キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間に合わなかった

キムタクのドラマ、刑事コロンボ「ロンドンの傘」のパクリなんだけど、それが判明する3分前(キムタクが切れたネックレスを見咎めてから急に現場を見に行こうと提案するとき)にそれを見抜いていた。
それを判明する寸前に書き込もうと思ったんだけど、パソコンの起動に時間が掛かって間に合わなかった。
くやしい。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

お金ハック

この本は買った。
まだ読んでいない。


小宮一慶って昔のTBSのアナウンサーで麻雀が好きな・・・ってそれは小島一慶ですから残念。
題名の、現金は24日におろせというのは簡単な話で、給料日の25日までカツカツで暮らすから、25日にATMの前で30分並ぶことになる。
24日にお金が余裕で残ってさえいれば、あの列で時間を無駄にせずに済むのである、という。
ごもっとも。

考えたら24日に現金が銀行に1万円もない、なんてことはない。
酒席に行ったり、服を買ったりしなければ、1日1万円も使わないので、24日に出しておいて、あとは26日に出す、というのは、別に貯金をしなくてもぼくでもできそうである。
いやーでも給料日前はキツいよ。
何十年サラリーマンやっててもそう思うよ。
(最近こういう文の書き方を覚えたけどどうですか)

話が逸れるが、ATMの30分の列というの、ぼくはあまり苦にならない。
iPodでマイルスを聴いたり、落語を聞いたり、なんなら英会話の勉強をする。
SH-04Aで長文のメールを書く。なんならブログの下書きをする。
文庫本で「宇宙創生」とか「リスク」とか「魔の山」とかを読む。
システム手帳を開いてToDoを管理する。
やることめちゃくちゃあるのである。
こういうスキマ時間の生かし方というのは昔は(野口ゆきお氏の本に出てくるフォン・ノイマンとかのような)超人的な集中力を持った偉人に限られていた。
デジタル機器やシステム手帳のようなガジェット、なかんづく iPod によって変わった。
iPod というの、本当にすばらしい。
集中力発生装置だ。
「オバマ大統領の演説」を入れたっていいのである。
英語を学びながら、民主主義を考えて熱くなれるのである。
そうしていればATMの順番なんてすぐ来る。

しかしまあ、お金は貯めた方がいい。
実は先日ちょっとショックなことがあった。
東京三菱UFJ銀行に給料が入ってきて、公共料金はそこから引き落としている。
しかし、スルガ銀行VISAデビットを使いたいので、お小遣いはそこに入れている。
あと振り込み用は新生銀行を使う。
ここは大同のMMFというのを30万円買っていると、ステートが上がって月5回まで振込みが無料になるのである。

ところが!
東京三菱UFJ銀行にほとんど現金を残していなかったので、口座維持手数料を315円も取られたのだ。
315円といえば大金だ。
チロルチョコを31個買ってまだおつりが来る。

東京三菱銀行の普通預金に50万円残しておけば、ステートが上がって口座維持手数料が掛からず、ATM手数料も24時間タダになる。
ぼくは旧UFJ銀行だったのだが、ずっと銀行を統一していたのでステートが高かった。
その後経営が統合して、しばらく猶予期間で手数料が掛からなかったのだが、いつの間にか掛かるようになったのである。

しかし普通預金にお金を残しておくというの、大変だ。
残っていたら使ってしまうのである。
お金は隠さないと使ってしまう。
しかも給料日が来たら大急ぎで隠した方がいい。

この場合は1ヶ月もののスーパー定期を買う。
利子目的ではないので、長い満期のを買う必要はないのである。
これだけで普通預金からは見えなくなる。
いや、50万円もないんだけど(そんなこと世界に発信する必要ないんだけど)これからがんばって貯めるぞ。
貧乏なほど手数料を取られるのは由々しき事態である。

スルガ銀行も50万円貯めるとステートが上がる。
こっちは普通預金の他にスーパー普通預金が作れるので、そっちを貯蓄用に出来る。
こういうの、すぐに下ろせないとイザというとき困る。
だから株券とか投資信託は怖いのである。

ということで、給料が出たら天引きで定期預金を買ってお金を隠すと、ステートが上がって手数料が掛からなくなるよという、実に普通の話である。

さて、大きな買い物であるが、こっちはある程度お金を貯めてから後で買うのがいいとされている。
これはどうかと思う。
前もって買ったほうがいいと思うのだ。
貯金と一緒で、本当に必要なものならお金があるうちにとっとと買ったほうがよい。
心が豊かになり、余計なものを買わずに済む。
大きな買い物をしないと、お金が隠されずに置かれている。
こうすると、いつの間にか「洗濯するヒマがないからパンツを買おう」とか「残業し過ぎでもう料理屋が空いてないから焼肉屋に行こう」となってしまって、自分でも気づかないうちにお金が蒸発してしまうことになるのである。
細かい、しょうもないことでお金を使ってしまうと、心に残らない。
お金が減っても心に残らないのが一番マズいパターンである。
であれば給料日に家賃とか払ってガツンと定期預金を買ったら、その勢いで残るものを買った方がいいと思う。
そのあとカツカツになれば自然と節約生活ができる。
目の前にお金があるのに節約する、というのは、要するに苦しい思いをするということだ。
それを多くの人が勧めるのは、要するに体育会系的な儒教的なシゴキ精神である。
お金を貯める、とか、やせる、というのは、自分の欲望をいかにラクにコントロールするかに掛かっている。
世間に流通している、すでにお金持ちになった人が書いたお説教式の本にはそういう視点がないのでダメだと思う。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

既存のHTMLをWYSIWYGで編集したい

先日、英語の長文は(電子テキストの場合は)改行で区切っていけば訳さないでも意味が分かる、という風なことを書いた。
これ以外にも、自分用(私家版)の翻訳をちょっと作りたいとか、Webページをローカルに保存して編集してみたい場合がある。

