の右横の裁判員の方が・・・」とか言って、コケシみたいなCGを出してるのも意味がない感じで面白かった。

20090805_kokeshi.jpg

これ、NHKのニュースとしては最大限に裁判員のプライヴァシーを尊重したつもりなのだが、傍聴してる人もいたのだが。
被告人がヤクザの場合傍聴人に仲間を大量に呼びよせて裁判員を威嚇する場合があるから裁判員はやめるよう地方自治体が求める、とか言っていたが、素人衆でもイタい人はいるし徒党を組むこともあると思う。たとえばカルト集団とかそういう場合はどうするんだろう。

と思っていたら、あっと驚きなされ、裁判員の人が記者会見をして、名前も顔も出していた。
裁判員の守秘義務と言うのはすごく大きくて、裁判員をしたことじたい秘さなければならないと思っていたのだが、そうでもないのだろうか。
途中で記者の質問が「守秘義務に当たる」とかいって裁判所の職員が発言を止めたりしていた。
微妙なものなんだなー。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

いつか外してみたい

海辺を散歩していると、救助用の浮き輪が置いてあって、

 アラーム管・・・(かすれて読めない・・・)

 フックからはずすと
 警備員が
 出動します

と書いてある。

「人が溺れた時はフックを外してこの浮き輪を投げてやると泳ぎが達者な警備員が助けに来てくれるから安心してください」という意味か。
それとも「フックを外していたずらしていると、警備員が怒りに来るからやめときな」という意味か。
両方か。

いずれにしても有線ケーブルも、無線アラーム装置もパッと見ではついていなかった。

20090813_wa.jpg

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

金銀

横浜クイーンズスクエアのスパイラルマーケットで買った超・安物の金色のペンだが、早速壊れた。
お尻のメッキが剥がれてきて、持つところにポツポツ錆が浮いてきたので気になってはいたのだが、クリップ部分がガタガタになった。
ハードに使い始めたのが6月2日だから、2か月持った。
525円。
ううんちょっともったいないかね。
でも冗談としか思えないチャチい作りで、これだけ楽しめたのだからいいか。

結構気に入ってたらしく、同じスパイラルマーケットで後継機を買ってきた。
今度は銀色で、やはり525円。
銀だとメッキの剥がれ、錆が目立たないかも。
あとクリップ部分は使わないでもいい。
今のシステム手帳のペンホルダーの太さがギリギリちょうどいい感じなので、クリップの手前まで挿しておけばいいのだ。

芯は金の方をゼブラC0.7mmに換装していたのが、まだ全然掛けるので、こっちに再換装。

ううんでもやっぱいいのが欲しいな・・・。
細くて4色というの、ないだろうか。
ラミー2000も持ってるけど、太いから使ってない。
ステットラーのもあるんだけど、シャープとか入ってる。
4色ボールペンがいいんだけどなあ。

20090813_kingin.jpg

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

時代のバズワード:クラウド

バズワード、という言葉がある。
人がなんとなく使うけど、よく意味が分からない言葉のことだそうだ。
以前は客から預かるファイルのことを「asset」(資産)と言うのが何かと思っていた。
こんなのバズワードだ。
カタカナ語にはバズワードが多い。
コンセプトとか、シナジーとか、そういうの。
特に使わなくてもいい言葉がバズワードになるのである。
コンピューター系は飛躍的に多い。
Web 2.0 というの、いまだに分からない。
オブジェクト指向が長い間分からなかった。
本を1冊書いて、やっと分かるようになった。



とかいって宣伝しおるわ。
ぬはは。
しかしバズワードって言葉もバズワードだね。

最近だとクラウドというのが分からなかった。
いや、雲のことである。
それは分かる。
でも、今言われているのはそうではなくて、たとえば Gmail とか dropbox のような、サーバー上にデータがあるから空港でもカフェでも、好きな場所に手ぶらで行けば最新版にアクセスできる、という状態における、そのサーバーのことを言うようだ。

これ、時代が揺れ動いていて、パソコン出現前夜はサーバーにあるから悪い、クライアントにあるからよい、とされていた。
1台のコンピューターにひも付きで「ダム端末」がぶらさがっており、システムが重いと一斉に重くなり、システムがコケると一斉にコケるような仕組みはよくない、各自が大きなディスクと早いCPUをもって仕事をするのがすばらしい、そういう各自の端末をワークステーションと呼ぼう、という潮流があった。
ほんの80年代のことだ。

それから30年して、いや、各自は手ぶらが望ましい、データも、オフィスソフトも、住所録もメールもクラウドにあるのが望ましい、時代はシンクライアントだ、という時代が来ている。
太い回線があまねく全員に、それも無線で張り巡らされたからであろう。
しかしながら、当然弊害があって、エロビデオをもらおうとしたら顧客情報が流出してしまったり、人生いろいろである。
利便性と安全性の、快楽と道徳のせめぎ合いだ。
せめぎ合ってこその文明の進歩である。
がんばって欲しいものだ。

さて、なぜ急にクラウドなんて言葉のあやしげな定義を今さら書こうとしたかというと、町田の方の霊園で「メモリアルパーク クラウド御殿山」というのの宣伝を見たからだ。
これ、友達の家に行く途中にある。
なかなか良いところであるが、この名前からすると、どっかサーバーに故人の思い出が格納されていて、そこに空港でもカフェでも、ブラウザーがある環境ならアクセスできてオンラインで故人を偲べるのかと思ったのである。
んなわけない。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

