キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと微妙なSH-04A

さて、ダイエットの途中でブログが長期放置されているというかなり恥ずかしいことになっている当ブログであるが、別にリバって更新できなくなったわけではない。
順調にやせている。
ていうか長期停滞中。
89.5kgぐらいの感じだ。
ダイエットや英会話について報告するブログと、書評や時評を書くブログを一緒にするとあまりよくないという説があるので(まあ常識的に考えて「今日は0.5kg痩せたが、それにしても麻生首相は・・・」とか書くのはちょっとという気がする)フツーのことが書けなくなってきた。
でもダイエットは長期停滞中なので、毎日書くこともなかったのである。
ダイエットは、最近ウジャウジャあるオンラインサーヴィスに匿名で登録してそっちでやり、こっちはまた普通の偉そうなブログに戻そうと思う。いや、ことさらに偉そうにする必要はないんだけど。

さて、携帯電話選びであるが、結局docomo/シャープSH-04Aというのを購入した。
キャリア変更という大技に踏み切ったわけだ。

・どうしてもQWERTYキーボードで出先でメールを書きたかった(テンキーがおじさんにはムリ)
・PHS/e-mobile機との2個持ちも避けたかった
・softbankへのキャリア変更はためらわれる(家で以前友達のvodafonが入らなかったことがある)が、docomoならまあいいかという感じ
・以前 W-ZERO3 Advanced [es] に挫折した経験から Windows Mobile 機にあまりいい印象がない
・auはどうもスマートフォンに消極的な気がする。春まで例の「企業向け」HTC機がどうなるか待つ選択はなかった(HTC機は3.6Mbpsでもはや古い)
・e-mobile の dual diamond は食指が動いたが、タッチパネルなし、GPS なしというのがちょっと。EZ ナビウォークはすごく使う方なので

ということだった。

発売当日は BlackBerry Bold も出ていたが、ちょっと大きいね。電卓を顔に当てているような感じ。でもトラックボールはすごくいい感じがした。
HTC 機もあって迷ったが、BlackBerry Bold 同様 Biz パケホーダイになるところ、iモードが使えないところがネックになって選ばなかった。

SH-04A は22日にヨドバシカメラ マルチメディア アキバ館の前にテントでイベントをやっていて、通話、通信両方一通り試した。
スライド形態だが、これ開いたときに意外とホールド感があってよい。
QWERTY キーボードは大変打ちやすい。
W-ZERO3 購入時も、VAIO U101 購入時もキーボードに慣れるまでずいぶん悩んだものだが、これは結構デキがいい感じがした。
液晶の細密さも、字を大きくしてもぼやけたりしないのでいいと思った。
しかしテントでデモをしていた人が男性も女性も見事に操作をよく知らず、「その場で写真を撮ってブログにアップする」とかいうわけのわからないデモをやらせようとするのに閉口した。
こういうデモをする人の質って10年前から全然変わってないのだなあ。
結局「好きなサイトを見たいんですけど」「ちょっと友達と通話したいんですけど」とズバズバ言って使用感を試すのに結構な時間がかかった。
ということで結局購入。

最初は、メールが打ちやすい、見やすい、YouTube が見られる、というので興奮して、ああよい買い物をしたと思っていたが、だんだんちょっと灰色な感じがした。

まずブラウザのデキがあんまりよくない。
フルブラウザはデフォルト状態では細密すぎ、字を大きくすると画面がはみ出てスクロールさせることになる。
このスクロールの操作感があまりよくない。
また、タブで飛ばせず、Enterキーもない。
たとえばGoogle(トップメニューでいきなりGoogleに行けるのはよい)で検索語を書いて検索ボタンを押そうとしても、Enterもなく、タブもないので、横のボタンまでニュルニュルとスクロールして押すか、画面をタッチする。
この画面をタッチというのがうまくいかない。
慣れだろうか。
フルブラウザはPCモードの他にケータイモードというのがあって、これがひどい。
画面が崩れまくる。
同様の問題は au でもあったが、au の PC サイトビューアーは結構崩し方がうまくて、普段使いは全然ケータイモードでイケた。
この辺、後発機の方がデキが悪いというのが納得がいかない。