ブラウザーにはたいてい保存機能がついているので、それを使えばいいのだが、その場合編集がHTMLベースになる。
WYSIWYGでないし、タグが入っているので、イメージが狂う。
本腰を入れてやりたいのであればそれもいたしかたないが、ささっと見た目通り訳したい場合などはもっと手軽な方法があればよい。

ぼくは以下のようにしている。
まず、IEで「Webページ、単独のファイル(*.mht)」形式で保存する。
このファイル、テキストエディターで見てみるとよいが、MIME形式の電子メールになっている。
画像もすべてbase64になっている。

これを、テキストエディターではなくてWordで開く。
なんだったらdoc形式で保存する。

で、好きなように編集する。
これは超ハンディである。

mhtは汎用そうなフォーマットなので、他のWYSIWYGなHTMLエディターやOOoでもできそうだが、今のところ社用でしか使っていないので上のソリューションですませている。
ちょっとMS固めなのが自分でもヤな感じだが、手軽さに対して効果甚大なので紹介させてもらった。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

タントタント

invocant(インボカント)という言葉がある。
ある動作の作用対象という意味だ。
動詞はinvoke(起動する、唱える)。

この言葉はラリー・ウォールのラクダ本に書いてあって覚えた言葉だが、拙著『すぐわかるオブジェクト指向Perl』でも語感が面白いので多用している。

たとえば三角形クラス Triangle に属するオブジェクト $triangle というのがあったとしよう。

 use Trianle;
 my $triangle = new Triangle;

Triangleクラスには、面積を求めるメソッドspaceというのがあって、それを使って面積を求めたとする。

 my $space = $triangle->soace;

これで変数$spaceには面積が入ったわけだが、ここでメソッド呼び出し

 $triangle->space

におけるspaceメソッドの作用対象、つまりインボカントが$triangleというわけだ。

このinvocantという言葉、gooで引けるEXCEED英和辞書にもWebster's Online Dictionaryにも、手元のLONGMANにも載っていない。
Web検索してもPerlの話題が多いようだ。

invokerならある。
呼び出し元という意味だが、コンピューターでしか使わないようだ。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej/invoker/m2u/invoker/
http://www.websters-online-dictionary.org/definition/invoker

ちなみにconsultantという言葉があって当然コンサルタント、顧問、相談相手という意味だ。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej2/15364/m0u/consultant/

これはconsultという動詞の派生語であってもともとの他動詞としての意味は (I consult my supervisor how I can do it.)相談する、(辞書を)引く、という意味だ。
つまり問題を持っている方が主語。
あと接続詞を取る自動詞としての意味は、consult forがコンサルタントとして働く(意味が逆になる)、consult withが相談をするという本来の意味になるのが面白い。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej2/15362/m0u/consult/

ちなみにconsulterという言葉があってこれは相談者という意味だ。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej/consulter/m2u/consulter/

The consulter consult with the consultant consulting for the consultation company.
とかいうのだろうか。

さて、disputeという動詞があって、論争するという意味だ。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej2/20434/m2u/dispute/

これ、disputantという派生語と、
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej2/20430/m2u/disputant/

disputerという派生語があって、
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej/disputer/m0u/disputer/

どちらも論争する人、という意味だが違いはあるのだろうか。

ちなみに
interviewer/interviewee
trainer/trainee
employer/employee
というヤー、イーのパターンもあるな。

他人指向、採点主義、欠点主義の愚

ちょっと前に「下流社会」という本が流行って、ちょっと立ち読みしてアー俺に当てはまるけど別にいいわ、と思って、結局その本は買わなかった。
人間のある集団をカテゴリーに当てはめて、そのカテゴリーにハマっている人はなぜだめか、と批評する本は実によく出ている。
実際にそういうカテゴリーの人間がいる場合もあるし、いない場合もあるだろう。
そういうカテゴリーの人間がいるとして、それが問題な場合もあるし、問題じゃない場合もあるだろう。
ぼくは総じてこういう本を気にしない。
人は人だからである。
その本を著した人は以前「かまやつひろし」に似たファッションの女を「かまやつ女」と呼称して問題視していたそうだが、本当にそんな人、問題になるほど集団でいるんだろうか?
そもそも、偉大なミュージシャンかまやつひろしさんに失礼じゃないだろうか。
とりあえず、「下流社会」という本とその著者の姿勢にはいまいち疑問を持って、立ち読みはしたけど買わなかったのである。

なぜこういう本が出て、売れるのか。
それは「劣等感商法」なのだろう。
お前は太っている、お前は英語ができない、お前は金がない、お前は家族を築いていない、お前はパソコンが苦手だ、だからお前は世の中の優れた人に比べて劣っている、ヤバいぞ、さあこの本を読んでデキる人の仲間入りをしよう、という恐怖感に基づく金儲けである。

人は向上した方がいいに決まっている。
だからこういう本を読んで、ひとときでもテンション上がって勉強する時間を持てばそれはそれでいいことだと思う。
ということでぼく自身、「やせる本」「英語ができる本」「お金がたまる本」「パソコンが得意になる本」はどうかと思うぐらい買いあさって読んでいるし、最後の1つに関しては自分でも書いている。

問題はこれらがすべて「他人指向」「採点主義」であるところである。

先日ノベール賞(この表記が正しいらしい)を受賞した物理学者が英語ができないというのが問題になって「先生、今日は英語を話されましたか」「スピーチの英語はどうなさるんですか」英語は、英語は、と大問題になった。
その先生の重要な点は、世界で一番物理学ができることだと思うのだが、その先生の業績のすばらしさは少しも問題にされず、ある老人がその年になるまで少しも苦にしていなかった英語の問題ばかりつついて、ほじくり返す。
これはちょっと異常だと思う。
野球選手の野茂が渡米した時も「英語は大丈夫ですか」英語は、英語は、と聞いていてどうかと思った。
彼はスピーチをしに行ったわけではない。
野球のボールを投げに行ったのである。
なぜすぐれた人の欠点ばかりが問題になるのだろうか。
そのくせ、タテマエとしては「人間個性が大事である」と言うことがよく言われる。
本当に個性が重要であれば、人の欠点(?)は放っておけばよさそうなものだ。