今朝

5時半にブログを記票しているが、毎朝5時起きしているわけではない。
5時に起こされたのだ。
具体的に言うと、携帯がなった。
「ぎょっぎょっぎょっぎょっぎょっ! ぎょっぎょっぎょっぎょっぎょっ!」という、あまり耳慣れないアラーム音がしたのである。

ぼくは携帯の音が大嫌いなので、メールも、音声着信も全部音を切っている。
(音声着信だけさすがにバイブにしている)
ぼくが使っている docomo SH-04A というのだとこれがなかなか大変で、他にメッセージF(docomoからの愚にもつかないお知らせメール)、メッセージR(これもdocomoからの愚にもつかないお知らせメール)というのが別々のアラーム音がする。あとアイコンシェルと言うのも音がする。あとタッチスクリーンの変な場所を押すとアイウィジェットというのが起動するが、これも音がする。
気が狂う。
世間の最近の若い人はあまり気にならないらしく、そういえばあちこちで変な音をジャカジャカ鳴らしている。
ぼくは上記の音をすべてオフにしたのだが、驚くべきなのはこれらの音をオフにするための携帯のメニュー階層の深いことで、まるで迷宮のようだ。結局docomoに問い合わせたのだがdocomoのお兄さんも苦労して教えていた。

それでもまだ音を出す機会があって、それは静岡県に地震があったときなのだ。
ぼくは川崎市在住だ。
朝の5時に「ぎょっぎょっぎょっぎょっぎょっ! ぎょっぎょっぎょっぎょっぎょっ!」というアラーム音がして、最初は何が音を出しているのかわからなかったけど、数秒の逡巡の末携帯だと思って画面を見ると、静岡県で地震がありました、揺れに注意してください、と書いてあった。

ここでちょっと複雑なのだが、その1分前にぼくは目が醒めていた。
地震を感じたのか、それとも何らかの妖怪アンテナ的なものが働いたのか、それとも普通の老人性覚醒かわからない。
たしかにトシをとって変な時間に目が覚めることはある。
時計を見ると、5時だったので、ああやれやれと思って寝ようとしたところに、「ぎょっぎょっぎょっぎょっぎょっ! ぎょっぎょっぎょっぎょっぎょっ!」というアラーム音がして、最初は何が音を出しているのかわからなかったけど、数秒の逡巡の末携帯だと思って画面を見ると、静岡県で地震がありました、揺れに注意してください、と書いてあった。

で、その後に川崎市でも揺れが起こった。
結構揺れたが、大した揺れではない。
具体的に言うとぼくは床にうず高く本を積んでいるが、それが崩れなかった。
で、完全に覚醒してしまったので、眠れなくなった。
水を飲んで、小用を足し、そういえばFC2ブログどうなったかなあと思って、下のエントリを書いて、布団につき、しばらくうんうんうなされながら寝返りを打って、6時頃に再度眠りについたのである。
時系列で言うと

 ・なぜか目が覚めた
 ・寝ようとした
 ・アラーム音がなった
 ・確認すると、携帯だった
 ・揺れた
 ・完全に起きて、水を飲み、小用を足して、ブログを記票し、非常に苦労してまた寝た

という流れだ。
いやでも、この携帯の機能は別に文句はなくて、そのうちぼくの命を救ってくれることもあるかもしれないと思うが、知らなかったのでびっくりした。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

昨日

FC2のブログに異変があって、一時的に編集ができなくなった。
「緊急メンテナンス中 しばらくお待ちください」というのが出た。
深夜のことだ。
しょうがないから寝た。

で、朝見たら、昨日深夜にポストした記事はきちんとポストされているのだが、左バーの recent entriesがおかしい。
記事タイトルが NULL で投稿日が (01/01) になっている。
こういうときどうするべきか。

たぶんこれは、投稿を処理する流れの一環としてこの部分も構築しているのだろう。
だからブログの、特に題名を変更して保存すれば直るのではないか。
そう思って過去記事の編集を行い、題名の末尾に空白を入れ、その空白を削除した。
(つまり変更してないわけだけど)
で、保存キーを押した。

果たして、きちんと治った。
もっとも、CGIでダーティサインとか別に管理してないので、保存キー空打ちだけでも治ったと思う。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

シングルタスクかマルチタスクか

今日買った本は下の本だ。
なかなか面白い本で、明日読み終わるけど何回か繰り返して読もうと思う。



さて、この本の中に「シングルタスクと、マルチタスクだと、マルチタスクの方が絶対に効率が良さそうだけど、実は、シングルタスクの方が絶対いい」と書いている、
ここで言うシングルタスク、マルチタスクというのはコンピューターの話ではなくて人間の話だ。

さて、ぼくは小さい頃からものすごくマルチタスクである。
とくにコンピューターの世界に入ってからは待ち(コンパイル待ち、プリント待ち、人待ち、時間待ち)が多いので、シングルタスクではやってられない。
純粋な意味でのシングルタスクは現実的ではなく、作者も「待ち時間を利用するために3つのタスクを組み合わせよう」などと言っているので、端末を2台並べて別のことをするような、本当の意味でのマルチタスクはやめよう、と言っているのだと思う。

