キーワード

プロフィール

深沢千尋

Author:深沢千尋
みなさんこんにちは、深沢千尋です。(公式ページ
文字コード【超】研究 改訂第2版NEW!」「すぐわかるPerl」「すぐわかる オブジェクト指向 Perl」の著者です。
ここでは、多くは技術的でないこと、ごくまれに技術的なことをなげやりに書いていきます。
メールは suguwakaruPerl@gmail.com まで。(アットマークは ASCII に)
Twitterはじめました。@query1000です。よろしく~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家・自作を語る~文字コード【超】研究 改訂第2版~


7月19日に発売された、文字コード【超】研究の改訂第2版について書く。

Amazonの「内容紹介」には、以下のように書かれている。
「定番のロングセラーの完全リニューアルです。著者が2年の年月をかけて徹底的に手を加え、最新情報にアップデート! さらに、ケータイ絵文字の採用でも話題を呼んだUnicodeについてもバージョン6.0に対応し、大幅に補強を加え、パワーアップしました。プログラマはじめ、ソフトウェア技術者の方々に、ぜひ必備していただきたい一冊です。」これはラトルズの黒田さんの苦笑というか、暖かい皮肉が込められている。

本書の第1版の企画は、自分発信だ。
序文にも書いたが、本書は最初、ぼくが行っていたセミナーのテキストを書き延ばしたものを予定していた。
文字コードについては、ちょっとでもIT業界に首を突っ込む者であれば、かなり深い教養が必要とされる。
これは結構不自然な状況であって、規格が統一せず、技術の進歩や社会のグローバル化に伴って、常に過渡期にあるので、パソコン組み立てや無線LANの設定がおぼつかない人であっても、技術文書のオーサリングや一括変換を行おうとすると、何年もこの問題を研究していた人と同じぐらいの知識が要求される。アンバランスな状況であって、逆に技術書を書く人には狙い目の分野と言える。

そんな本があればいいなと思って、ある出版社に企画書を持ち込んだ。
企画は大変好評であって、必ず通すからもう書き始めてください、と言われた。
しかしこの企画が通らなかった。
編集部では好評だったのだが、営業部で通らなかったそうだ。
営業って権力があるんだなあ~。
まあ、会社によると思う。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

「すぐわかるPerl」をWindowsで勉強するには

さいきんTwitterで Chihiro Fukazawa (@query1000)に声を掛けてくれる読者の方が多い。
うれしいことである。
今のところ全然余裕があるので、どしどし声を掛けてください。
ところで、質問を受けた。
一応答えたのだが、140字では限界があるし、ある程度普遍性のある疑問であると思われるので、ここでも答えておく。

Q:「すぐわかるオブジェクト指向Perl」を買いましたが、Perlの基本的な使い方が分からないので「すぐわかるPerl」も買いました。しかし「すぐわかるPerl」はUNIXベースで、ぼくはWindowsを使っています。まずLinuxを使うところから勉強した方がいいでしょうか。

ということで、非常にありがたいメールである。
2冊も買っていただいてありがとうございます。
どちらも役立つといいなあと思います。

■なぜこのような問題が発生したか

これは出版時期の問題もあるが、「すぐわかるPerl」の頃はPerlを使うような人はまずUNIXユーザー、という偏見がぼくの中にあった。
Windowsのサーバー機能はまだまだで、ちょっと大きいコンピューター会社には必ずUNIXマシンがあった。
そこで、UNIXマシンの存在を前提に「すぐわかるPerl」を書いてもいいだろうと思っていた。

それから、Windowsがサーバーの世界にもノしてきて、Windowsマシンしかない大企業というのも増えてきた。
また、Perlの用途も増えてきて、Windowsしか使えない環境でも結構Perlを使えるようになってきた。