こう言う風に人間の平均に照らして欠点であることを問題視する人は、自分も劣等感に支配されている。
子供の頃は学校の先生の顔色を伺い、サラリーマンになると上司の顔色を伺う。
親や配偶者や村の有力者、世間の顔色を伺って、人の基準で他人を優越することを目標に生きるのである。

ぼくは他人はどうでもいいと思う。
自分の基準に照らしてこうありたいと思う自分に欠けているものがあれば、夜も寝ないで勉強すればいい。
それが楽しくてたまらない。
でも、別に自分が好きでもないことが苦手なら、そういうことは無理に勉強しないでいい。
自分の得意分野で勝負し、苦手分野は人に任せればいいと思う。
だから社会を築いているのだ。
逆説的だが、自分が自分勝手に価値観を追及するためにこそ、他人と寄り添うことが必要になってくるのだ。

「最近の日本にはこういう人が出てきている、嘆かわしいことだ」と言われても「へー」と思うだけだ。
(最近はそういうテレビさえ見ないので、識者の意見を知らないことが多い)
自分は自分である。

自分が好きなことをやっていると、苦にならないし、努力が報われるスピードも大きいので、最終的に自分のプレステージも上がる。
しかし、最初からそれを気にしていたわけではない。
たとえあまり努力が報われなくても、好きなことをやっているので、「ストレスの解消に飲んだり食ったり」という必要がない。
昼日中から趣味をやっているようなものなので、最小の収入でも生きていける。
人間好き嫌いに忠実に生きるのが一番だよ。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

テレビは1日30分

子供の頃からテレビっ子である。
最近は本当にテレビを見ているので他のことをする時間がなくなってきた。
いまさら思ったが、テレビというのは点いているとつい見てしまうものである。
で、最近のテレビは本当にツマラナイ。

お笑い芸人が出ているので一応面白いことを言うかもしれないと思ってつい見る。
これがつまらない。
これは日本テレビが開発した手法だが、たとえば「さんま・所・たけしのxxx」みたいなタイトルだとすごく面白い番組だと思ってみる。
ところが、さんま・所・たけしが出るのは開始からほんの数分で、それからは延々海外の再現フィルムやお店の紹介、食べ物の紹介、昔のスポーツなどのV(ヴィデオ)が続く。

いや、豪華MC陣も一応出ている。
画面の隅のワイプで。
もっともらしい顔をしてうなづいたり、笑ったり、泣いたりしている。
あんな仕事も大変だと思う。
芸能人ってのもなかなかつらい仕事なんだなあ。

で、30分ぐらいVが流れたあと、おもむろに豪華MC陣の面白トークが2分ぐらいある。
番宣(番組を宣伝するCM)で使われるのはこの部分である。
番宣だけ見ているとものすごく面白そうな番組に見えるのである。

で、そのトーク部分がCMの前後でダブっていたりする。
豪華MC陣が出るのは1時間番組中20分ぐらいだが、ダブりを除くと正味15分ぐらいだったりする。
本を買いに言ったら600ページ中200ページぐらいしか著者が書いてなくて、しかもうちの50ページぐらいは同じ内容の繰り返しだったりしたら腹立ちませんか。

いや、本と違って無料だからいいじゃん、という話だが、少しも無料ではない。
CMを見るという仕事を課せられている。
CMといってもいわゆるCMだけでなく、最近の番組は番組の中にものすごく巧妙にいろんなPRが入っている。
不景気の影響であろう。
これを貧すりゃ鈍すといい、お金がなくなってくると人間道徳心が欠如するのだ。

特にくりぃむしちゅーが出る番組がヒドい。
この人たち大好きなのに残念だ。
「くりぃむナントカ」という番組が深夜のときは超面白かったのだが、ゴールデンに移って最悪になった。
クイズに見せかけた都内のグルメ情報番組になってしまったのだ。
こんなことってあるだろうか。
「シルシルミシル」もひどい。
ずーっとVが流れていて、何の番組かたまにわからなくなる。
「しゃべくりセブン」はダブりがひどい。
CMの前後のダブりだけでなく「このあとは木下優樹菜が暴言!」とかいうのが何回も何回もCM前に出て(ひどい場合は最初のCMの前に出たりする)結局木下優樹菜がゲストで呼ばれるのは来週だったりするのである。
放送は許認可事業で、CMの番組全体に対する量など規制されているというが、こういうヴァラエティ番組のダマしは法律で規制できないものだろうか。
あれ見ていて面白いと思う人はいないと思う。

くりぃむしちゅーはすごく自覚的な芸人で、今自分達が笑いをやる意味とか深く考えている芸人だと思うが、自分達が出る番組のこのダマし具合に心が痛まないのであろうか。
つくづく疑問に思う。

いや、テレビ番組の内容についてここまで真剣に語る必要はないのであるが、自衛上テレビをなるべく見ないようにするしかない。
テレビというのは点いているとつい見てしまうので(人間は動くものを目で追ってしまう。それぐらいの意味しかない)切るしかない。

ではどうやって見るか。
まず、よく言われることだが、HDDレコーダーに録音してから見たほうがよい。
CMがスキップで飛ばせるだけでなく、ヴァラエティ番組のダマしも飛ばせる。
これ、パターンがあって、慣れると驚くほど無駄なく見ることができる。

次に、見る番組を絞る。
ぼくは1日30分にした。
(日)ブラックバラエティ
(月)科学くん
(火)やぐちひとり
(水)あらびき団
(木)モヤモヤさまぁ~ず
(金)タモリ倶楽部
(土)シャンデリアハウス
見事にお笑い番組ばっかりだが、これだけ見ていればOKである。
くりぃむしちゅーをテレビで見ることはなくなった。
残念だ。
ぜひあらびき団かシャンデリアハウスに出て欲しい!