ぼくは以前他の人の本でも同じことを読んだ。
具体的に言うとウツの治療の本である。
会社で複数の仕事を同時にやっていると、イライラして必要以上に疲れるので、1個1個休み休みやろう、と書いてあった。
(書名は忘れてしまった。ウェブだったかもしれない)
で、ぼくはトシを取って疲れやすくなったしウツっぽくもあったので、小さい頃から習い性となっているマルチタスクをやめてみようと思った。

結果、前よりもイライラ、無気力感が強くなった。
あまりにもマルチタスクが習性になっているので、待ちがガマンできない。
イライラするのである。

生活や家事でもマルチタスクをしている。
家に帰るとクーラーを掛けて部屋を冷しながらシャワーに入る。
シャワーを出ると部屋は冷えているので、ドメスト(ほうっておくタイプのトイレの洗剤)をトイレに流し込み、汚れ物をまとめて洗濯をする。
ドメストを流してカビキラーで残った部分の掃除をする。
ビデオにとっておいた番組を見ながらチャプターを入れてカット編集をする。
DVDを焼きながら洗濯物を乾燥機に移す。
みたいな。

会社の場合も朝ついたらPCのスイッチを入れて起動しながらトイレに行く。
トイレから帰ったらログインしながらコーヒーを入れる。
コーヒーを入れてきたらメーラーを起動しながらシステム手帳を開いて別のパソコンでジョッターの消しこみ(思いついたタスクをToDoに入れたり、調べ物をしたり)をする。

煮詰まってきたら下の階の本屋をチェックするが、その前に詳しい人に質問のメールを出しておくと効率がいい。
戻ってきたら答えを帰えしてくれているいる可能性がある。

外国にメールを出すときは、出してもどうせ向こうは寝ているので、すぐに出さないで、帰る前まで下書きにしておく。
そうするとメールを出すまでもなく解決したり、追加の質問を思いついたりするものである。
で、帰る直前にだーっとメールを読み返して出す。
これで、帰っている間に返事を書いてくれ、翌朝に返事が来るので効率的だ。

コンピューターはとにかく待ちが発生するので、先へ先へとやって行った方がいい。
流れが止まるとやる気がそがれたり雑念が湧いたりする。
先へ先へとダンドリを組みながらやっていると楽しいような気がする。
ま、こうやって書いてみるとたいしたことはやってないけど・・・。

上の本では「食事をするときは食べ物に集中する」と書いている。
確かに礼儀としてはその通りだし、味わって食べる方が食事からの快感が最大限に引き出せるので食欲も満たされ、人生豊かになるのである。
端末を見ながらハンバーガーをもそもそ押し込む人生なんて最悪だ。

食事のことは食べ物に集中せよ、とは、曹洞宗のような禅僧もいうことで(マンガ道元入門という本に書いてあった)上の本は zenhabits というブログの作者が書いているぐらい、禅の影響を受けているようだ。

しかるにぼくは、おにぎりを食べながらウォーキングし、駅まで移動しているのである。
しかし貧しい生き方かというと、そうは思わない。
そのように工夫している自分を楽しんでいるので、これもまた食事のひとつの楽しみ方だと思うのであるがどうか。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

ひるね

Wikipediaというの、あまりにも立派だからつい忘れそうになるのだが、実際は素人の人がボランティアで書いているので、内容は保証されていないし、たまに偏ったことが書いてある。
Lifehacksという項目に、会社員がいかに昼寝をするか、昼寝の場所を確保するのがどれだけ大変か、ということに大きくバランスを崩して書いてあって面白い。
でも言われてみれば、確かに昼寝をする方法はライフハックスの代表選手だろう。
ぼくは以前椅子にもたれて寝ていたが、寝返りを打った時に椅子が回転して落ちそうになり、腰をぐきっとやったのでそれ以降怖くて椅子で寝てはいない。
ほんの10分のことであるが、最近は公園のベンチで寝ている。
昼ごはんを食べて、500メートルぐらい散歩をすると、ちょうどいい木陰にベンチがあって、風が吹いていて、ちょうどいいので、寝る。
眠れはしない。
iPodで音楽を聴きながら、目をつぶって寝たふりをする。
だいたいMiles Davisの「In a silent way」(2曲入りのどっちか)を聞くぐらいである。
これでスッキリシャッキリ。
がんばるぞー、という気になる。

でも先日は雨が降っていて、くだんのベンチは雨で濡れていて使えなかった。
ちょっといたところに「あずまや」があるので行ってみると、家のない人が蝟集していた。
うわーこの近所にこんなに家のない人が住んでいるのか。
どう考えてもそっち優先である。
トボトボと会社に戻った。

会社の近くにショッピングモールがあって、中にもベンチがあって、OLがサンドイッチを食べたり、窓際族の人が(いや、知らないけど)新聞読んだり、近所のおばちゃんが井戸端会議をしたり、赤ちゃんを寝かせたりしている。
そこで座って寝ようと思った。
そのうち本当に眠くなったので、10分だけのことだしと思って軽く横になった。

これがショッピングモールの警備員の関心を引いたのである。
1分もしないうちに「ちょっと」と声をかけられた。
あとで考えたけど、ぼくが座った段階で目をつけていたのだ。
最初はぼくのことではないかもしれないと思ったので、音楽に夢中で聞こえません、という体で死んだふりをしていた。
それはおおげさか。
寝たふりをしていた。