ぼくの2冊目の本「文字コード超研究」でも、3冊目「すぐわかるオブジェクト指向Perl」でも、最初からWindowsベースの学習を前提にしている。
どうしようもなくライトユーザーはWindowsユーザーだから、このままの記述で問題なく学習できるだろう。
一方、UNIXユーザーがWindows向けに書いてある本を読んで勉強することはカンタンだろう、という判断だ。

この判断は正しいらしく、ネット書評でも「すぐわかるPerlはUNIXベースだから最初ちょっとつまづく」という評判は多いが、それ以降の本はそれほどそういう評判はない。
この問題は他の本にも発生していて、Randelの有名な「初めてのPerl」もUNIX版とWindows版がある。

ぼくもそのうち時間が出来たら、「すぐわかる」をWindows用にリニューワルしようと思う。

■ではどうやって解決するか

以下の方法があると思う。
大変な順に書く。

(1)Linuxマシンを用意する

質問をくれた方が考えている方法だが、これが一番硬派というか正統派であろう。
Linuxをインストールして動かすところまで持っていった経験は、必ず他でも役に立つので、是非がんばっていただきたい。
ディストリビューションはUbuntu、Debian、KNOPPIXといったところがオススメ。

ただし、結構大変であるので、Perlの最初の一行を書くまでに3~4日掛かってしまうという事態になりかねない。

(2)Macを用意する

「すぐわかる」を書いた頃はギリClassic環境で、非常に無理をしてMacPerlの使い方なども付録に書いているが、現在動いている Mac OS Xは完全なUNIXであり、サーバーとしてこれを使う本も数多く出版されている。

この用途のためにMacを買うのは結構大変だが、手元にMacがある場合はこれを使ってもよいと思う。

(3)会社や学校のサーバーを使う

実はぼくが最初に意図した読者像はこういう人であった。
会社や学校にUNIXサーバーがあり、それを使えるのであれば、これを使えば手軽に勉強できる。
管理者との付き合い方なんて書いているのはこの用途のためであった。

(4)レンタルサーバーを使う

これも実用的。
なんだかんだ言ってPerlを勉強するのはWeb掲示板のようなCGIプログラムをいじることが多いだろう。
このためにレンタルサーバーを借りれば、「すぐわかる」シリーズ2冊ぐらいの実験であれば楽勝でできる。
この場合、telnetやSSHなど、端末インターフェイスでプログラムを動かす自由のあるサーバーを借りる必要がある。
サーバーによって出来る出来ないがあってややこしい。
ぼくは「さくらのインターネット」を使っている。

(5)Cygwinを使う

CygwinとはWindows用のなんちゃってUNIX環境である。
UNIXの勉強をしたいがマシンを別に用意するまではいかない人や、逆にふだんUNIXをバリバリ使っていてWindowsをUNIX風に使いこなしたい人にオススメ。

これを使えばたいていのことはできる。
ただし、一部の実験は出来ない。
「本来UNIXのサーバーを使えばできたのだが、Cygwinだとできない」ということを見きわめるのも勉強である。
Cygwin で出来ない部分を飛ばして進んでも、Perlの基礎知識は十分身に付く。

実はぼくは「すぐわかる」を書くときは(3)(4)(5)の混成で行った。

(6)Windows用Perlを使う

これが最も望まれるソリューションであり、「すぐわかる」でもActivePerlの使用を推奨している。

「すぐわかる」の方のActivePerlの使い方は大分古いので、「オブジェクト指向」の方の使い方を参考にすればよい。

具体的に言うと、

((1))「すぐわかるオブジェクト指向Perl」の付録を読む
((2))「すぐわかるオブジェクト指向Perl」の第1章を学習する
((3))「すぐわかるPerl」を学習する