テレビっ子にとって1日30分はツラいが、慣れるとなんとかなる。
1日1500kcalのカロリー制限ダイエットと一緒で、このツラさがだんだん快感になってくる。

あとは落語のCDやラジオを「トークマスター」で録音したもの、ポッドキャストに録音しておいてiPodで聞く。
ウォーキングをしながらや、電車で目をつぶりながら楽しむことが出来るので体をいたわることができるのである。
ダイエットと一緒で、テレビ好きな人ほどテレビを減らすとよい。
人生が向上する。
あと、ニュースは見ないでよい!
あれは見るとかえって世の中がわからなくなる気がする。
この件は別に項を起こす。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

英語ハック

英語が中途半端にできない。
ぼくは留学したわけでもないし帰国子女でもない。
普通に受験勉強しただけだ。
TOEICで言うと700点とか。800点とか。
そういうのは英語できるといわないとカツマさんの本に書いてあった。
TOEICは900点はいかないと英語出来るとは言わないそうだ。
ゴメンナサイ。

しかし業務で英語を使う上に置いて、それほど困らない。
まず話したり書いたりするのは、真剣にやっていれば困らない。
具体的に言うと、箇条書きにしたり、白板に図解したりすると、そのうち通じる。
ぼくは手帳を持っているのでそれをテーブルの真ん中に置いて、書きながら話す。
日本人相手でもこれはやった方がいい。
「手話」みたいなもんで、ぼくはどんな複雑な内容も自分のボキャブラリーだけで伝える自信がある。
多少時間がかかって相手に労力を掛けるだけ。
それがいかんがな。
スミマセン。

聞くのも、マンツーマンだとそれほど困らない。
I beg your pardon? と言いまくって、分かるまで表現をブレークダウンさせる。
Let me confirm, you mean XXXXX, right? というのもいい。
いや、カッコ悪いのだが、実力がないんだからカッコつけてる場合じゃないのである。

困るのが
(1)講演会のようにだーっと言われる時

(2)長い書類を読まされる時
である。
この解決法を考えた。

(1)講演会のようにだーっと言われる時、については、とにかく耳について聞き取れた言葉をどんどんジョッター(手帳の落書きページ)に聞き書きしていく。
終ったあとは英単語が狂った順番で並んだようになる。
これを自席に戻ったらパソコンで浄書し、自分宛にメールで送る。
これで大体分かる。
あとは必要な場合は「Thank you for your impressive speech. Let me confirm, I understand you said XXXXX, right?」とか講演をした人にメールする。

(2)長い書類を読まされる時、については、これは結構いい方法を考えた。電子書類の場合のみ適用する。たとえば

In May the 20th, a Tokyo public servant announced that a high school girl in Hachioji City, Tokyo, Japan caught H1N1 Swine Flu. She is sixteen years old and goes to the highschool in Kawasaki City, Kanagawa province. The public servant informed that the girl went on a trip to New York city with some school mates and a teacher.

とかだったら(著作権をかんがみて自分で作文した。英語としての正確性は笑って許して欲しい)エディタかワープロで開いて、S/V/O/C/M的な区切りで改行、文の区切りでさらにもう1個改行を入れていく。

In May the 20th,
a Tokyo public servant announced
that a high school girl
in Hachioji City, Tokyo, Japan
caught H1N1 Swine Flu.

She is sixteen years old
and goes to the highschool
in Kawasaki City, Kanagawa province.

The public servant informed
that the girl went on a trip
to New York city
with some school mates and a teacher.

これはプログラムとか使って自動的にやるのではなくて、1個1個改行を手で入れながら読んでいくのだ。
こうすると、驚くほど意味が分かる。
(あとは「Babylon」でも使って辞書をまめに引く)
アントニオ猪木もルネ・デカルトも「大きな困難は小さな問題に分割してから1個1個対処しろ」と言っているわけだが、これを英文読解に援用するわけだ。
これはおすすめ!

ただ印刷文書に使えない。
受験勉強にも使えないのである。
あ、ペンでスラッシュを入れるだけでもいいかもしれない。

In May the 20th,/a Tokyo public servant announced/that a high school girl/in Hachioji City, Tokyo, Japan/caught H1N1 Swine Flu./She is sixteen years old/and goes to the highschool/in Kawasaki City, Kanagawa province./The public servant informed/that the girl went on a trip/to New York city/with some school mates and a teacher.

ううん、イマイチ。
まあやらないよりいいかも。
実運用上は色のついたペンでやるといいかもしれない。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

モバイル3題

モバイル関連である。
ぼくはモバイルに何を求めているのだろうか。
要は、なんとなく出先でメールが読め、書けて、ウェブが見られればいいような気がするが、これがなかなかないのである。

docomoのQWERTY端末、SH-04Aに変えて1ヶ月経つ。
相変わらず灰色の印象である。
役には立つが、もどかしい。

先日、驚くようなことがあった。
4月29日に「データベースを更新しています」「復旧処理を完了しました」というメッセージが出て、メールが全部消えてしまったのである。
メールが全部、である。
あまりのことに我が目を疑ったが、同じ日に数名の人がネットで同じことに遭遇したそうである。
うちのある人は、みな「S**証券」というネット証券のメールマガジンを受信した瞬間になったようだ。
これは確証がある。
しかし、忙しいし、携帯を手放すのが面倒なので、どこにも問い合わせていない。
間に連休が挟まったのでモチベーションが下がったこともある。
あと、メールはすべてGmailにバックアップしているので実害はないのである。
同様の症状はネットのあちこちに散見される。

あと、同じ機種で、アップデート(電波で勝手にやってくれる)をした瞬間に一部のSDカードが認識しないということがあって、昨日シャープはアップデートを取り下げたそうだ。
こういうの、高度な機械にはつきものだが、シャープにはがんばってもらいたい。



さて、同じdocomoからHTC社製のandroid端末が出るという。
HTCのandroid端末と言うと「Dream」というスライド式のqwerty端末のものと、「Magic」というタッチパネルのみのものと2つあるのだが、Magicが出るという。
ううん残念、Dreamだったら機種変したのだが。

iPhoneといい、Touch Diamondといい、フルタッチパネル機は人気あるのだろうか。
可動部がないので壊れにくく、メーカーもラクなのかもしれない。
無限にUIを変えられるからソフトの展開も考えられるだろう。
一方で、盲人は使うのがほぼ不可能になると思うが、このへん問題になっていないのだろうか。