すると「ちょっと、ちょっと」と言って体に触れてゆすぶり起こされた。
これは驚いた。
あわてていま気づいた振りをして「なんですか」というと「ここで寝ちゃダメですよ」と言われた。
それ何法の何条に書いてあるんですか。
そんなことを言う元気もなかったし、もう昼休みも残り少ないし、変なもめ事になってストレスをためたらかえって心身が休まらないので、今日の昼寝はあきらめて「そうですか」と生返事をして、その場を立ち去ったのである。

長い長いベンチに、いろんな人が休憩している。
それを見ながら歩いていると、だんだん「思いだし怒り」が湧いてきた。
あんなおばちゃんどうせ何時間もここに座って井戸端会議をしてるんだろうけど、あの人はOKなんだろう、寝てないから。
あそこで赤ちゃんを寝かしつけてる人がいるけど、あれはOKなのか、お母さんは寝てないから。
たしかにここに、いかにエリートビジネスマンがライフハックス的に英気を養うための「パワー・ナップ」をしに来ているとしても、大の大人が横になるのを許していたら、近所中のビルの人がゴロゴロしにきて収集がつかなくなってしまうし、見た目上もよくない。
それに、放っておいたら、本格的に家がない人が公園のあずまやを抜け出してここに来てしまうかもしれないのである。
警備員はいい仕事をしている。
これからもがんばって欲しい。

家のない人といえば、公立図書館にゴロゴロしているのが問題になっているそうだ。
吾妻ひでおのような人も一時的に家がないときがあって(だからぼくなんかもあぶないよ)図書館は活用していたそうだ。



別に図書館でゴロゴロしちゃ悪いという方はない。
さっきのベンチと一緒で、眠らなければいいのだろう。
なんなら本を読んでいればよい。
家のない人にだって教養は必要だ。
しっかり勉強してそのうち捲土重来を果たしたいという志が高い家のない人だっているだろうし、我が身の無常を哲学的に位置づけたいと思っている人だっているだろう。
しかるに、そういう人がゴロゴロしていたら、堅気の本好きが困る。

東京の、家のない人が住みがちな区の図書館では「女性専用シート」が出来て問題になっているらしい。
たしかにこれはヘンだし、差別だ。
女性だって家のない人だっているだろうし、男性だって横に家のない人が異臭を放っていたら迷惑に感じるだろう。
トランスジェンダーの人はどうするんだ、という話もある。
しかし、プラクティカルなソリューションとしては、男性の家のない人が圧倒的に多数だろうし、それを気にするのは女性の方が多いだろう。
男性はおとなしいから、逆の場合よりもカドが立ちにくい、という判断もあるだろう。
だから、安易なトラブル「軽減策」として、くだんのシートが設置されたわけで、灰色ながらも経緯は理解できる。
共感はできないが。

思ったんだけど「定住していなければ図書カードは作れない」「図書カードを持っていなければ図書館に入れない」ことにしたらどうか。
いや、さっき家のない人こそ勉強した方がいいと言ったばっかりだが、区が本当に問題にしているのが家のない人なのだったらそういう措置をとればいいのではないのか。
それはそれで角が立つのであろうか。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

薬物渦

職場の人との昼食時の雑談でどうしようもなく盛りあがってしまうのが、俳優と女優の2つの薬物事件である。
不謹慎だが、どうしようもなくミステリー性があり、堕ちたセレブというのがまた庶民の下世話な関心をそそる。
ぼくは一昨日の時点で「俳優の家で死んでいた女性というのが、実は失踪した女優が変装した姿だったんじゃないか」というルパンばりの結末を予想したのだが、ヤヤウケだったし、一昨日の時点では不謹慎な気がしたので、ここに書くのは気が引けて、友達のサイトの掲示板に匿名で書いた。(ひどい)

改めてここに書くことにしたのは、世間の盛り上がり方(と言うしかあるまい)がそれに輪をかけて不謹慎だからである。
昨日にテレビが敷いた女優捜査網は明らかに騒ぎすぎだろう!
あれじゃあ出てきにくいって。
そして今日の逮捕状である。
この騒ぎ方によって追いつめられてしまったら誰がどう責任を取るんだろう。

「事務所の先輩」千葉県知事の「乗っかり具合」(そう言われてもしょうがないよ)もすごかった。
千葉県知事は、宮崎県知事や大阪府知事の流れに入れてもらえていないので、あせっているのであろう。
しかし、昨日の姿を見ると、入れてもらえないのには本人にも責任があるのではないかとも思える。
女優に逮捕状が出た今、事務所の先輩の力添えを求めてきたらどうするんだろうか。
冷たく世間に引き渡すしかあるまい。
「そういえば千葉県知事も普段から年齢の割にテンションが異常に高くて浜辺で竹刀とか振り回していた」とか言われたら大変だ。

ぼくは向精神薬を使う人の気持ちが全然分からない。
普通に飲んでいる成人病の薬とサプリメントだけでいっぱいいっぱいである。
でも、だからってそういう人をことさらに批難しようとも思わない。
クスリぐらい好きに飲ませてやればいいんじゃないかと思うのだ。
それで身を滅ぼしたら、本人の責任だ。
自分の責任で身を滅ぼすもので、たまたま合法なものは、酒ギャンブル借金を始め、他にもいっぱいある。
たまたま日本国の法律に照らして違法だからと言ってパリサイ人のように石を投げるのはどうかと思うのである。