もっと納得がいかないのがiモードブラウザで、横ポジションにすると左画面半分になる。
右画面には「AQUOS」というロゴがずーっと出ているのが腹立ちを増す。
この左画面、携帯の縦画面全面も出していなくて、上が半行チョン切れている。
しかも字がでかい。メール画面、フルブラウザはもっと字を小さくできるのに。
ていうか画面いっぱいいっぱいに再レイアウトして欲しかった。
ここはEZWeb の方が絶対うまい。
HDML と Compact HTML の違いだろうか。
しかしもう携帯で Web が見られるようになって何年も立つのに・・・。
結局縦位置で、タッチパネルテンキーで見ろと言うことか。
しかしこれがやっぱりちょっとモッサリ感がある。
ハードの動きというだけではなくて、やっぱハードウェアキーと違ってタッチパネルはガンガン押せないのだ。

あとキーボードが不満である。
ShiftとFnキーは状態を持つキーではなくて同時押し。
これすごくやりにくい。
特にShift-A。指の太さとか器用さの問題じゃないと思うよ。

メーラーは快適。
やはり画面が大きいのとキーボードがQWERTYというのが効く。

でも細かいところでちょこちょこ不満がある。
たとえば今読んでいるメールを消す、という場合、PCだとDELキー一発押しである。
(ゴミ箱に行くだけだから確認がない)
あるいは「x」アイコンを押す。
Gmailでも似たようなものだ。
au携帯の場合は左ソフトキーに続いて数字キー、決定キーだったが、いずれも画面にガイドが出てきたので全然迷わなかった。

SH-04Aの場合、Fn+IでF2を呼び出し、下キーを2回押して削除にして決定ボタンを押し、さらに決定ボタンを押して1件削除を選び、はい、いいえを下キーで切り換えて決定ボタンを押す。
いや、全部タッチパネルでできるのだが4回押すことに変わりはない。
慣れればいいのかもしれないが。
これ、ショートカットでDとかできないのだろうか。
マニュアルを相当努力して見た限りでは見いだせなかった。

もっとも、購入当時はメーラーは使わず、iモードかフルブラウザでGmailを使う気でいた。
しかしブラウザが使いにくいのでこのもくろみは崩れたのである。
iアプリでリモートメールというのもあるが、これもちょっと。
やっぱローカルのメーラーがまだ使いやすいので「モバセク」というサーヴィスを検討している。
使ってみてまた報告しようと思う。

外見はスマートフォン、中身はガラケー(ガラパゴス携帯)というマシンである。
そこが味とも言えるのだが・・・。
結局初号機であまり使用によって磨かれてないマシン、ということかもしれない。

で、そのうち磨かれるのかというと、ちょっと望み薄である。
au 同様 docomo もユーザーがうるさいのでスマートフォン的な製品を出してみてはいるが、実はめんどくさくてそんなもの本気で開発していないんじゃないかと思うのだ。
ここが Softbank や e-mobile、Willcom のようなイケイケメーカーとの温度差がある。
au のガラケーはガラケーなりに洗練されてたんだなあ、と改めて思い知らされた。

だんだん坊主憎けりゃ、という気がするのだが、iコンシェルとかRメッセージ、Fメッセージという docomo からのお知らせがすごくウザい。
(iコンシェルはオプションなので早々に解約しようと思う。)
最初はこのすべてがそれぞれ違う音声を出していた。
ぼくは音声着信だけバイブであとは全部サイレントという圧倒的なサイレント派だが、この音声の切り方がわからなかったので docomo にサポートの電話を掛けたのだがものすごく時間がかかった。

サポセンに SH-04A で最初通話していたのだが、こっちの声が聞き取りにくいという。
確かに筐体が小さく、ぼくは顔が大きいので不安だったのだが、友達に電話するときはそれなりに声を張っていたので気付かなかった。
小さな声で話すと伝わらないようである。

あとメールで下書きをしてブログをアップする、というのもやりたかったのだが、コピー&ペーストがすごくやりにくい。
タッチだと途中で選択が切れてしまうし、スクロールだとすごく遅いのだ。