ぼくは最近の若い人のようにテンキーでメールが打てない方で、だからqwertyのSH-04Aに飛びついた。
フルタッチパネル機はフリックという入力があるそうで、これが親指シフト的にカルトな人気を呼びそうだ。
具体的に言うと「あ」をタップ&ホールドすると回りに「いうえお」と出るので、そっちに指をずらして1文字入れる。
ちょっとiPhoneでやってみたが、とても無理だった。
「なれるとおいしいくさやのひもの」ではないが、慣れると快適なのだろうか。

しかしandroid機には期待である。
ぼくは本当にi-modeを使わない。
メールならGmail、ウェブならフルブラウザである。
最近はGoogleカレンダーやRemember The Milk、ダイエットマメグラフのようなWeb 2.0サービスを使いこなしてきたのでなおさらである。
携帯でただひとついいなと思っているのがメールプッシュとオフライン読み書きである。
しかし、android機になってGmailがプッシュになって、スケジュール帳がGoogleカレンダーと統合すると「天下無敵」である。
ただ、Googleという私企業にそこまで生活を乗っ取られていいのかという気がする。
Microsoftの時とはもう一段別の恐怖を感じる。
しかし、怖いながらもそういう方向に行くのだろう。

もうひとつ疑問なのが、携帯サイトでしかチケットを取れないアイドルのイベントがあるのだが、そっちはどうするのだろうか。
docomoはBlackBerryや、HTC機ではi-modeを切っているが、android機はどうなるか。
なんでi-modeなんか始めちゃったんだろう。
絵文字といい、日本の企業の島国根性、無定見ぶりの付けである。



韓国のモバイルパソコンでmBookというのが出た。
300g、メモリが512MBである。
日本版がもうすぐ出るのだが、かなりベンチャーなところから出そうで、何の工夫もなくOSを日本語版にしたものが出そうだ。
これ、たったひとつ欠点があって、USBがMiniBという端子なのである。
e-mobileのUSB端末が直接挿せない。
これ、ここだけ変えてくれたらすぐ買うのだが。

あっでも、e-mobileを廃止してdocomoだけにして、BluetoothのDUN結合にすればいいのか。
(DUNは村上ショージのギャグではなくて Dial Up Network)
SH-04Aは廃止して、もっと小さい、もっとケータイケータイしたBluetooth機にし、そっちは音声通話とi-modeに特化する。
i-modeはハードウェアテンキーの方が使いやすいのである。
Eメールは携帯では受信確認だけにし、本腰を入れて読み書きするときはDUN結合してmBookで書く。
ううんどうかな。
そこまでmBookが安定して運用でき、起動も早くてBluetooth通信も面倒がないのだろうか。
無理のような気がするな。

悩む。
docomoはi-mode廃止してフルブラウザ一本化するのがいさぎよいと思うがどうだろう。
まだケータイサイトで稼ぐってのが馬鹿にならないのかな。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

二重まぶたの迷宮

先に書いたが、会社の机に鏡を置いて、普段見ることで自分の容姿に自覚的になるというプログラムをやっている。
かれこれ1か月になる。

さて、ぼくは両目とも一重まぶただったが、ある日を境に二重まぶたになった。
一重まぶたと二重まぶた、どっちが美しいだろうか。
それぞれに良さがあると思う。
田中裕子とか島袋寛子みたいな人はやっぱり一重の方が美しいと思うし、沢田研二とかジュディ・オングみたいな人はやっぱり二重がいいと思う。
上にあげた例よりはるかに下のレベルでだが、ぼくはやっぱり二重の方がよさそうだ。

なぜ年を取ると二重まぶたになるのだろうか。
ざっと調べたところ、皮膚の柔軟性に寄るものだという。
若い頃はまぶたが柔軟でよく伸びるので、伸縮して開閉が出来ていたのが、年を取って柔軟でなくなったので、パキッと折れ目がついて戻らなくなったのだ。
なるほどと思う。

ところが、会社の鏡を見ているのでよく分かるのだが、先週の火曜日の朝急に左目だけひとえになった。
目をしばたいたり、ちょっと定規のようなもので押してみたりいろいろしてみたが、戻らない。

よくよく比較してみると、やはり一重まぶたというのは無理をしている。
無理矢理目を押し広げてる感じがするのである。
二重は構造的に無理なく、ジャバラ状に開閉してる気がする。

気になる。
片目だけってのがイヤだ。
一重の方の目が腫れぼったく、殴られたように見える。
気にし過ぎなのだが、気になるのである。

火曜の朝から急になる、というのも解せない。
月曜の夜に、寝ている間に(?)何があったのか。
思い出せないのである。
当たり前。

ぼくは俗に言う「気にしい」の方なので、気になって、いろいろ調べて、美容整形しようかと思った。
でも、特に容姿で売り出しているわけでもないのに、高いお金を払って、体にメスを入れるのはいかにももったいない。
あと、重度の斜視なので、それへの影響も心配だ。

ただ、ひとつ思い当たることがあって、確かに、先週の月曜の夜は身を持ち崩して飲み歩いて、睡眠が3時間で会社に来た。
睡眠不足で一重に戻った、ということかもしれない。
ただし、ネットで調べると、疲れると二重になる、と言う人が多い。
この辺が良く分からない。

とりあえず火曜日の夜はぐっすり寝た。

すると、水曜の朝は左目が二重に戻っていた。
いや、睡眠時間が関係あるかどうかわからないよ。
でも、とにかく戻っていたのである。
よく見ると確かに刻みが浅い。
出来たての二重のように見える。
昨夜の夜、逆に何があったのか。

それで二重のまま現在に至る。

日米ハーフのアイドル、ストューカス・ロビン・翔子ちゃんのブログに以前、毎日「今日は二重の調子がいい」とか書いていたけど、意味がやっとわかった。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

