キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反・速読法

最近流行りの自己啓発本には、必ずと言っていいほど速読法のススメが書いてある。
フォトリーディングというそうで、ポール・シーリィという人の本を読むか、10万円ほど支払って3日間のセミナーに出ることが勧められている。
ぼくが好きな本に合わせて載っていることが多いので、やった方がいいのかなあとも思う。
しかし、どうも気が乗らないのである。
理由を以下に書く。

ここで言う速読法は、まず「この本を読んでぼくは○○を身に着けます」という宣言(アフォメーション)を行なう。
アフォメーションはちょいとした一仕事をやり遂げる前にやっておくと必ず役に立つ儀式であるが、これを読書に対しても援用するわけである。
次に、本を読む順番としてまず題名を読み(これは当たり前)、目次をカバーの見返しの要約を読み、文庫本で言えば「解説」であるとか、「訳者あとがき」のような概説部分を読む。本全体のあらましを大づかみするのである。
そしてサーッと目を通す。ページをパラパラとめくり、すごいスピードで読む。
そして興味を引いたこと、本当に読むべき部分をチョイチョイと拾い読みで熟読する。実際の本は本当に役に立つことが4%とか11%とかしかないそうだ。昔よく聞いた「脳は実際には2割しか使ってない」とか「1%しか使ってない」という理論と似ている。(脳に関してはウソらしいが)
ひいひい言いながら大部の本を著している著作者としては、自分の本が4%とかしか役に立ってないと知ると忸怩たる思いもあるし、いやそんなことはないぞと反論したくなることもある。でもそう思う人もいるのであろう。

上の手続きを踏むと、これで読んだことになる。難しい本を一字一句おろそかにすまいと思って読み始めたはいいが途中でほうってしまったり、速読法であれば50冊読める時間に1冊の本をなめているのよりは、およそ役に立つと言う。

全体として、物事を大づかみに捉え、ざっくりと全体を通してやり、特に気になる部分は重点的にやり、完璧にこだわらない、拙速をとうとぶ、ということで、部屋の掃除とか他のことにもよく通用しそうなことを読書にも当てはめている。一面では合理的であり、読書にばかり時間を割いておれない多くの人に取って福音となる方法であろう。流行っているのはうなずけるし、多くの人が勧めるのもよく分かる。みなさんぜひやってください。

しかしぼくはやらないのである。

まず、カバーの見返しの要約や文庫の解説は、ぼくは絶対に内容を読む前に読まない。文庫の古典の名作はよく「オチ」まで雑な文章でバッチリ書かれていることがあるので要注意だ。古典の名作であればオチを知ってて当然と言うことだろうか。まだ知らないからこれから読むんだよ!(>_<)

いや、読まないようにしているのだが、ここは相反するものがあって、つい誘惑に負けて読んじゃうことがあるのだ。以前はこれが本当に問題で、本のカバーを捨てたり、解説の部分を定規で千切って捨てたことさえあった。最近は人間が出来て誘惑に負けずに内容を読むことができるようになった。

目次も読まない。まず内容を、まっさらな気持ちで読み進めて、初読の感動を大事にしたいのだ。前のページだけ読んでいたのでは想像さえ出来なかった展開が、次のページには広がっていて感動する。この醍醐味が読書の大半を占めていると言って過言ではないと思う。

こう書くと、小説のようなエンターテインメントと、技術書のような実用書では自ずと違うのではないか、速読法は後者のような本を「使う」ために存在するのだと反論されそうだ。なるほど、そういうことだろうとぼくも思う。しかし、ぼくは自分の本も最初から最後までワクワクしながら通読してもらうことを目標に書いているつもりだし、他の著者のであっても、ぼくが好きな技術書は、最初から通読することで感動するように書かれていると思う。