ということで、android 携帯や巷間噂されるキーボードつきの iPhone? かなんかが発売されたら早々に高い違約金を払って乗り換えることになりそうである。

それでもいつでもどこでも内容のあるメールが書けるのはすばらしいので、それだけでも乗り換えた価値があったとは思うが、相当ガラケーを使い込んでいて「ガラケーに QWERTY キーボードがついたちょっと便利なもの」が欲しいという気持ちで購入を考えている人はちょっと考えた方がいいかもしれないです。

いやあでも、ガラケーは偉いよ。今は au にちょっとすまない気がしている。
スポンサーサイト

1週終えてちょっと休憩

7:19 90.1kg 26.2% 98.0cm
23:43 91.4kg 26.5% 99.0cm

8:00 おにぎり2個
11:00 おにぎり2個
14:00 東京スープストック スープx2 ごまごはん
17:00 おにぎり2個
19:00 レタスx2 セロリ チョコ ソーセージ

精神が高揚していたのは睡眠が足りないからだと思う。
食事を減らすとそれだけ消化しないで済むので眠りが浅くなる。
普段は朝起きたら二度寝していたのだが最近は好調なのでそのまま起きて仕事をしていた。
しかし週末に疲れが来たので多めに食べて夕寝した。
ちょっとテンションが低めに戻ったので調整が成功したと思う。
上を見ると分かるが、ほぼ3時間おきに1日5食食べている。
ここまでやるとおなかが空かない。
明日はまだまだ食事は減らして行こうと思う。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

犯罪は犯人、手口、凶器、動機の全部がわからないと量刑が決められないのでは?

急になんだが、民主党の石井こうき議員を殺した件で犯人が無期懲役になった。
この事件は動機が不明である。
犯人は当初「引っ越し代を無心したが断られたのでやった」と言っていたがのちに「あれはデタラメ」「本当のことを言うと誰に頼まれたかを言わなければならなくなる」と言っているそう。
石井議員は爆弾男の異名を取るすっぱ抜きの名人で、明日は重大な発表をすると夫人のナターシャさん(いぜんNHKでロシア語を教えていた人)に言っていた。
当日は手帳を鞄に入れていたが鞄から手帳が消えている。
裁判では鞄の件に触れられず「動機を特定するのは不可能」としている。

この事件、重大事件だから裁判員制度の対象になると思うが、動機が不明であれば量刑が決められないと思う。
もし犯行時に手帳を取っていれば強盗殺人だし、誰かに頼まれてやったんだったら謀殺で依頼した人も逮捕しないとおかしい。

じっくり油をしぼられて、依頼した人を全部逮捕し、改めて死刑にしなおす、という道はあるのだろうか。
それとも無期懲役で確定だからこれ以上取り調べもされないのだろうか。
まあ控訴、上告がある(ちなみに裁判員がかかわるのは一審だけ)と思うが。
動機が不明のまま死刑にしてしまって、あとで脅迫されてやっていた(あるいは何らかの薬やリモコン装置のようなもので操られていた)ことが判明した場合はどうなるのだろうか。
犯罪は動機まで調べないと解明したことにならないと思う。
もし裁判員になったらその点をついて、下調べをやりなおさないと判決を拒否する、と言いたくなると思うが、言えば言えるのだろうか。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

スケジュール帳ソリューション

ひさびさに普通の内容。
PDAは起動、ブラウズが遅いので個人的に使えない。
と、思ってシステム手帳を復活したが、いまいち使いやすいリフィルがないので印刷した。
使いやすいと思うのがバインダーを開いて右側のみ片面のもの。
1ページで1月のマンスリーと、1ページで1週のウィークリー(バーティカル)。
ここまでが前回までのあらすじ。

さて、手帳はさっと広げて参照できる、すぐにペンで書き込めるという点ではすばらしいが、以下のような欠点があった。
・上の作り方ではいまいちリフィルが小さい
・字が汚いので小さい字で書くとあとで読めない
・紙の欠点としてバックアップ、コピーができない