♪いきいきありがとう~

東急ストアのおさしみのコーナーで、「さかなさかなさかな~」という歌が掛かっていて、面白いなあ、これはゼッタイ来るなと思っていた。
結局この曲「おさかな天国」は紅白まで行った。

そんなトレンドウォッチャーのぼくが以前から気になっているのが「ちよだ寿司」の歌である。
何曲もパターンがあるのだが、どれもテンションが高くてすばらしい。

ちょっとググると、元SKDの西紀佐江子さんという人が歌う「いきいきありがとう」「サンバでおすし」という2曲だそうだ。
http://skd2002.hp.infoseek.co.jp/2007reibu.html#今日はちよだ会
いや、他にもパターンがあると思う・・・。
「ちよだ寿司」(デリバリー式のお寿司)の店頭に長居するわけにもいかないので未確認なのだが。
CDとか出てないのだろうか。

親からもらうもの

小飼弾さんや、山崎元さんが言い出しているものにベーシックインカムというものがある。
日本に生まれてくるだけで、最低の賃金をもう払ってしまえという考え方である。
山崎元さんに言わせると、年金や健保やなんかが要らなくなるから行政がグッと簡素化して思いっきり節税になるけど、そうすると役人のリストラになるし、天下り先もなくなるから、日本政府は手をつけないだろう、とのこと。
たぶん誤解していると思うので本人のテキストに当たって欲しい。
小飼弾さんが言ってるのは、原資には相続税を100%にしてこれを当てるとのこと。
死んだらお金を一切子孫に残せないわけである。
いや、国庫に入り、その子もベーシックインカムをもらえるわけだから間接的にはもらえるわけだが。
これだと貧富の差はなくなるわけで、共産主義になるような気がする。
でも似たようなことをぼくも考えていた。
共産主義というとアレルギーの人が多くて、ぼくも人並みにそうだが、今の日本にしても、健保とか、年金とか、ある程度共産主義である。
完全に自己責任の資本主義だとさすがにマズいので、ある程度共産主義を取り入れて弱者の面倒を見ましょう、基本的人権の部分はみんなで支えましょうというのが政治の役割だ。

で、相続税100%のベーシックインカム制の場合は、生まれてから足腰が立つまでと、老いぼれて足腰が立たなくなってからは共産主義にして、その間の若くてピチピチした部分は個人の才覚で自己責任の自由競争にすればいいのではないかという、それは理屈に合っていると思う。
もちろん体を壊すとか、天災に合って事業に失敗するとかいうのはあるので、それはセーフティネットにする。
要は生まれながらの貧乏人とか、生まれながらの金持ちというのは文明国のあり方としてちょっとおかしいんじゃないか、そこまで成熟した段階に日本の社会は来ているんじゃないかと思うのだ。

さて、この論を同い年の友達にしたら「相続税を100%にすると子が親を尊敬しなくなる。今以上に親殺し、通り魔が増えて、人が人を尊敬しなくなる世の中になる」と言っていた。

まず、この本を読むと、戦前の家父長制、教育勅語の世の中の方がはるかに猟奇的な少年犯罪は多かったそうだ。
(ぼくはまだ読んでいないが、今注文した)


で、親から遺産を相続されないと、子は親を尊敬しないものだろうか。
逆に言うと、子は親に遺産を相続する、その金銭の対価として尊敬するものだろうか。
じゃあウチみたいな貧乏人は尊敬しなくていいか。

違うと思う。
ぼくは親を尊敬し、愛情を持つことでは人語に落ちない。
厳しい家計の中から三度三度食わせてもらって、高等教育を受けさせてもらっただけでも御の字だが、「物より思い出」ではないが海や山に連れて行ってもらったり、面白い話を沢山してもらって、それが今のぼくを(たいしたぼくではないが)支えてくれていると思う。

大体子の親殺しは貧乏人の家に起こるものだろうか。
クリスティや、横溝正史や、エラリー・クイーン、ヴァン・ダイクの世界では金持ちの家に決まって親殺しが起きている。
現実も、極貧に耐えかねて子供が親を殺すというよりは、田舎の、結構立派な家を構えているところでいさかいがおき、あとは体面上殺人が起こったりしていると思う。
ということで、ぼくの友達の説はおかしいと思う。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

ココイチカレーのカロリー表

なんとなくダイエットにいいような気がするが、実際には全然そうではないものにバナナとカレーがある。
ココイチカレーで、なんとなく体にいいような気がして「あさり、トマト、ほうれん草カレー」を頼んで、トッピングにナスを入れて食べたが、なすのカロリーが乗っていなかった。

ココイチのサイトにもパッと見で乗っていなかったのでサイトの報告機能を使って聞いた。
個人情報をいろいろ入れる欄があるがメールしか入れなかったが、見事に翌日に返事が来て、ナスは110kcalで他のトッピングも全部ここに乗っているだそうだ。

http://www.ichibanya.co.jp/menu/quality/energy.html

ううんナスって油であげているから当然カロリー高いのね。
ショート缶のコーヒーを飲んでも60kcalぐらいにしかならない。
あと「あさり、トマト、ほうれん草カレー」はポークカレーをベースにあさり、トマト、ほうれん草を入れているので、ポークカレーよりもカロリーが高くなる。
合わせて966kcalだ。ひえー。
ちなみに元・ヴェルディの武田選手はチーズ入りを食べるらしい。
(「Perfumeの気になる子ちゃん」より)
やっぱり運動してるとやせるのね。

ほうれん草はそれでもトッピングの中ではカロリーが低い方だ。
甘口ポークカレーにほうれん草、きのこを入れて食べるといいかも。
でもそれで751kcalだから、ううんやっぱカロリー高いな・・・。

ちなみにかたゆで卵の白身のカロリーは消化に要するカロリーより低いらしい。
つまり食べれば食べるほどやせる???
プロレスラーはよくかたゆで卵の白身だけ食べて黄身を捨てるそうだ。
あとステーキはウェルダンで食べるんだって。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