という順番で勉強するのがスムーズであろう。

ただし、これだと出来ないことがかなりある。
多くのものは無視すればいいのだが、ファイルの入力リダイレクションができないのが困りモノ。

#! perl
# filePrint.pl -- ファイルを読んで書く

while (<STDIN>) {
  print;
}

というプログラムがあるとき

 C:\> filePrint.pl < aaa.txt

というのが使えないのだ。この場合は

 C:\> perl filePrint.pl < aaa.txt

という風にperl.exeを明示的に書いて行うか、プログラムでSTDINを使わずに

#! perl
# filePrint.pl -- ファイルを読んで書く

while (<>) {
  print;
}

とダイアモンド演算子 <> を使って書いて

 C:\> filePrint.pl aaa.txt

と言う風に入力リダイレクション < を使わずにファイル名を引数で渡せばよい。
(このへんで何を書いているかは「すぐわかる」を読めばわかると思う)



なお、Windows用PerlといえばActive Perlであったが、最近Strawberry Perlというのが出来ている。

実用には歴史の長いActivePerlを使った方がよく、よってActivePerlの使い方を学ぶ価値は十分あるが、Strawberry Perlは学習用にはすぐれていると思われる。

理由は、GNUのCコンパイル環境が入っていて、CPANのモジュールなどを直接導入できるので、最新のモジュールが使えるからである。
ActivePerlはこの点、誰かがモジュールをコンパイルしてPPMという形式にしてネットにあげてくれるのを待つか、コンパイルするためにMicrosoft Visual C++を買わなければならなかったりして結構大変である。

Strawberry Perlの使い方は、ぼくもこのブログで結構苦労してやっているので、過去ログを検索してみてほしい。

以上。ガンバッテ!

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

Google 左 ウザイ

Googleの新機能が評判が悪い。
検索したあとにオプションが左に出てくる。
たとえば「最新」とクリックすると最新のページだけ出てくる。
画像検索の後に色のボックスが出てくる。
「ゴセイジャー」で画像検索したあと、黄色いボタンを押すとイエローだけ出てくるのである。
便利だが、これが評判があるい。
超巨大掲示板では「Google 左 ウザイ」を急上昇注目検索ワードにしようという運動もあるらしい。
まあがんばってくれ。
ぼくは横長の液晶に統一してしまったので、たいして面倒でもないが、Firefox/Chromeの拡張機能「Stylish」というので簡単に無効化できるらしい。
以下Mojilla MLより無断引用。

- - - - - - - -引用開始- - - - - - - - - ->8
Grease Monkeyでも動くとは思いますが・・・。

とりあえずStylishでも動いたよ。



やり方:



まずこれを入れる。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/2108



次に、このスタイルを入れる。



@-moz-document url-prefix(http://www.google) { div#leftnav {

display: none !important;

}

div#center_col {

border-left: none !important;

margin: 0em 1em !important;

}

}

- - - - - - - -引用終了- - - - - - - - - ->8

これはこれで便利。
ローカルにくっつくから、Macbookだけはこうしようかな。
しかし、高機能にすると画面がウザくなるのは必定。
痛し痒しである。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

それでも iPhone で十分だ

iPhoneやめましたという記事が話題なようだ。

※以下の文章で、スマートフォンではない従来の日本独自の進化を遂げた携帯をガラケー、と呼んでいますが、蔑称のつもりはありません。
※ぼくはゾウガメもイグアナも好きだし、ガラケーを生んだその日本の土壌を作った人間の一人という自覚があるので。

まず、ぼくは世間の人がSBMを使っていようとdocomoを使っていようと、ガラケーを使っていようとスマホを使っていようと、どっちでもいい。
Mac か Windows か、はたまた Linux かという議論が昔あったが、ぼくの周りは全部使っている人がほとんどだ。
Wii か PS3 かというのに関しては、本当に意味がわからない。
ゲーム機ぐらい両方買えばいいと思う。
野球かサッカーかというのも議論する人トンといなくなった。
「どっちも別に見なくていい。見たければどっちも見ればいい」というのが答えだ。
どっちかに肩入れする人が増えたところで、どっちかが致命的な打撃を受けるわけでもないのである。
にもかかわらずこの手の議論は盛り上がる。
宗教論争だ。
ぼくのような無縁の衆生にはよく分からないのである。