リフィルのサイズはバイブルを使っている。
以前は限りなく小さいのがいいと思ってミニ5穴を使っていたが、あまりにもリフィルがマイナーなのでミニ6穴に移行。
しかし、ミニ6穴だと1週1ページでも細かい情報が書けないのでバイブルに移行した。
これでも手書きだと小さい。
「見開き」1月とか1週だとちょうどいいのだが、見開きは管理が大変である。
・左側のリフィルはリングが邪魔になって書きにくい
・左側のリフィルの裏面に前月、前週の後半があるのが邪魔
・左ページ始まりなのでパッと開けない
(右ページだとインデックスで開くとすぐその右側が用のある面)

さらに大きく、A5ノートを導入してみたがさすがに大きい。
ミニショルダーやピーコートのポケットに入らないのだ。
やはりバイブルサイズ、見開きというのはいろいろ検討されて到達したものなのだろう。
ふと思ったが、インデックスページに左リフィルがくっつく仕掛け(写真整理用の三角コーナーとか)をつくればパッと開くだろうか。
でもやはりリングがあるので右1面にしたい。
左側はいろいろ落書きするのが楽しいのよ。

さて、こういうソリューションを考えてみた。
新しいスケジュールが入ったらどんどんボールペンで書き込んでいく。
ここまでは従来と一緒。
小さい字で汚く書いても、その場限りのいい加減な略号を書いても、書いた直後は何を書いたか覚えているものだ。
で、これを空き時間にパソコンで入力していく。
オリジナルリフィルをパソコンで作っている、しかもExcelで作っているので、入力はコツさえつかめばそれほど大変ではない。
どれほど簡単かというと、毎日更新分を夜に日記をつける感覚で入力してもいいぐらいである。
ただし、ExcelシートはDropboxに置いておけば出先でも同じファイルを更新できる。
空き時間の作業として好適である。

パソコンに転記が終わったら、手帳に書いている手書き部分にはマーカーでチェックしていく。
これで、翌日手書きで入力した新しいスケジュールと、すでにパソコンで入力されている予定の区別がつく。
で、折を見て(週イチがちょうどいいと思う)パソコンに入力された予定をプリントアウトする。
手書きで汚くなっている前の版は捨てる。

(1) ある週の予定表(枠)をExcelで作成して印刷する
(2) その週の途中に発生した予定、メモはボールペンで書いていく
(3) その日のうちに(その日の最後でもよい)ボールペンで書かれた新しい予定を Excel に転記する。転記済みはマーカーで塗る
(4) 一週の最後に、Excel で予定表を再印刷して、手書きが入った古い予定表と差し換える。古い予定表は捨てる

これで手元には美しく入力された予定表が残る。
パソコンで入力して小さいフォントで印刷すると、驚くほど大量の文字が美しく読める。
転記と印刷の手間は大したことない。
古い予定表を捨てるのがもったいないのだが、1週に1リフィルである。

この方法の最大の美点はExcelファイルと手帳の両方にスケジュールが残るということである。
これでシステム手帳最大の難点、バックアップが効かないというのがなくなる。
仮にシステム手帳をなくしても、Excelファイルを印刷すればよい。
失うのは最大1日分の手書き情報だけ。

このソリューションは結構回る。
(スケジュール表のビジュアルをここで公開しようとしたがさすがにどのページも憚られる (^^;)

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

かれこれブログをこっちに移して4カ月になるが

FC2ブログはまったく問題がない。
これほど問題のないブログもめずらしい。
以前はブログに問題があって毎日悩んでいたことなど夢のようだ。
ブログを始める人はぜひどうぞ。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

おとこものやでラミー



手帳に挿す筆記具だが、やはり4色ボールペンだ。
何に何色、と言う風に決めているわけではない。
あるトピックを小さい字で書いた下に、別の字で書くときに色を変えると、トピックの変わり目が分かる。
ということでいろいろ探していたが、やはり高級ボールペンのラミー2000にたどり着いた。
これ、正価だと10500円なのだが、通販だと7500円前後で買える。
今回はおとこものやというところで買った。
おとこものや、という屋号が面白い。
ネクタイやステッキのような男性用品を売っているのか、アダルト商品を売っているのかと思ったが、フツーの文房具を売っているだけだ。
やはりこういうのこだわって買うのは男ということなのか。