むかし横浜市営バスの運転手がやはり覚醒剤を使ったという事件があった。
毎日まいにち朝からバスを運転して、きつくて、眠かったのだと思う。
ぼくが眠かったら会社にそう言って一日休みをもらうと思うが、運転手はそうせず、薬を使った。
かわいそうな事件だと思う。
以前夕方のニュースかなにかで、覚醒剤を使って捕まった人が「世の中がシャブいから、シャブを使うんだなあ」と言っていた。
こんな相田みつを調で言っていたかどうかわからないが。
シャブというのは覚醒剤のことで、シャブいというのは覚醒剤を使わせるようなという意味だろう。
毎日毎日朝は仕事、夜は遊び、町にもメディアにも情報があふれ、働け! 消費しろ! 情報を享受しろ! 蕩尽しろ! と命令される。
寝ているひまがないのである。
だからってクスリを使うのがいいとは思わないよ。
犯罪者がいちいち社会のせいにするのは弱いしズルいと思うし、だからといって刑を軽くしてやるべきだとは思わない。
もし社会に不満があれば社会を変える方にエネルギーを使うべきだ。
しかしながら、盗人にも三分の理とも言う気持ちもあるのである。

#しかしマスコミ以上によくわからないのは、このタイミングで逮捕状を出した(?)警察の態度である。逮捕状が出ていることを知っていよいよ出てこられなくなったら(普通、なると思うのだが)誰が責任を取るのであろうか。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

破壊された食欲

The Demolished Man といえばアメリカの古典的SF作家アルフレッド・ベスターの作品だが、沼沢洽治訳の創元推理文庫版が「分解された男」で、伊藤典夫訳のハヤカワ文庫版が「破壊された男」である。
破壊されたの方が意味が通っているしゴロもいいのだが、なぜか「分解された男」の方が有名である。
ちなみに昔の海外エスエフはほとんどハヤカワと創元から両方出ていて読み比べられる。
どっちも似たような売り上げなんだろうか。

さて、昨日のキシリトールチョコ一気食いのことだが、世間の人、ダイエット経験のない、カタギの人、素人衆には異常に思われる例かもしれないが、常習的に肥満とダイエットを繰り返している人にはよくあることだ。
以前紹介した池田暁子さんの本にも出てくる。

この解決法が面白い!
「おかしプレート」というのだが、詳しくは本に当たってください。

岡田斗司夫さんの「いつまでもデブと思うには」にも、この手の話が壮大に出てくる。
怖いし、面白い。


ただ岡田氏は偽悪的というか、露悪的というか、自分を悪く言って笑いを取るところがあって、面白いのだが、損をしている。
具体的に言うとポテチを半分食べて残りは捨てる、ただ捨てただけではゴミ箱をあさってしまうことがあるので水道の水を掛けて食べられなくする、というくだりがあって、食べ物を粗末にするとは何事ぞ、と、ネット批判の集中砲火を浴びた。

だが、ダイエット常習者にはよくあることだ。
ぼくも夜ラーメンを食べに行って、一口食べて帰ってきてしまう(一口で満足する)ということがあるし、夜コンビニに行って、チョコを半分食べて、残りは捨てる、ということもやっていた。

忌まわしいことだし、しかられて当然だ。
日本は食料自給率が低いのに食べ残しの量が世界一だという。
困ったことだ。
ぼくとか岡田斗司夫氏とかがいるからだ。
しかし、無自覚に食べ残す人よりいいと思わないか。

昔モハメッド・アリの周りには、彼の稼ぐ金を目当てに群がる貧しい人がいっぱいいて、レストランで食事をすると勝手に同席してどんどん料理を頼んだという。
アリとしても貧しかったときの自分も同じことをしていたから文句も言わなかったが、あまりにもいろいろ注文するので「今食べているものを食べ終わってから次のを注文しろ!」と怒ったという。
この怒り方がちょっとかわいい。

しかしながら、いつデブには「お菓子は半分食べたら残りを捨てる」という強烈なフレーズが書いた後に「実際には小分けしてから少しずつ食べればよい」というマイルドなソリューションが書いてある。

さて、なぜこんな異常な食欲が湧くのであろうか。
たぶん、急激な減食で体が異常に気付き、飢餓信号が脳を一時的に狂わせて、過食に向かわせるのだと思う。
今、飢餓で苦しんでいる人よりも過食で苦しんでいる人の方が世界的に多いそうだが、体は何しろ飢餓の恐怖を太古の昔から知っていて、それがDNAだか、ミラーニューロンだかで脈々と受け継がれているので、隙あらば食べさせようとする。

これは、レプチンという脳内物質の作用が関係があって、1か月に5%以内の減量であれば問題ないそうだ。
http://kurashi.hi-ho.ne.jp/diet/kiso/rebound/index.html
あと、急激なダイエットとリバウンドを繰り返すとどんどん太ってやせにくくなるので、ダイエットはゆっくり、しかし、1回で決める! というのが大事だそう。
1回で、というのは一生に一回ということだが、ぼくは何回も失敗しているのだが、まあ今度ばかりは成功させよう。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

恐るべし、キシリトールと自分の食欲

(注意、汚い話があります)

人工甘味料は大量に一時で食べるとお腹を壊す可能性がある、と注意書きに書いてある。
こういうのをディスクレイマー(disclaimer クレーム避けという意味)という。
まあ、よっぽど大量に食べないと起きない現象だろうと思っていた。