携帯の場合は多少そうはいかない。
あまり普通の人は2個持ちをしないからである。
そうすると、通信料金割引の問題が出てくるから、キャリア間戦争というのが勃発する。

でも、上の記事はじめ、iPhoneどうよという議論はそれを問題にしているわけではないようだ。
あくまで iPhone vs カラケーという図式であって、SBM vs 他キャリアという問題ではないようだからだ。
(もっとも、世間の人はそれを多少混同していることがあるようだ)
SBM もガラケーを出しているし、iPhone に docomo の sim を挿して使うことは難しくない。

さて、iPhone vs カラケーという図式であれば、人のことなんてホントどうでもいい。
iPhone<=>ガラケー間であっても普通に通話もできるしメールもできる。
ガラケーを使っているハッカーの人も多いし、iPhone を使っているテクノ音痴の人もそれなりにいるのである。
PC 着信規制をしているガラケーの人もいるという話だが知り合いにはいない。
ただ、iPhone vs カラケー論争も、Wii vs PS3 論争も世間のネットが好きな最近の若い人はそれなりに熱く燃えて戦っているようだ。
その気持ちは正直、分からない。
まあがんばってくれ。

もっとも、こういう、人は人でどうでもいい、という話は、ここ数年のロングテール現象からだと思う。
昔はあるものが流行ると本当にそれに宗旨替えしないと生活に困る、ということがあったので、ダサいものが流行ると本当に困った。
実害が、実感としてあったのだ。

上の「誠」の記事も、自分が iPhone にハマらなくてやめた、というだけの記事であって、別に使い続ける人をどうこういう記事ではない。
しかしながら、テクノマガジンの編集長の言であって、そこはやはりわれわれパンピーの意見とは自ずから影響範囲が違う。

まず上の記事だが、あまり質のよくない記事だと思う。
一番よくないのは、以下の2点であろう。

・iPhone 3G と iPhone 3GS の違いを混同している。
 著者の悩みの多くは 3GS にすれば解決する。
 日本のようにキャリアが SBM で Wifi 網がまだまだという環境では、端末の差が露骨に効く。
 まあ、3G を 3GS に買い替えるほど iPhone がハマらなかった
 (それほどガラケーを超絶的に使いこなしていた、ガラケーにドンピシャでハマっていた)
 ということで、非常に特殊な個人の意見である。
 そう書いているところではあるのだが、それが伝わらない。

・最後の方に出てきた、攻撃的な「iPhone 信者」の言はぼくもアホだと思うが、それを iPhone ユーザー、愛好者全員の意見と読めるような情報操作をしている。
 そんな人ごくごくごくごく少数派だ。
 ていうか同じぐらい「反・iPhone 信者」の意見を抽出することだってできるわけだ。

ということで、あまり感心しなかった。

にもかかわらず、なぜぼくがこんなに iPhone 3GS にハマっているのか、改めて自ら問い直すキッカケにはなった。
書き連ねてみよう。

・まずぼくは携帯を使いこなしていなかった。特にテンキーは、連打もポケベル打ちも苦手であった。
・iPhone は QWERTY 横打ちで打っている。これは明らかにオジサン打ちであって、iPhone もハッカーはフリック打ちが主流である。
・au ナビウォークや、NAVITIME はガラケーのキラーコンテンツではあるが、iPhone の「マップ」も負けず劣らず素晴らしい。
 都内で歩きであれば、ぼくは iPhone 側に軍配を上げる。
・通話はほとんどヘッドセットで行っている。
 ヘッドセットのジャックが普通の音楽プレイヤーと同じ、というところがiPhoneはすばらしい。
 携帯用と音楽プレイヤー用と複数のヘッドホンジャックを使うのは、ぼくにとって複雑過ぎる。
・携帯と音楽プレイヤーを2個持ちするのは大変である。
 ぼくはこのどちらかを忘れることが非常に多かった。
 今は音楽を聴いているときは携帯を持っているわけで、忘れることが非常に少なくなった。
・音楽を聴いているときに着信があり、シームレスに通話に移れるのはすばらしい。
・メールアドレスを Gmail に統一でき、それをプッシュ受信できるのはすばらしい。
・スケジュールを Gcal に統一でき、それをプッシュ更新できるのはすばらしい。
・Dropbox、SugarSync でクラウド経由で写真、動画を持ち歩けるのはすばらしい。