さてラミー2000だが、思ったほど高級感がない。
ノックはざらっとした感じ。
字の書き出しがかすれた感じがする。
これはリフィルを詰め替えるのがいいそうだ。
しかし見た目、持った感じはやっぱり300円で買えるプラスチック製とは比べ物にならない。
4色ボールペンは他にステットラー、あとモンブランのがあるようだが試してみたい。

テーマ : どーでもいいこと - ジャンル : その他

ricochet

時事だが、中学生に拳銃を奪われそうになった警官が、川面に向かって威嚇射撃をした、というニュースがあった。
是非論があるわけだが、いくらなんでも拳銃を奪われそうになったら威嚇射撃ぐらいするだろうと思うが、「安全を配慮して川面に撃った」というのが妥当かどうか。
跳弾(水切り)が起こって対岸にいた人に流れ弾が降り注ぐので危険だと思う。
撃つなら森とか。
空中に向かって打つのも、同じスピードで落ちてくるから危険という話があった。

さて、跳弾のことを英語で ricochet と言う。
リコシェと読むらしい。
クリシェ(決まり文句のこと)と一緒でフランス語由来だと思う。
なぜこんな言葉を覚えているかというと、デイヴィッド・ボウイの曲名にあった。



"turn the holy picture"(聖なる画をひっくり返せ)という部分が「ちゃんとほうれピッチャー」と聴こえる、という空耳がおかしかった。
途中でねっとりするドラムのフィルが入っているが、オマー・ハキムである。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

つけ麺はこうしろ

ラーメンブームから派生して、つけ麺というのが流行っている。
「つけ麺の名店、当地に登場!」とか書いているのを見ると、つい入ってみるのだが、おいしかった試しがない。
これは、ラーメンにおいしいのとそうでないのがある、というのとレベルが違う。
つけ麺という料理に構造的な問題があるのだ。


(この辺の問題は『ラーメン発見伝』というマンガに詳しい)
「つけ麺」はざるそばのように水で締めている。
「麺の味を味わってもらうためにそうしている」のだが、ざるそばのようにザルに上げていなく、平皿に盛っている。
水もあまり切れていない。この時点でマズそうだ。
で、小鉢に入れた付け汁はスープの濃いものである。
これにつけて食べるのだが、付け汁の量が少なく、麺が冷たいので急速にぬるくなる。
これがマズい。

『ラーメン発見伝』では藤本側が付け汁を冷ました冷やしつけ麺にし(そうすると動物性の脂が固まってマズいので取り除き、植物性の白絞油を入れてコクを足している)、芹沢側は付け汁を極限まで熱々にし、麺を極限まで冷え冷えにして落差を楽しむ、という方針で切り抜けていた。

冷やしつけ麺はたまに見るが、分離した冷やし中華という感じで、じゃあ冷やし中華とどこが違うんだろうと思うことがある。
あと芹沢側の「落差を楽しむ」つけ麺は実際にはどうやって作るのかマンガを読んだだけではわからなかったし、実際の店では見たことがない。

実際の店では「あつ盛」というのを見ることがある。
麺を水で締めずに熱いまま皿に載せて供するのだが、分離したラーメンという感じで、じゃあラーメンを食べるのとどこが違うのかと思うことがある。

うまかったことが一度もないつけ麺だが、隆盛である。
『ラーメン発見伝』では回転率を上げて儲けを増やすためにつけ麺に走る店もある、と解説していたがどうか。

さて、つけ麺であるが、こうすればいいと思う。
丼に、味付けのないお湯か出汁に入れた麺を供する。
丼は出来る限り熱々を持続させて欲しいので、鍋焼きうどんの鍋にして欲しい。
で、小鉢にポン酢のような酸味の強い付け汁を入れて供してほしい。
要は鍋料理の締めにうどんを入れるが、あれ博多の水炊きでは中華麺を入れる時もある。
あれをやって欲しいのだ。
熱々さは持続するし、ラーメンとはまた違う味わいもある。
具は白菜、骨付きの鶏肉、ぶつ切りの大根などいいのではないだろうか。
繁盛間違いなし!
あと東京のポン酢は甘いので甘さを取ったヴァージョンも出してくれると助かる。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