というか、ぼくは技術書であろうが実用書であろうが、初読の感動をモティベーションにして読み続ける方なのである。最初に目次を読んで、次に内容をペラペラめくると、感動が薄れる。本全体がなんとなく「読んだ・つもり」になってしまって、もう読まなくていいやと思うのである。いや、読まなくていいのなら読んだことになって、それなら速読法として合目的的だということになるのだが、そうなると速読法って読書ではないような気がする。(書いてて心配になったけどこの文章読んで意味分かりますか ;;;)

あと、本のすばらしさは本当に細かい、一字一字にあるのである。これは本当に実感することだ。

前にも書いたが、小林信彦の「天才伝説 横山やすし」という本は単行本と文庫本で文章が違う。
まず同じ本を単行本と文庫本で読み直すという時点ですごくヒマ人の行為であって、速読法が必要な忙しい人には信じられない行為かもしれないが(いや、そこまで皮肉っぽく書くこともないのだが ;;;)やすしに唐突な好意を示されて当惑する小林氏が、「やすしさんに『味方』と思われたのですよ」と言われる場面があって、単行本版ではこうなっていた。

 「『味方』と言われても・・・」
 ぼくはビールを飲む。

この現在形終止が(章の終わりである)ずいぶん思い入れたっぷりの文だな、クサいな、と単行本を読んだときぼくはちょっと思って、それがずっと引っ掛かっていた。それが文庫版ではこう書き換わった。

 「『味方』と言われても・・・」
 ぼくはビールを飲んだ。

過去形であり、文章としてはやはりこれが普通であろう。しかしこう並べてみると、もともとの単行本はやはり効果を狙って現在形にしたのであろう。しかしながら、著者もそれが「ちょっとやりすぎかな」「クサいかな」とたぶんずっと気になっていて、文庫本になって「普通になっちゃうけどやっぱりこうだよな・・・」と直したのだと思う。

それを、単行本のときは気になっていた読者のぼくがいて、文庫本になってそれが直っていたのである。
これが読書の喜びであるとぼくは思うのである。
しかしこれは速読法で検出できるのだろうか。
少なくともぼくには出来ない。
そう思うから、ぼくは速読法には手を出せないのである。

あと、まあ生まれつきオッチョコチョイのところがあって、本はもともと早読みのナナメ読みなので、もともと速読法が身についているとも言える。

あと、ぼくの場合最初から一字一字普通に読み進めて読んで感動したら、あらためて感動したところ、線を引いたところを中心に拾い読みし直すことがある。今言われている速読法の逆の方法だが、これは結構オススメ。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

メールの整理について

最近こういうことについてうるさい人が多い。
Webを渉猟していてもすごくたくさんの人が自分のやり方を公開している。
いや、すばらしいことだと思うんだけど、それを読んでいてそればっかり時間を取られるのもどうかと思う。
ぼくぐらいヌルい人でもそう思うんだから「仕事が早くすむやり方のWebページ」ばかり読んでいて仕事をする時間がなくなっていた、というパターンも最近多いんだろう。
ホドホドがいいと思う。

さて、そう前置きしておきながら、自分なりの整理方法をここに紹介したい。
具体的にはこのへんを参考にした。

まず、メールをぼくは全部、受信箱に入れっぱなしにしていた。
それがある意味【超】整理法だと思っていたのだ。

整理しないのが超整理法。

で、返信しなければならないのはとりあえず返信キーだけ押しておいて、中身をからっぽで保管しておく。
自分の返事がないメールが「下書き」に溜まっていく。
これが「要返信」フォルダになる。

作業しなければならないメールはフラグを立てる。
GMailだとスターである。

で、作業したらフラグを倒していく。
返信したら下書きからは消えていく。
用済みのメールは削除すればよい。

これでいい、と思っていた。
でも、受信トレイに全部メールを入れておくのは悪いと、あまりにもたくさんの人が言っている。

フォルダーによる分類は、差出人のような明確なクライテリアによる分類でも、話題別のような主観による分類でも、とにかくやめた方がいい。
絶対こうもり問題(どこに入れればいいか)が発生するのだ。
では分類しない方がいいかというと、そうでもない。