結局、ぼくにとっての iPhone のすばらしさは「透明感」--見通しの良さなのである。
シャープのノートワープロや、文豪mini、富士通のOASYSなどのワープロ専用機がしのぎを削っていた時、東芝のダイナブックが登場したときの「さわやかな風が吹いてきたような感じ」に近い。

もし、ぼくがものすごく厳しい会社に勤めて、「誠」の記事を真に受けた社長かなんかが iPhone 禁止令かなんかを出したとしよう。
ぼくは音楽プレイヤーとガラケーを二個持ちし、しょっちゅうどっちかを飲食店に置き忘れて電車で取りに行くことになる。
イヤホンを2個持ちすることになるが、どうせすぐ携帯の方はなくしてしまうので、しょっちゅうコンビニで買うか、あるいは携帯本体を顔に押し付けて通話することになる。
もう、携帯電話を顔に押し付けて話をするのがどんな感じか忘れてしまったが、携帯にのみ入っている情報を閲覧するときはどうするんだろうか。
機種変や水没のたびに住所録を移行しなければならない。
実は au も docomo も Web インターフェイスが整えられていて、その点では昔よりだいぶマシだが、Google 一発の iPhone とは比べ物にならない。
カレンダーも同様だ。
結局電子情報管理はあきらめてしまって、システム手帳を復活させることになるだろう。
システム手帳といえばこのブログでもずいぶん称揚してきたが、あれは面倒くさかった! あれは実はものすごくめんどくさかったのである。
音楽を聴いているときに電話がかかってきたら、まず聞き逃すか、あわててヘッドホンを引っこ抜いて携帯をさぐって出ることになる。
あー、ヤダ、ヤダ。
あの日にはもう戻れない。
戻れないんだよ!

結局 iPhone というのは「携帯が使いこなせなかった人」がたどり着く癒し系デバイスと言えるのではないか。
そんなぼくたちは、もう携帯に戻れない。
あまりいじめないでもらいたい。

あと「誠」の人はノートパソコンを持ち歩いて出先で開くのが平気な人のようだ。
ぼくはあれもダメだ。
起動を待ってられないし、e-Mobile かなんかのハンドシェイクを待ってもいられないのである。
Mac OS X や Windows 7 のスリープ状態でバッテリーが10時間ぐらい持つノートがあって、WiMAX が入っていて、WiMAX のカバー範囲が広がればあるいは、とも思うが、そうなるのはもっと先だ。
そして、混んでいる電車の椅子ででかいノートパソコンを開いている人、ぼくも昔やっていたが、あれはあれで迷惑なのである。
場所を食うし、ぶつかって壊しでもしたが何十万も損をさせる(しかも角が当たってこっちも痛い)。

もっとも、ぼくは自分がそれほど熱心な iPhone 信者とも思えない。
もし android が iPhone なみの音楽プレイヤーとしての性能を持っていたら、とっとと乗り換えてしまうだろう。
現在の iPhone は
・ハードウェアキーボードがないこと
・解像度が低いこと
・容量が小さいこと
・Flash が載っていないこと
・キャリアが SBM であること
・SD カードがさせないこと
・simpified media がバックグラウンドタスクで動かないこと
という大きな不満がある。