スプレーのりとスケジュール表

ここまでのあらすじ。

・スケジュール表はGoogleカレンダーで作成し、Gcal2PDFというフリーウェアで印刷した
・これだと「今週から4週間」のスケジュールを持ち歩けて超便利
・A4ヨコ固定になるので、苦労してバイブルサイズ2枚見開きにした
・システム手帳見開きだと、左ページ始まりになるので、システム手帳のインデックスを開き、さらに1回めくる手間があるのがめんどい

これを解決した。



写真は住友スプレーのり55という製品だが、ペーパーセメント、ペーパーダインという商品名のものでもよい。
スプレータイプがラクチン。

アクリルゴムというゴムの微粒子がジエチルエーテルという有機溶剤に溶けている。
水が一滴も入っていない。
これをシュッと吹いて10秒置くと、吹いた面がポストイットのようになる。
つまり貼ってはがしてまた貼れるシールになる。

これで、スケジュール表の左ページの裏をベタベタにして、システム手帳のインデックスをめくった面に貼り付ける。
インデックスを開くとそこはもうスケジュール。
わーい。\(^o^)/

Todoでもジョッター(ユビキタス・キャッチャー)でも、多くの場合システム手帳は右しか使わない(左だとリングが邪魔)のだが、スケジュールだけは見開き展開にしたかった。
これでラクチン。
(右側は貼る必要なし)

なお、システム手帳は、Todoは今日一日に思いついたこと、やるべきことだけで(2枚)、あとジョッターが1枚、スケジュール表が2枚、人に何か書いて説明するとき用が3枚ぐらいなので、10枚も挟まない。
よってリングが9mmとかでよい。
家に帰ったらパソコンのWebサービスに浄書する。
これで手帳をなくしてもいいのである。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

「麦とホップ」ショック

以前ここでも問題にしたニセモノビール「麦とホップ」だが、また衝撃的な宣伝をやっていた。

静止画に田村正和の声で「『麦とホップ』の良さを伝えるのにCMでは限界があるので、CM費を削減し、変わりに試飲キャンベーンをお送りすることになりました。悪しからず」といい、最後にチョコっと田村正和が出てきて「あれっ、ぼくの出番コレだけ?」という。

まあ、シャレなのだが、深甚な意味を持っている。
以前「花王ショック」というのがあって、石鹸の花王が1年CM費を半分に削減し、変わりに試供品を配るようにしたところ、売り上げが倍増したそうだ。
これを広告業界では「花王ショック」と言うそうだ。
CMというのは確かに費用対効果が計りにくいが、こうやって大胆な実験をしてみるとその無力さが分かる、ということだろう。
もっとも商品によると思うが。
「麦とホップ」なんかは消費行動にCMが大きく関与すると思う。

くだんのCM,田村氏はギャラは通常通りもらったのだろうか。

下の本、Web広告やWeb書店が従来考えられなかった顧客をなぜつかむのかについて意外とねちっこく(いい意味で)書いていて入門書としてオススメ。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

へなちょこ! スケジュール帳ソリューション

スケジュール帳をパソコンとシステム手帳で同期したい。
以前書いた方法は以下の通り。
・Excelでシステム手帳のリフィルを作っていた
・罫線を書くだけでなく中身まで書いてしまうことにした
・それを印刷してシステム手帳に入れる
・出先でスケジュールが増えたらそれは手帳に手書きで書いて
・それを毎日家でExcelに反映する
・週に1回ぐらいExcelからスケジュール帳を出して
・手書きの書き込みがある現在の紙は廃棄して差し換える
・ExcelシートはDropboxに置いてどこのパソコンでも見られるようにする
という方法は考えたが、全然やっていない。
やってられないのである。

システム手帳のリフィルをExcelで作るのは誰でもやることで、まあまあ快適だが、それをスケジューラーとして使うのが大変。
ぼくなんか日付と曜日を入れるだけでも大変なのである。

Googleカレンダーでスケジュールを管理する。
別にこれでなくてもいいのだが、Gmailを使っているとコレがラクチンである。
ああどんどん米国の私企業に私生活を支配されていく。

GoogleカレンダーはAPIを公開していて、アプリケーションからデータを読み出すことができる。
ボツボツ有志の方がフリーウェアを作っているみたい。
手帳のリフィルに印刷しよう、というものもある。
いくつかあるが、今回はこれを使わせていただく。

Gcal2PDF (shidoさん作)
http://cloud-buster.blogspot.com/2008/05/gcal2pdf_03.html

これはいわゆる「超」整理手帳対応で、A4横に4週間が出てくる。
「超」整理手帳はA4横をM字状に2回畳んで1/4にした縦長のサイズの手帳で、A4の紙をそのまま差し込めばOKというところがウケているようだ。
ということで、ぼくも早速「超」整理手帳に乗り換えようとも思ったのだが、やっぱり最近バイブルサイズのシステム手帳の高いのを買ったので一応バイブルサイズに印刷したい。

A4横を4週間タテなので、これを半分にぶった切って2週間+2週間で印刷したい。
PDFを2枚に分けるにはどうすればいいか。
このページを参考にした。

PDFファイルで見開きで表示されるページを左右それぞれをページに分割
http://gasakura.net/wiki/index.php?PDF%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%A7%E8%A6%8B%E9%96%8B%E3%81%8D%E3%81%A7%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%92%E5%B7%A6%E5%8F%B3%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E3%82%92%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AB%E5%88%86%E5%89%B2

以下のようにする。

<インストール>
・Adobe Reader、あるいはPDFを読んで印刷するもの
・PrimoPDF、あるいはPDFを生成するプリントツール
・PDF RotatePage、あるいはPDFを回転できるもの

<実行>
・Adobe ReaderでPDFを開く(これを元PDFと呼ぶ)
・用紙サイズA5タテ、原寸大で印刷、印刷先をPrimoPDFにする
・これで左半分だけのA5タテのPDFが出来る(これを左半分版と呼ぶ)