上の「要返信は下書き」「要作業はスター」方式で拾いきれないのは、「返信待ち」「期日待ち」のメールである。
返信待ちは説明不要だろう。
期日待ちというのは、ある日が来るまで効力を発しないメールのことである。
要は人の都合でペンディングになっているメールは、やはり別にしておいた方がよい。

あと、受信メールに「保存するべくして取っているもの」と、「捨て忘れ」が混ざっているのはやはり問題である。
1日に一回ぐらいは全部のメールを見て捨てるものは捨てた方がよい。
ということで、以下のようにフォルダー分けしてみることにした。

mail.png

図はGMailである。
GMailにはフォルダーがない、とはよく言われるが、ラベルを使うとフォルダーと同じことになる。
フォルダーと違うのは同じメールに複数張れることだろう(だからこうもり問題にもある程度対応できるのだろう)が、ここでは関係ない。

まず来たメールは全部受信トレイに入る。

必要ないものは削除する。
この人から来たメールは絶対必要ないよというのはこの時点でフィルターを作る。

返事できるのは返事してしまう。
とりあえず短い返事をすぐしてしまうのがコツ。
「OKです」だけでよい。
簡潔で早い方が、丁寧で遅いのより喜ばれるのである。
ちなみにぼくは外人式に全部のメールを後ろに引用する派である。
あれは日本人の、パソコンが得意な人に嫌われるが、あれもっと流行らせた方がいい。
外資系の企業に就職すると全部あれである。
引用するとそれだけ遅くなるし、恣意的に引用していると逆に誤解を招くものである。

すぐに返事できないのは要返信に送る。
別に「空の返事を保存して下書きに入れる」というのと同じだ(そっちの方がノーブルかもしれない)が、一応フォルダ式で行くと決めたのでこうしてみる。

返事ではなくて行動が必要なのは要作業に送る。

ここまではよい。

ぼくは自分のメールも自分に全部Bccしているが(だから送信済みメールは実はいらなくて、たまにガッと消す)それも受信トレイに入る。

返事が来るのを待っているのは返信待ちに入れる。
これが結構快適。
この方法に変える最大の利点かもしれない。

次に、自分の作業が発生するがまだ取りかかれないのは期日待ちに入れる。

完結したことは保存に入れる。
昔のメールが備忘録件住所録になる。
メールは取っておいても邪魔にならないので取っておく。

名前の前に番号を入れて好きな順番にするようにした。

前のやり方とあまり変わらないのだが、受信トレイから要保存に移すという手間が増えた分余計な作業が増えた気がする。
しかし、この一手間を加えることで、絶対必要ないメールを削除するのが徹底するようになった。
とにかく一度は目を通す。
こうしておかないと返信忘れや削除忘れが発生するのである。

こうして、返信待ち、期日待ち、保存以外のフォルダは可能な限り空に保つ。
これらのファイルを空にすることが1日のメインワークになる。
用事が出来たら自分に命令するメールを送れば、GTDにもなるんじゃないか。
そしてこの方式はGMail、携帯、会社のOutlookで統一できる。
なにしろ5フォルダしかいらない。
片手で数えられるのである。

人間はパッと7つまで覚えられるそうだが、受信トレイとゴミ箱があるからもうこれでいっぱいだ。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

顔ハック

もしぼくが深夜放送のDJで、女子中学生から悩みをもらったら、そのうちの1枚はこういうものだろう。「私は太っていて、みにくいので、彼氏が出来ず、不幸です。どうすればいいでしょうか」
この問題は以下のような仮定を含んでいて、いずれもはっきりしない。
(1)私は太っている(十分やせているのに太っていると思いこんでいる人が多い)
(2)私がみにくいのは太っているせいだ(美しく見えないのは太っているせいとは限らない)
(3)私はモテない(にぶいだけかもしれない)
(4)私がモテないのはみにくいせいだ(性格が悪いだけかもしれない)
(5)私はモテないので不幸だ(一人で幸せな人はいくらでもいる)
(6)私は幸せになるべきだ(人間は「幸せ」にならないといけないものだろうか?)
仮定に仮定を積み重ねているので、この人の悩みはほとんど思い込みである、と言ってよさそうである。にもかかわらず、この人の悩みを解決する方法はあるのだ。