蕎麦の味が分かる

通かどうでないかがよく問われる蕎麦だが、ぼくは東京に来て「ああうまいな~」と初めて思ったのは新横浜の駅そば「湘南そば」である。
これは本当にうまい。
ここのを食べて「ここの蕎麦屋はうまい」「ここのは値段だけ」と分かるようになった。
底辺の駅そばを食べてそう思ったというところが面白い。
と、書いてはみたもののもう新横浜駅に湘南そばはない。
昨日行って知った。
残念なことである。
味も値段もメニュー構成も似ているのが横浜駅東口の地下街ポルタの「麺房 八角(やすみ)」である。
ここもうまい。ここは健在である。

テーマ : どーでもいいこと - ジャンル : その他

キャバクラに行く予定をシステム手帳にどう書くか

システム手帳を使ってGTDをしている。
関係書を読んだり、ブログを読んだり、リフィルに凝ったり、ぼうっとリフィルを眺めたり。

「今が一番楽しい時期」である。
この時期を過ぎるともうしない、だから無意味だ、という議論もあろうが、ぼくはこういう時期がひと時でもあるのは楽しいからいいんじゃないか、と思う派である。

さて、人によってだが、キャバクラに行ったり行かなかったりすると思う。
ぼくは1回接待されて行ったが、自分では別に行かなくていいと思っている。
あれは身銭を切っては行かないほうが絶対いいと思う。

あと競輪競馬競艇オートというのも、行く人と行かない人といると思うが、行かない方が絶対いいと思う。
あと一人でフリー雀荘に行くのも、あとパチンコとかもそうだ。
どれもすべて、行くか行かないか迷うぐらいなら、行かない方が絶対いいと思う。
しかしながら、ここが人間の奥深いところで、たとえシステム手帳を使っていてもどれかは行ってしまうんじゃないだろうか。
問題は、こういうのをシステム手帳とかGTDとか、あと7つの習慣フランクリンプランナーとか熊谷式☆夢手帳とか、そういうのにどう組み込むかである。

(1)正直にちゃんと書く

システム手帳やGTDに「19時キャバクラxx。xx子指名」とか、「xx日n千円使った。今月累計nn千円」とか(よく知らないけど)堂々とちゃんと書く。
フランクリンプランナーとか熊谷式☆夢手帳の場合は「キャバクラは今月何回、何K円に抑える」とか「人生の目標にとって、いまキャバクラに行く意味とは何か」とか掘り下げて書く。

無理があると思う。
書いていて恥ずかしいし、あとで読み返すとブルーになる。

(2)書かない

そういう恥ずかしいこと、人生のミッションに関係ないことは書かない。
なかったことにする。
それ以外の、立派でアッパーな、手帳に書きたいことだけを書く。

これはダメだと思う。
イーディスの日記的にあとで矛盾が出て「この時間はどうしたの」「このお金は何に使ったの」ということになる。
自分に整合性のあるウソをつくのに労力を使っていたら、やっぱりブルーになると思う。

(3)手帳を始めたのをしおに、手帳に書けないようなことはしない

これが正解だと思う。
そうできたらいいと思う。
でもなかなかそうはいかない。それが人間ちゅうもんやおまへんか。

みんなどうしてるんだろう。
結構大きなテーマだと思うのだが、数あまた出版されている「手帳で人生が変わる本」のどれにも、この件について乗っていないのである。

もう1歩掘り下げて、犯罪に手を染めている人はどうしているんだろう。
「xx社にn億円ワイロを送る」
「xx氏にはxxホテルで会う」
「xx日にxx組組長を殺る」
「組長はxx病院のxx号室に入院中(要確認)」
とか、こういうの絶対システム手帳を使って管理した方がいいと思うのだが。
ぼくだったら絶対書いててブルーになる。

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。