歯医者さんで「歯医者さんが作ったチョコレート」というのを買ってきた。
甘味料にキシリトールが入っていて、歯に悪影響をおよぼさず、かえって虫歯が治る、というの。
ほんとかな。
800円。
20粒入っていて「1日に1~2粒、ゆっくりなめるように食べる」と書いてあって、ああ10日持つなら安いなと思っていた。
1つぶ食べると、これがうまい。
普通にチョコの味である。
で、ダイエットをやっている人は分かるとおもうが、一時的に気が狂って、20粒バリバリと食べてしまった。
まあキシリトールはノンカロリーだから(チョコとしてはカロリーがあるが)いいわと思っていた。
それから異変が始まった。
つげ義春のマンガに「大場鍍金工場(おおばメッキこうじょう)」というのがあって、それに老人が下痢をするシーンが出てくる。
「それは下痢をしているというより、内臓を排泄しているのだ」というようなことが書いていて、その表現力に感心したものだが、その感じを実感した。
食べるものを全部出して、まだ終わらないのである。
お腹が痛い・・・。
ちょっとジュースを飲むとそのまま出るのである。
汚い話でゴメンナサイ。
いやーでもみなさんに注意を喚起する意味で書いた。
翌日は会社にいけず、病院に言った。
実は病院が昼休みに入ったときに言ったのだが、受け付けのオバチャンいわく、あまりにも顔色が悪かったらしく、見てもらえた。
「下痢は止めないで整腸剤だけ飲んで、水分と一緒に塩分をとって、ゆっくり一日休んでください」
と言われた。
「ポカリスエットでいいですか」
というと
「そうですね、梅干と麦茶とかでもいいです」
とか言われたが、梅干と麦茶って「普通の家にはあるもの」という意味だろうか。
わざわざ買ってくるにはゾッとしない組み合わせだ。
「ポカリスエットでもいいですか」
ともう1回聞くと
「ああ、ポカリスエットでもいいです」
といわれた。

こういうとき、ポカリスエットはいいのである。
あれは病院の栄養点滴と同じ成分で、ポカリスエットを飲む元気がある人は点滴をせずにポカリスエットを飲んでいた方がいいそうだ。

ポカリスエットを飲んで、整腸剤(ビオフェルミン)を飲んで、横になっていた。
その日の夕方になってケロッと治った。
こういう劇的に調子が悪かった日の後は、普通に治るだけでもものすごい快感を感じる。
生きててよかった。
こんなことで死なないけど。

それから恐ろしくなって人工甘味料にあまり近づいていないけど、普通にジュースとか飲むぶんには大丈夫だ。
やはりチョコレート10日分一気食いはやりすぎだ。
いい経験になった。

ダイエット中の一気食いのこわい話(なにが怖いかというと、自分の食欲が)で言うと、ビオフェルミンが結構おいしいので小さなビンをひとびんポリポリと食べてしまったことがあった。
自分のことながら完全なキチガイだ。
でも、当然のことながらこれでおなかは壊さなかった。
ダイエット中はひもじくて食べているのではなく、アゴとノドの快感をもとめているのだ。
最近はレタスに塩を振ってもさもさ食べている。
1玉食べても20kcalとかだ。
塩もこれだけ食べると水ぶとりになってしまうので「減塩しお」をつかっている。
減塩しおってなんだ、漢字で書くと減塩塩かと思っていたのだが、カリウムを強化していてナトリウムカリウム拮抗作用によって高血圧を防ぐ塩らしい。
こんなのもとりすぎはよくないと思うが。

エンターテイメント

いや、もちろんエンターテインメントというのが正しい。
英語としてはentertainmentである。
芸能、ショウの高級なやつ、というイメージがあるが、これはMGMの「ザッツ・エンターテインメント」というオムニバス番組から来た語感であって、正確に英語の意味では、たとえば接待や供応のことも(しばしばよくない語感を伴って)entertainmentという。
小林信彦説によると「心づくし」という意味だそう。
要するに人を楽しませることである。
「娯楽」という訳もよく当たるが、逆に「娯楽」を英訳するとそれはamusementだと思う。

さてこの言葉だが、本当にエンターテイメントと書いて、そう発音する人が多い。
そう発音する人は、単に口が回ってないので、字で書かせるとエンターテインメントと書く場合もあるが、人がそう書いているのを見て覚えて本来の英語に当たらない場合もあるので注意が必要だ。

困るのが、公的に堂々と間違っている人だ。
昔テレビの「見ごろ! 食べごろ! 笑いごろ!」で伊東四郎演ずるベンジャミン伊東が「お茶の間に花咲くザッツ・エンターテエメント」と言っていたが、それの影響も大きいのではないか。

ちなみにエンターテイメントでGoogleするとエンターテインメントよりも多く当たる。
これは最近のGoogleはいらん気を利かせてエンターテイメントと検索するとエンターテインメントの検索結果も強引に表示するからだ。

 エンターテイメント:約 59,300,000 件
 エンターテインメント:約 40,900,000 件

こういう場合はマイナス記号を使って対抗馬を削除する。

 エンターテイメント -エンターテインメント の検索結果 約 39,000,000 件
 エンターテインメント -エンターテイメント の検索結果 約 35,000,000 件

こうしても間違いの方が多くなる。
エンターテイメント恐るべし!
英語の方を entertaiment にしてもらうといいかもしれない。

ちなみにコンピューターでつかう言葉で、グッと見かける率は少なくなるが alignment(位置あわせ)というのもアライメントと書く人が多いが、もちろん正しくはアラインメントである。
(ここまで書いて思ったけど、前に書いたような気がしてきた)