・PDF RotatePageで元PDFを180°回転して保存(これを全体回転版と呼ぶ)
・Adobe Readerで全体回転版を開く
・用紙サイズA5タテ、原寸大で印刷、印刷先をPrimoPDFにする
・これで右半分だけの上下さかさまのA5タテのPDFが出来る(これを右半分回転版と呼ぶ)
・PDF RotatePageで右半分回転版を180°回転して保存(これを右半分版と呼ぶ)

・バイブルサイズの用紙サイズを設定しておく。
 これはWindowsではコントロールパネル=>プリンタとFAXでプリンタを選んでファイルメニューからサーバーのプロパティを選び、用紙タブで新しい用紙を作成するを選んで作成する。このページなどが参考になる。(http://fukuoka.cool.ne.jp/nasubi/system/printer.htm)
・Gcal2PDFのPDFは、もともとA4用に作られていて、縮小すると罫線の色が少し薄いのでプリンタのユーティリティで調整する
 (ぼくはコントラスト最大、色は最も暗くしてしまった。青が黒く、赤が茶色になったがまずまず)

・裏向け(穴を右)に用紙をプリンタにセットしておく
・Adobe Readerで左半分版を開く
・好みの用紙サイズ(ここではバイブルサイズ)、自動サイズ調整で印刷する

・表向け(穴を左)に用紙をプリンタにセットしておく
・Adobe Readerで右半分版を開く
・好みの用紙サイズ(ここではバイブルサイズ)、自動サイズ調整で印刷する

これで完成。

090507_164802.jpg

PDFをぶった切るのがここまで大変だとは思わなかった。
まあAdobe Illustratorとか使えば全部出来るのだろうけど。

本家「超」整理手帳は12週間ぐらい? をジャバラ状にしてバサバサ見るのだが、ぼくは死ぬほど先の予定がないので、4週間もあれば十分だ。
うんと先の予定を見る場合はGoogle カレンダーで対応すればよい。
携帯からGoogleカレンダーを見るソリューションもいくつかある。

Google Calendar Mobile Gateway
http://www.yamamoworks.net/blogs/yamamo/pages/google-calendar-mobile-gateway.aspx

TAKE 24/7
http://gcal.vard.jp/



さて、Gcal2PDFによる印刷がすばらしいのは、今週から4週間のカレンダーが常に作れるところだ。
カレンダーはいつも、基本的に過去のはいらない。
いや、たまにいるけど、グンと優先度は落ちる。
だったら携帯やPCでGoogleカレンダーを見ればよい。
未来のは結構いる。
ぼくの場合、今日から4週間もあれば十分だ。

いつも4月の後半は4月のカレンダーと5月のカレンダーをペラペラすることになる。
これはなんと、Googleカレンダーでも事情は同じなのである。

それに対してGcal2PDFはすばらしい。
今週から4週間のカレンダーと、今月および来月のカレンダーでは、機動力が全然違う。

惜しむらくは「超」整理手帳のみ対応で、バイブルサイズに最適化していないということだ。
PDFをぶった切ってページに最適化したのでキレイに印刷できてはいるのだが、下が少し開いてしまい、惜しい。
もっと縦長にして、字を大きくしたい。あとケイ線も太くしたいものだ。

Googleカレンダーをバイブルサイズのシステム手帳(英語で言うとOrganizer)に印刷したい人なんていっぱいいるだろうから、探してみようかとも思うが、今日から4週間、という見た目に慣れてしまうと、もう戻れない気もする。



さて、システム手帳にこれをセットアップすると、左始まりになる。
インデックスを使って開くと、常に左ページの裏側が開く。
これは、リフィル側にペーパーセメントを塗ってインデックスに貼り付ければいいような気がする。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

エーゲ海に抱かれて、ろくでなし

auのデザイナーズ携帯のブランド名が「iida」になったそうだ。
http://iida.jp/
(フラッシュ、音声注意)

なぜ飯田!?
ちなみにぼくは元モーニング娘。で安倍とエースの座を争ったノッポの人を思い出す。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E7%94%B0%E5%9C%AD%E7%B9%94

ぼくは春にdocomoにキャリア替えしたばっかりだし、QWERTYキーボードなしの生活には戻れないので検討しないのだが。

そしてDellの新しいノートのブランド名が「adamo」だそうだ。
http://www.adamobydell.jp/
(フラッシュ、音声注意)

なぜアダモ!?
ぼくは普通にベルギーの歌手を思い出す。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A2

「ろくでな~し」とか「雪が降る~あなたは来ない~雪が降る~わたしは来てる~」とか(それは永六輔ヴァージョンか)思い出す。

しかしま、なんだね、アダモはちょっと購入を検討したけど、キツいね・・・。
アルミ1枚削り出しとか、薄型とか、MacBook Airっぽい???
交換不能バッテリーなとこまで似ている。

むかし工人舎(のちのソーテック。今の工人舎とは一応別会社)がiMacのボンダイブルーというのを露骨に真似したパソコンを作って、意匠権の侵害でアップルから訴えられた。
工人舎は「うちみたいなヴェンチャーを訴えるなんて・・・」とか言ってたけど(それって本当にventure(冒険)???)結局折れて銀色に塗り直して売り出した。
銀色に塗った姿は「テレビデオ」みたいだった。
当時工人舎はランドマークタワーの36階にあったんだけど、ランドマークタワーの36階に行ってみると社員が総出でマスクして銀のスプレーを持って一生懸命パソコンを塗り直していたという。
ウソだけど。

しかし、なんで公式サイトがクソ重いフラッシュでいきなりジャーンと音が出るんだろうね。
会社でこっそり見てる人どうするんだろうね。
それは会社でこっそり見てる人が悪いんだけどね。
フラッシュも苦手だ。マウスでぐりぐり動かすの、酔う。
インターネットTVガイドもフラッシュ版になってから見なくなったからな。

とりあえず、本体といい、Webページといい、見た目重視だ。
見た目重視な世の中だ。
先日急逝したクライトンの小説「ディスクロージャー」に出てくる「デモクイーン」を思い出す。


ちなみに「ディスクロージャー」ってモデルがいるゴシップ小説なのね。
いま気づいた。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。