その点が解消された、見通しのいい端末が出れば、平気で乗り換えると思う。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

iPhoneがつながらない3つの理由

iPhoneはフツーの携帯よりも電波がつながらない。これは、

(1) キャリアの差なのか、つまり、docomo/au のスマホ(Windows Mobile、android、Black Berry Boldと比べてどうなのか)
(2) iPhone とフツーの携帯(言うところのガラケー)との差なのか、つまり、ソフトバンクの他のテンキー、折りたたみ式の携帯と比べてどうなのか

の2つの勝負のさせ方がある。
詳しく検証はしていないが、両方 iPhone の負けだと思う。

iPhone が負ける理由は、3つあると思う。

(1) SoftBank Mobile の基地局が少ない

普通にカバーエリアが SBM は狭い。
具体的にいうとぼくの実家、熊本県上益城郡では docomo、au がつながるところの多くで iPhone はつながらなかった。
これは後発で、国策企業ではなく、お金がないからしょうがないと思う。
ガンガン iPhone や SMAP の魅力でユーザーを増やし、基地局を立てて行けば改善する問題だと思う。

(2) 800MHz 帯の割り当てがない

カバーエリアであっても、大都会でも建物に入ると明らかに iPhone はつながらなくなってしまう。
具体的にいうとランドマークプラザの陳麻婆豆腐で docomo はつながるが iPhone がつながらない。
携帯の電波は波長が 2GHz のものと 800GHz のものがあり、前者の方が後者より光に近く、直進性にすぐれ、後者はより建物の浸透性に優れている。
docomo/au は 800MHz の電波を持っているが、SBM はない。
これは歴史的経緯、docomo/au は天下りの受け入れがあるが SBM はないから、その他、いろんな説がある。

(3) iPhone 自体、電波のつかみが悪い

iPhone は電波のないところからあるところに移動したときにアンテナが復旧するのがすごく遅い。
具体的に言うと、東急東横線の中で使っていて、菊名から地上を通って東白楽駅にアプローチしてもアンテナはバリ3(表示上はバリ5)のままだが、横浜から地下を通って東白楽駅にアプローチするとアンテナは圏外のままだ。
これも docomo ではそんなことがなかった。
携帯は通信していなくても、いつも基地局を探すために大量の電波を出している。
これを「吹く」と言うそうだが、iPhone は「吹き」が弱い気がする。
そしてそれは、高性能な OS やグラフィック機能、メディアプレイヤーや大容量のディスクをガンガン使用するために、バッテリーを制限する必要があって「吹き」を弱めているのではないだろうか。
(邪推だが)

iPhoneを使うときは、上の事情を理解して「今自分がiPhoneが使えないのはなぜか」というのを考えるとだいぶストレスの掛かり方が違ってくると思う。
その上で、

・自分の行動範囲がサービスエリアに入っているのかどうか
・自分は屋内で通信するタイプか
・自分は高速移動中に通信するタイプか
・自分の通信する範囲に(公的、私的な)Wifi網はあるか
・ガラケー、PHSと2個持ちするか、それともiPhone1個でいいか
・iPhoneをSBM の sim のままで使うか、docomo の sim を挿すか
・そもそも緊急通信が必要なタイプか(急に連絡してくる知り合いが多いか、営業職かなど)

を考えて、納得がいった人が使う端末だと、2010年の日本においては思う。

もっとも、そんなことをいちいちユーザーが気にするのはバカラシイ。
iPhoneがつながりにくいのは、他の携帯に比べて大きなディスアドバンテージだ。

SBM は Wifi や PHS 網との連携を強めて、携帯での絶対的な弱みをカバーしようとしている。
ということは逆に、携帯での絶対的弱みを解決するのはそうそうカンタンではないということだろう。

ぼくはといえば、都会から出ない生活で、それほど急を要する連絡もない。
Wifi網にも潤沢に恵まれているので、iPhone一本で全然困らない。
ただ、それはぼくの一方的事情で、それゆえにiPhoneにしたい人に一方的に勧める気にはならない。

テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。