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

タモリ倶楽部がゴルフで中止

タモリ倶楽部、検索ちゃん、ギョーテクという番組を予約録画して週末楽しみに見ている。
テレビ好きだな。
でもそれが録画されず、藍ちゃんだか、遼くんだか知らないが、ゴルフが入っていた。
たしか先週もそうだった。
みんなそんなにゴルフって好きなんだろうか。
具体的に言うと、タモリ倶楽部を毎週見ている人がその週タモリ倶楽部を見ないでいいほどゴルフが好きか?
ぼくは全然そんなことない。
ゴルフを見てて楽しいと思ったことないので、この件で議論してもしょうがない。
好きな人はよかったなー。

でも思った。
日本人ってゴルフが好きなんだろうか?
遼くんと、藍ちゃんが好きなんじゃないだろうか?
つまり、日本人を応援してるだけじゃないんだろうか。

いや、そうでもないらしい。
去年ぐらいに大学時代の友達と麻雀していたら、テレビでゴルフが映っていた。
ずーっとタイガー・ウッズが映っていた。
タイガー・ウッズが1位だったら分かるんだけど、2位だったのだ。
なぜ2位の人がずーっと映ってるんだろうか?
このへんゴルフに詳しくないからわからないのである。
ちなみに、優勝したのは菊池桃子(マックが好きな素人の女の人ではなくて、元アイドルの方)の旦那さんだった。
優勝の瞬間だけ録画で映った。
その後は、結局2位に終わったタイガー・ウッズをずーっと映していたのだ。
なんだこれ。
菊池桃子の旦那さんかわいそう!
せっかくがんばってタイガー・ウッズを破って優勝したのに、優勝の瞬間しかテレビに映らないのである。
これでは、どんなにがんばって実力でタイガー・ウッズを破ってもどうやればテレビにずーっと映るのかわからない。
まあテレビにずーっと映るのが目標でゴルフやってるわけじゃないだろうけど。

もっとわからないのがビーチバレーである。
ぼくは浅尾美和さんという人しか顔を知らない。
ビーチバレーがスポーツニュースに出るとき、浅尾美和さんしか映らないのである。
で、この人が連戦連勝なら別にかまわない。
問題は、そうでもないらしいのである。
3位がものすごく多い。
で、もっとすごいのが、浅尾美和さんの相方(ビーチバレーは2人でチームを組む)がテレビに全然映らないのである。
これだと何をどうがんばればいいのかわからないのである。
まあテレビに映ることが目標でビーチバレーやってるわけじゃないだろうけど。
ビーチバレーには全然詳しくないのでよくわからないが、門外漢には異常な現象である。

要は若くて顔がいい人が見たいだけではないのか。
いや、そうでもないらしい。
モーニング娘。やジャニーズはそんなにガンガンニュースに映らないし、他のテレビ番組を中止させてコンサートを中継することはないのである。
では若くて顔がいい人がスポーツをやっているところが見たいのか。
そうでもないらしい。
モーニング娘。と巨乳軍団サンズエンターテインメントが死闘を繰り広げた芸能人フットサル大会はそこまでテレビに映ってないのである。
(俺けっこういろいろ詳しいな!)

総合すると、若くて、顔のいいスポーツ選手が、世界的に権威のある大会で、上位に食い込んでいるところがものすごく見たいらしい。
顔と実力をほどほどに伴っていないとずーっとテレビには映らないのだ。
スポーツに詳しくないのでまったく理解不能である。
そんなマニアックなフェチの人が、通常放送される番組を中止してもテレビを放送したいぐらい多いのであろうか。

いや、早く地デジが普及して、多チャンネル時代になって欲しい。
そうすればずうっとゴルフをやってるチャンネル、ずうっとビーチバレーをやってるチャンネル、ずうっとタモリが鉄道に乗ってるチャンネルができて、みんなバラバラに好きなテレビを見ればいい。
ただ、そうすると今ほど藍ちゃん、遼ちゃん、浅尾美和さんとフィーバーすることもなくなるかもしれない。
そうなると困る人がいるのだろうか。

ニュースの疑問:景気と米の消費量

今日のニュースでアレと思ったのは「米の消費量が減っているが、これは、不景気によって、外食産業の需要が減ったためだ」という言葉であった。
なぜ外食が減ると需要が減るのだろうか。
不景気になったから、ごはんを食べるのをガマンして、人はお腹を空かせて歩いている、というの、あまり寡聞にして聞かない。
そこまでフランス革命前夜みたいな状況に今の日本が陥っているとは思えない。
つまり、どこかで食べなければいけないわけで、外食であろうが、自宅であろうが、どこかで人間は食べなければいけないわけで、不景気で外食から自宅食に転じた(それは、外食は利益を載せているので費用がかさむから)というのは理解できるものの、ただちにそれが米の消費量の現象に結びつくのかどうか、そこがイマイチ分からなかった。
わからないなりに考えてみると、外食をやめて内食にすると、朝の食べ残しを昼食べたり、昼の食べ残しを夜食べたり、夜の食べ残しを次の日食べたり、ホームフリージングしたりする。
しかるに、外食産業の場合は食べ残しを捨ててしまう。
だから内食が流行ると消費量が減る、ということだろうか?
だったら食べ残しが減ってむしろ結構なことではないだろうか。
家で食べた方が家族仲が良くなるし、夜ふらふら出歩く必要もなくなるので事故も事件も減っていいのではないだろうか。
他にも消費が減って景気が低下すると問題だ、世の中真っ暗だ、政治が悪いなんとかしろみたいな報道があるのだが、本当だろうかと思う。
もし幸せの量が一定であれば、無駄なものをかわずに経済を縮小させた方が人間のあり方としてかしこいしエコだと思うのだがどうか。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