1つは最近よく言われる方法で、高級な革の手帳で「私は○月○日までに体重○○kgになります」「私は○月○日までにミス○○になります」「私は○月○日までに年収○○万円のボーイフレンドをゲットします」と書いておく。手帳は持ち歩いてもいいし、どっかに放っておいてもいい。毎日眺めてもいいし、忘れてしまってもいい。さすがに捨ててしまったり、床に置いて足蹴にしたりしない方がよさそうだ。各目標に基づいて細かい計画を立てて遂行する方法も考案されているが、そうしなくてもいい。とにかく手帳に書いて決意しただけでもしめたもので、どこかに手帳をしまっておけば、そのうち夢の方で勝手にかなってしまう。どうせなら10個ぐらい書いた方がよい。

もう1つはもっと具体的な方法で、朝、夜、勉強している間中は始終鏡を見ている。
芸能人は顔がいい。野球だと巨人の選手は顔がいい。両方ともよくテレビに映るからだ。
意外なところでは、美容師さんは美男美女が多い。美のための技術をいっぱい持っているからというのもあるだろうし、ブサイクだと技術をあまり信用されなそうだ。しかしもっと説得力がある理由があって、それは始終鏡を見ているからだそうだ。

鏡をじっと見ていると、クマができていたり、吹き出物が出たりするとすぐ気付く。自然と睡眠や食事に気を遣うようになる。自分が魅力的に見える角度や表情を気にするようになるし、自然な笑顔が身に付きそうだ。

学生だと難しいだろうが、社会人、それもデスクワークの人だったら自分の机に鏡を置いて、常に自分の顔が見えるようにするとよい。こんな悩みを持つぐらいだからその人はそんなに美しくなく、最初は気分が悪くなると思うがすぐ慣れる。だんだん、自分の顔も捨てたもんじゃないと思って驚くほど気分が良くなる。

ぼくも太っていて、みにくい。それを気にしている。でも先週から自分の机に大きな鏡を設置した。もう2週間目になる。これが驚くほど快適である。まず笑顔になり、ポジティブになる。ついついぼうっとしてサボってしまうことがあるのだが、それもなくなった。自分に見張られているのだから息苦しい気持ちにもならない。見回してみると、美しい女子社員の多くが机に鏡を置いて、自分の顔を見ながら仕事をしているので、意外と有名な方法かもしれない。男子もやった方がいいよ。

さて、顔が見にくいと損なのだろうか。損だ。男は顔じゃない、と自分も思っているが、パーティがあると自分でも驚くほど美しい女性の方に吸い寄せられるように向かっている自分に気付く。美しい人は自分に人が寄ってくることに慣れているので、話慣れていて、人あしらいがうまい。いろいろな人に接しているので、話題が豊富で、勉強になる。そうするとますます美しさに磨きがかかるのである。好循環だ。そう思うと、多少容姿に問題がある人も積極的に美しい人に近づいた方がよい。



前にも紹介したと思うが、この本(例によって絶版である)には驚くような実験のことが書いてある。教師100人に子供100人の顔写真を見せ、この子は勉強がよくできるか、この子はできないか、と聞いたところ、驚くほど美しい子供は勉強ができると答え、みにくい子は勉強ができないと答えたそうだ。

ぼくが心理学者をあまり尊敬しないのはこういうところだ。まず、こういう実験をやろうと思う性根がまず下らないと思う。この実験の被験者になった学校の先生も「こんな実験くだらないと思う」と憤然と席を立って欲しかった。しかるに学者は粛々と実験を続け、被験者の教師は粛々と答え、有意な統計が出た。これは厳然たる事実で、そう思えばこの実験をした人は立派な科学者であって、それを下らないと思うぼくは甘ちゃんで間違っていると言えそうである。

美しい子供は教師がちやほやする。正しい答をこたえて「よく出来たわねえ」と言われる時も、みにくい子供に比べて大げさに言われそうである。子供は褒めるとよく育つ。またどんな子供も「この子は教えれば伸びる子だ」とあらかじめ期待されてしつけられるとよく伸びそうである。人間は期待に応えて行動する動物なのだ。

もう一つ穿った事を考えれば、この実験において、貧しい子は洗顔や歯列矯正をまめに施されていないのでみにくく写真に写っているだろう。つまり豊かな子は美しく、成績がよく出来て、逆の子は逆という事実もありそうだ。そんな実験こそ下らないと言えそうだが、世の中は下らないのだから、実験は正しく現実を映している。

暗い話になったが、人間は容姿で決めつけられる。これは厳然たる事実である。そして自分も感情として美しい人間を好み、自分自身そうなりたいと願っている。それはあながち悪いことではないと思う。であれば毎日せいぜい鏡を見て、自分が美しく見えるにはどうしたらいいか、日々意識的/無意識的に考え続けることは、けして損にはならないし、結構楽しいものである。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

LPダメ森?

ニュースを見ていたら、日本のエルピーダメモリという会社が台湾の半導体メモリーを作る会社数社と提携し、台湾国家の支援を受けて「台湾メモリー」という会社を作るとあった。

咄嗟に「LPダメ森」と読んだ。
エルピーダという大会社の名前を浅学にして知らなかったからだが、この文字列の中では「ダメ」という言葉の形態素が観念の中で一番強いからだろう。
間が悪いことに、このイヤな言葉が2つの言葉の切れ目をつなぐ形で絶妙に入っている。
残りのLP、森という言葉もあるのが痛い。
あと、ハイシーオレンジとかコージーパウエルみたいなもので、音引きのあとは切りやすいのである。
後ろの「メモリ」に音引きがないのも分かりにくい。
この言葉は音引きつけた方がいいと思う。
単独でも「目盛り」と読み間違える。

調べてみたが、Wikipediaには社名の由来はなかった。
「エルピーダ 社名 由来」で調べたが、会社のサイトにも「ギリシャ語で「希望」を意味する言葉をもとに、日本の半導体メーカ数社によるダイナミック(Dynamic)な事業統合(Association)により成る会社であることを表現したものです」とあるものの、そのギリシャ語の言葉が分からなかった。
結局同じ検索の下の方に「2ちゃんねる」が当たっていてそのギリシャ語は「Elpis」だと分かった。

「台湾メモリー」というと中原理恵のデビュー曲がたしかそんな感じだった、と思って調べたら、全然違っていて「東京ららばい」だった。
検索エンジンを使っていると時間がどんどん経つ。

拙著「すぐわかるオブジェクト指向Perl」の中では「英語はすべて言語の単語区切りで半角スペースを入れる」「音引きはなるべく付ける」という方針を取った。
 ×スターダストメモリ
 ×スターダスト・メモリー
 ○スターダスト メモリー
ぼくの本の他ではMicrosoftのマニュアルの規則がこうなっているが、これは技術書の慣例を大幅に打ち破るものだ。
編集者の方のご理解によるものだが、前からこうしたいと思っていた。
この方針が一番読みやすいと思う。「ラッパメソッド」とか書いてあっても何かわからないよ。
本当は倉橋由美子方式で英語は全部原語で行くのが筋だとも思うが、それはそれで発音が分からない。
英語は綴りが不規則なのだ。
ぼくは初出は()囲みで原語と翻訳を入れている。
 スターダスト メモリー(stardust memory、星屑の思い出)
これだと完璧だ。
英語が分かり、発音が分かり、意味が分かる。
2回目以降も切れ目が分かりやすい。
みなさんこうしましょう。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。