viliv

テキストファイルや画像をオモテで見るビューアーが欲しい、という話だが、vilivというのがいいらしい。
いわゆるUMPCというキーボードレス、タッチパネル、ロースペックのWindowsマシンだが、その中では結構スペックが高いよう。
また韓国製だ。
なんで韓国ってこういう面白いのが多いのかな。
ちょっと前までは台湾だったけど、今は完全に韓国だな。

mbook m1というのが気になったのだが、日本に正式代理店がなくて、日本OSも正式サポートしてなくて、日本に輸入してる業者のひとつがネットでモメたりしているのが問題だった。
今回は上のBLUREという会社がちゃんと日本語版をサポートするので問題はなさそう。
(Eには正確にいうとアクサンテギュがついている。ちなみにアクサン・テギュという表記があるが間違い。accent aiguだから)

今でもmbook m1は、QWERTYキーボードがあってあの大きさは強烈にヒキが強いと思う。
ぼくはiPhoneをやめてSH-04Aにしたほどの(この2つは全然違うんだよね。それはわかっているのだが)キーボード好きなので、今もmbook m1が欲しいが、普通に素人でも日本で買えて、最初から日本語OSが入ってると触指が伸びる。
(ううんでもそれだと日本語キーボードになったらイヤだな~)
そんなことを思っているうちに、一時は完全に買う気だったが、時機を逸してしまった。

vilivはキーボードレスで、そこがちょっと困る。
でも、最初からビューワーと割り切るなら、それもいいかもしれない。
ううん割り切れる値段だろうか。
8万。
ギリだな。

ただしvilivには大きなアドバンテージがあって、まず普通のUSBがついている。
mbook m1にはmini USBしかついていないのがちょっとと思っていた。

たま、バッテリーが長持ちするみたいだ。
6時間だそうだ。
ちょっと微妙か。
でもバッテリーだけで充電できるようで、もう1個持ち歩くと完全に、アイドルのイベントで茨城とか行く場合でも持ちそうだ。
ふだん使いだけなら6時間で余裕そうだ。

mbook m1もそうだが、今回はそれにましてネットでの前評判がよい。

ひとつ気になるのは、起動の時間はどうだろう。
mbook m1もそうだけどどっかショールームで見たいな。

以前ほどカンタンに、俺もグワーッと盛り上がってこなくなった。
老化現象か。

医療保険は損?

まだ読んでない本のレビューである。



医療保険というの、最近(それでも2年ぐらい前?)入り始めた。
しかし最近読んだ貯金の本に、貯金があれば別に保険がなくても大丈夫、と書いてあった。



いや、理屈としてはその考え方が正しいことは知識として知っていたのだが、具体的にぼくらはどれぐらい病気に掛かるもので、どれぐらい貯金があればしのげるのか、ということを計算しているものはない。
で、そのハードルが意外と低いらしい。
具体的に言うと、1入院60日方(ちなみに入ってるのはコレ)の場合18万円貯金があればいいとか。
ええ~~っ、そうなん。
あるわ~(^^;;;

で、医療保険 貯金で検索を掛けてみると、いろんな考え方がある。

○貯金はギャンブルである以上、胴元(パチンコ屋など)に相当する保険会社が得をし、客が損をするのは当たり前

×でもそれはあくまで全体をならした平均について言えることで、それで安心を買うものなのだ。たとえば泥棒に入られるとイヤだからセコムに入るという人が、泥棒に目を付けられなかったらセコムに入ったお金は丸損か?(ううん、この比較は適切でないような気がする)

○保険会社はイザというときなかなか払ってくれないものであり、問題になっている(確かに病気で弱ってる時に民間企業の人とアーダコーダ議論を戦わせる気力ないわ~。でもこれって保険会社の信用の問題だね)

×医療保険不要論を唱える人は公的医療保険を最大に使う(たとえば長患いの時は高額医療制度を使う)ことを考えているが、みんながそれをやったら公的保険は破綻する。で、それはもう破綻しかけている(なるほどー。でも破綻しないように民間人が、それも貧乏人が医療保険に入って支えるできなのか?)

この議論って結婚の是非とかギャンブルの是非とかと一緒で、一生結論が出ない気がする。
お互いに「無学者論に負けず」と思うしかないだろう。
こんな論争を夜更かしして一生懸命ネットで読んでいたら病気になりそうだ。

まあひとつ思うのは、保険をやめて貯金に回すと決めたとしたら、その分をちゃんと貯金に回すか、運動に使うとか健康食品を食べるとか命を延ばす方に使わないとダメだいうことだ。
保険をやめたからムダなお金を使わずに済んだといって、そのお金でギャンブルに行ったり焼肉パーティに行ったりしたら元も子もないだろう。
いや、ギャンブルに行ったり焼肉パーティに行ったりしたらストレスが軽減して病気に罹るリスクが減るという人もいるかな。
さすがにそれは無学者論に負けなすぎだろう。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。